バックナンバー

  WWJ地球環境メールマガジンEpsilon http://www.worldwatch-japan.org/

□ 最新号

  公開シンポジウム[鳥獣害 ―野...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  公開シンポジウム[鳥獣害 ―...
公開シンポジウム「食料は足り...
特別頒布『 地球白書 201...
公開シンポジウム「食と健康―...
公開シンポジウム「 食料は足...
地球白書要約 17−17
地球白書要約 17−16
地球白書要約 17−15
地球白書要約 17−14
地球白書要約 17−13
地球白書要約 17−12
地球白書要約 17−11
地球白書要約 17−10
地球白書要約 17−9
地球白書要約 17−8
地球白書要約 17−7
地球白書要約 17−6
地球白書要約 17−5
地球白書要約 17−4
地球白書要約 17−3
地球白書要約 17−2
地球白書要約 17−1
公開シンポジウム(入場無料)
メルマガ読者に予約限定特別頒...
公開シンポジウム(入場無料)
シンポジウムのお知らせ
メルマガ読者に予約限定特別頒...
公開シンポジウム(入場無料)
メルマガ読者に予約限定特別頒...
レポート:いっそう逼迫するで...
訂正
レポート:いっそう逼迫するで...
シンポジウムのお知らせ
レポート:米国における原子力...
レポート:米国における原子力...
シンポジウムのお知らせ
再送信シンポジウムのお知らせ
シンポジウムのお知らせ
シンポジウムのお知らせ
メルマガ読者に予約限定特別頒...
お知らせ:シンポジウムのお知...
●レポート:広がる農地収奪
レポート:気候変動緩和に向け...
メルマガ読者に限定特別頒布「...
レポート:世界の水力発電は底...
脱原発宣言とランドスケープ(...
レポート:脱原発宣言とランド...
世界的に原発の見直しが進む(...
世界的に原発の見直しが進む(...
5月11日配信のメルマガの訂...

シンポジウムのお知らせ

  発行日:2013年08月23日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
-----------------------------------------------------------
 ★★★ 【WWJ地球環境メールマガジンEpsilon 】
    http://www.worldwatch-japan.org
                            2013/8/23 号外 
目次:
●お知らせ:シンポジウムのお知らせ

-----------------------------------------------------------

★シンポジウム
「福島原発警戒区域内に残された牛と農家」
――家畜と農地の管理研究会の活動を通して――

【日時】2013年9月14日(土)開場12:30 開催13:00〜16:00

【会場】東京大学農学部・弥生講堂 
アクセス:東京メトロ・南北線・東大前・徒歩1分
詳細 http://www.a.u-tokyo.ac.jp/yayoi/map.html

【参加申込先】wwj@boreas.dti.ne.jp 
       FAX:048-861-5573

*申込は9月12日(木)にて締切らせていただきます。
*進行時刻や内容が変更になることもございますので、予めご了承のうえ、お申込み下さい。

東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴い、同発電所から半径20キロ圏内が警戒区域に
設定されてから2年が過ぎました。警戒区域の見直しによる規制の解除も進行しています
が、復興は遅々として進まず、旧警戒区域内には約1,000 頭の牛が、畜舎内で保護され、
あるいは野生化した状態で生存し続けています。
昨年9月に設立された「家畜と農地の管理研究会」は、旧警戒区域内に取り残された
被ばく牛を公益性のある研究に活用するため、浪江町・富岡町・大熊町の3町において、
飼育するための放牧地を整備し、保護されている牛、約270頭を中心に試験・研究を
行っています。今回は、これまでの研究成果を報告し、生き残った牛の今後の維持・
活用について検討する目的でシンポジウムを企画いたしました。

【主催】一般社団法人 東京電力福島第一原子力発電所の事故に関わる家畜と農地の
管理研究会
【共催】東京大学農学生命科学研究科、公益財団法人農学会 
【後援】公益社団法人 日本獣医師会(未定)
【協賛】ワールドウォッチジャパン  

【第一部】 13:00〜13:50
 ■開会挨拶 家畜と農地の管理研究会 代表 伊藤 伸彦
 ■基調講演 福島第一原発被災地域の現状と今後  南相馬市長 桜井勝延氏 
 ■活動報告 現地の状況と研究会の活動  
   岩手大学 農学部共同獣医学科 准教授 岡田 啓司 

【第二部】14:00〜14:45
 福島第一原発被災地域における研究成果と今後の課題
 1)牛の生体内放射能汚染分布  東北大学大学院 農学研究科 教授 磯貝 恵美子
2)牛の生体除染の試み  北里大学 獣医学部 講師 柿崎 竹彦 
3)放牧牛による放射性物質の移動  東北大学大学院 農学研究科 教授 佐藤 衆介

【第三部】15:00〜16:00
 パネル討論“福島第一原発被災地域の現状とこれから”
 <モデレーター> TBS情報制作局担当局次長 桶田 敦
 <パネリスト>    家畜と農地の管理研究会プロジェクト参加農家の皆様
   北里大学 副学長 伊藤 伸彦  岩手大学 岡田 啓司  東北大学大学院 佐藤 衆介
   コーディネーター 大谷 久美子

____________________________________  

今後、ワールドウォッチジャパンからのシンポジウム案内やお知らせが
ご不要な 方はお手数ですが、
 http://www.worldwatch-japan.org/EPSILON/
上記URLから解除してください。
ご質問やご意見などは webmaster@worldwatch-japan.org までお願い致します。 
 転載については上記までご相談下さい。尚、Webサイトはリンクフリーですので、  
WEBやblogをお持ちでしたらリンクして頂ければ幸いです。
 amazonアフェリエイトを利用しています。
 ■WorldWatch-Japan http://www.worldwatch-japan.org/
 ■配信停止・アドレス変更 http://www.worldwatch-japan.org/EPSILON/