バックナンバー

  KKS Mail News http://www.kknews.co.jp/wb/

□ 最新号

  KKS Mail News V...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  KKS Mail News ...
KKS Mail News ...
KKS Mail News ...
KKS Mail News ...
KKS特別号【緊急開催】青学...
KKS Mail News ...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
 ■━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━■
     KKS Mail News Vol.692 2013/07/13 今週土曜発行
     新聞本紙情報も掲載 → http://www.kknews.co.jp/
     毎日ニュース更新中 → http://www.kknews.co.jp/wb/
    書籍blogも更新中 → http://www.kknews.co.jp/htdocs/
  携帯でチェック!! http://www.kknews.co.jp/wb/mobileaccess.php
 ■━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━■
 
 先週の、電車の中で空席を挟んで会話している夫婦の間に
 誰も座れずに時は過ぎていった・・・というエピソードを
 色々なところで触れまわった今週だったのですが、
 その中で、こんな御仁がおらっしゃった。

 「あたし構わず間に座っちゃうけどね。だって、座りたいもん。
  間開けて話してる方が悪いでしょ」

 なん・・・だと・・・?(続く)
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 
 ◆今週のcontentsは−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 |・今週のKKSブログ人気記事ベスト5
 |・Pick it up!!  教室学習人気は小学生「英会話・英語教室」中高生「進学塾」
 |・今週のニュース
 |・メルマガ編集日記 「斧の二撃」
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−です◆
 
 ●…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
          今週のKKSブログ人気記事ベスト5
 ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
 
 1:平成25年版「子ども・若者白書」そして「子ども・若者白書」について
  http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/06/post_6563.html

 2:でんきを消す夜。地球を想う夜が、ちょっとステキになりますように!
  http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/06/post_6535.html

 3:高等教育修了者は失業率が低いだけでなく、喫煙者や肥満になりにくい
  http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/07/post_6572.html

 4:図解で考える方法 魚骨図
  http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2006/06/post_364.html

 5:小学5年生から中学3年生を対象に首相官邸の特別見学を実施
  http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/06/post_6552.html

 ▲…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
  Pick it up 教室学習人気は小学生「英会話・英語教室」中高生「進学塾」
 ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
 
 ベネッセ教育総合研究所は、3歳〜18歳(高校3年生)の第1子を持つ
 母親を対象に、保護者(母親)の教育観と子どもの学校外教育活動の実態に
 ついての調査をおこないました。

 スポーツ、芸術、家庭学習、教室学習にかける費用の合計は、月平均
 15,000円。2009年調査と比べると、合計金額が1,700円減少
 しました。男子よりも女子、幼児や小学生よりも中学生や高校生の減少幅が
 大きくなっています。世帯年収による教育費の差は依然として大きく、
 小学生は中学受験するかどうかでも異なっています。
 
 
 詳しくはこちら↓
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/07/post_6577.html
 
 ★…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
            今週のニュース 
 ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
 
 【教材】
 「クルトガ〜ブライトカラー」「スタイルフィット〜アンティークシリーズ」発売
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/07/post_6574.html
 
 どこでもクリップできるボールペン〜ガールズキュートカラーを限定発売
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/07/post_6580.html
 
 
 【教育よもやま話】
 スマホ時代到来(2) 〜兵庫県立大学 准教授 竹内和雄
 http://www.kknews.co.jp/maruti/rensai/2013/0701_6b.html
 
 今や「社長」のポストは人気なし? 産業能率大学「新入社員の会社生活調査」
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/07/post_6575.html
 
 夏休み恒例「ゆうちょアイデア貯金箱コンクール」今年も作品募集!
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/07/post_6576.html

 携帯電話を持っている小学生が半数超え、スマホ利用者も高校で大幅増加
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/07/post_6578.html
 
 こどもたちの夢「思いっきり星を見たい!」を叶えるツアー商品を発売
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/07/post_6579.html
 
 いつも街を守ってくれてありがとう 「おまわりさん作文コンクール」
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/07/post_6581.html
 
 家族でお出かけスポットを紹介『まっぷる 家族でおでかけ夏休み号』
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/07/post_6582.html
 
 『サクサクすすめ、部活生!』ロッテより「クランキー“部活パック”」発売
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/07/post_6584.html
 
 「第20回 全国新聞スクラップコンクール」の作品募集です〜朝日新聞
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/07/post_6585.html
 
 小中学生対象、「清涼飲料自販機アイデアコンテスト」を開催
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/07/post_6590.html
 
 日本は“クリエイティブ“”理想的に成長”―参議院議員 鈴木寛氏
 http://www.kknews.co.jp/maruti/news/2013/0701_1b.html
 
 特別支援教育の教材を整備充実
 http://www.kknews.co.jp/maruti/news/2013/0701_1a.html
 
 
 【行政】
 いじめ防止対策推進法の公布および関係機関への通知〜文部科学省
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/07/post_6589.html
 
 国立大学を改革 地域連携で教員養成
 http://www.kknews.co.jp/maruti/news/2013/0701_6a.html
 
 
 【ICT】
 デジタル教科書を楽しく使いこなすためのウェブサイト「まなデジ」が開設
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/07/post_6583.html
 
 <学びのイノベーション事業>電子黒板の大きさと目の疲れに関連性も
 http://www.kknews.co.jp/maruti/news/2013/0701_1c.html
 
 
 【イベント】
 若手教師を育てる NPOが発足 シンポジウムに250人
 http://www.kknews.co.jp/maruti/news/2013/0701_7a.html
 
 空港で1日体験学習『成田エアポート ワンデイサマースクール2013』
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/07/1_2013.html
 
 安全に楽しいネット利用を目指して 親子向け夏休みセキュリティ教室
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/07/post_6586.html
 
 ディスカバリーチャンネル×JAXAが小学生向け宇宙科学イベント開催
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/07/jaxa_23.html
 
 夏休み恒例イベント!親子で参加OKの科学&自由研究教室を開催
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/07/ok_1.html
 
 全米で大人気!面白くてちょっと気持ちワルイイベント関東初上陸
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/07/post_6587.html
 
 「親子のためのおかね学習フェスタ」が全国5ヶ所で開催されます
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/07/5_7.html
 
 「夢」をおいしく形にしてみよう! 小学生パティシエ選手権
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/07/post_6588.html

 ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
          メルマガ編集日記 〜 斧の二撃
 ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
 
 仮にその名をサタキさんとしておく。
 44歳、女性。年齢欄には43歳と書いちゃう、何かと微妙なお年頃。

 サタキさんは、中肉中背中年体型。
 何かがあると、がははと笑い、くるくるパーマのかかった、
 どこで買えるのか分からないような豹頭プリントのスウェットを着た、
 なんというか、こう、典型的なおばはん。

 ではない。
 
 むしろ、ほっそりとしていて、どちらかというと見目麗し系。
 ひと目を惹く、大人しく見えるタイプの女性と言えるかもしれません。
 昔、街を歩いていて、モデルにスカウトされたこともあったそうです。
 そんな彼女から出た

 「あたし構わず間に座っちゃうけどね」

 という一言は
 「あの状況で座れるわけがない」
 と思い込んでいた僕には、なかなかの衝撃だったのでした。

 が、しかし。

 さらに意外だった事には、その後も続々と

 「いや、座るでしょ」

 という風に答える人が現れた、ということです。中には

 「そんなんその場に居たら、言ってやるのに。
  そこ座りたいんだけど、どくか、詰めるかしてもらえません?って」

 と、夫婦の会話に積極的に割って入る選択肢を示した人も居たくらい。

 言い方とやり方は、5人が5人とも様々だったのですが、
 その行動をとる根拠は、全員が全員同じだった。

 「だって、あたし座りたいんだもん」

 なに、その自分本位な、天上天下唯我独尊みたいな理由。

 こういった答えをくれたのは、全員40代以上で、
 80%以上が女性でした(4人女性、1人男性)。
 しかも、40代以上の女性に限れば、100%この返答。

 なに? どゆこと? 女性が40歳を過ぎると、
 身体の中のおばはん遺伝子が強烈にドライブし始めるの?
 とめられないの? ノンストップなの? 男女平等ってこういう事なの? 

 すこしばかりのめまいを覚えつつ、しかし、とも思い返します。

 リーダーシップと言う事を考える上で、
 この事実、おばちゃんらのあり方と言うのは
 リーダーシップ的には非常に重要な事柄なのではないか。

 先週紹介した、その場に居合わせた空席ハンターたちは、
 その多くが、サラリーマンか大学生と言った出で立ちでした。
 彼らは、夫婦の間に割り込めず、例外なくそこに立ちすくんだ。

 違う言い方をすれば、全員が予想外の事態に固まり、対応できなかった。

 「この会話を壊して間に入るなんて、なんて破廉恥な」

 そう考え、自重をした。
 別に、夫婦に「座るな」と言われたわけではありません。
 自分で勝手に判断し、自分で勝手に辞めたのです。

 つまり、空気を読んだ。
 夫婦に尋ねることもせず、自分の意思を表明することもなく、
 ただただ立っている事を選んだ。

 それに対し、40代オーバーの彼女ら/彼、5人は、

 『座席に座る』
 
 という明確な理想を打ち出し、夫婦のあり方には頓着もしない。

 『だって、あたし座りたいんだもん』

 と理由なのか願望なのか分からないモチベーションでもって、
 方法はともかく、とにかく剛腕を駆使して、理想を実現化する事を選ぶ。
 周りの状況がどうであれ、周りの心情がどうであれ、関係ない。

 あたしは座りたい。そしてその席は空いている。
 座らない理由がどこにある? 夫婦の会話で詰まってる?
 しるか、そんなん。あたしが座ることの前に、夫婦の会話なぞ二の次だ。

 これは今の日本に足りない、
 リーダーシップの大きな要素と言えるのではないか。

 理想先行型のリーダーシップとは、

 (1)「理想の表明」
 (2)「理想の裏付けの説明」
 (3)「適切な現状把握」
 (4)「現状に基づいた目標設定」
 (5)「実行」
 
 の段階を経て、周りの人間を巻き込んでいくと言います。

 おばはんは、これらの中の「説明」「現状把握」「ステップ化」といった、
 ある意味では、周りに理解してもらうためのこざかしい段階をすっ飛ばし、

 (1)「あたし座りたい」
 (5)「座る」

 という、もっともプリミティブなところを抽出して行動を形成している。
 この、大ぶりな斧の渾身のフルスイングの一撃のような、全てを叩き切る

 「座るよ。だって、座りたいんだもん」

 この強さ。

 このおばはんシップとでもいうべきありかたの強さを
 動けなかった日本のひ弱なサラリーマンは、
 動けなかった日本のひ弱な大学生たちは、
 今こそ参考にすべきではないかと思うのです。

 叩き切れ。自分を。そして日本を。

 さて。

 今回、特にサタキさんをクローズアップしたのは、
 彼女たちの膂力の強さをまざまざと見せつけてくれる言葉を述べ、
 僕をより一段と悄然とさせてくれたからです。

 その、彼女たちの強さを象徴するようなエピソードを、
 もうひとつ重ね、今回の稿の締めとしておきたいと思います。
 サタキさん以外の4人も、直接その口から聞けなかっただけで、
 同じ要素を、そのおばはんシップの中に秘めているに違いない。
 そのように、僕は確信しています。

 「あたし構わず間に座っちゃうけどね。だって、座りたいもん。
  間開けて話してる方が悪いでしょ」

 なん・・・だと・・・?

 その言葉を聞いて、恐れおののき、動けなくなっている僕に向かい、
 サタキさんは、さらに容赦ない斧の斬戟を浴びせかけてくるのでした。

 「前で疲れて立っている、可憐なおねえさんを舐めるな、って話ですよ」

 可憐なおねえさん・・・だと・・・?(榊原)
 ______________________________
  編集・発行:
  (株)教育家庭新聞社 http://www.kknews.co.jp/
   KKSブログ News     http://www.kknews.co.jp/wb/
  (for Mobile)       http://www.kknews.co.jp/wb/mobileaccess.php
  メールマガジンへのご意見・お問合せは   kksmail@kknews.co.jp
  配信停止・アドレス変更をご希望の方は、
  https://regssl.combzmail.jp/web/?t=cf27&m=949bでお願いいたします。
  〒111-0053 東京都台東区浅草橋3-1-8 アダックスビル5F
   TEL 03-3864-8241(代)/ FAX 03-3864-8245
 ________________________________