バックナンバー

  (株)ソフィア メールマガジン http://www.iso-hiramatsu.jp/

□ 最新号

  40代女性の転職は、やはり厳し...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  40代女性の転職は、やはり厳...
『負けるが勝ち』
松戸宿坂川 河津桜まつり
遺伝子をスイッチオンにすると...
「先を見て歩く」19.3.6
トランプの長城??? 
この仕事にこの時給(給料)は...
フードバンク活動で頑張る浦添...
私はダメもとですが障害枠で試...
部長より、部員全員に突然1冊...
相撲界は村社会なのでしょうか...
『人に好かれようと思わない』
不本意な人事異動があったら 
「すき間時間」の活用がタイム...
去年、有給休暇を取りましたか...
『想像力を働かせる』 
不格好も結構、素敵 
兵庫県多可町の「一日ひと褒め...
会社情報を漏らすと・・・・ 
一隅を照らす人こそ、国の宝だ...
謹賀新年 19.1.1
一ヶ月の残業時間はどれくらい...
介護職の現実 
トランプさんの歴史的意味。 ...
『悲しい時は泣く』
残業が増えると生産性はなぜ低...
初出勤の日の思い出 (^-^...
『連勝より連敗しないことが大...
行動経済学ってご存知ですか?...
「有休の取得は月に2日まで」...
皆様、出勤時間どうしています...
ブレない貴景勝関 (^-^;...
病気で退職したら、3か月の給...
かかりつけ薬局ってご存知です...
「裏を見せ 表を見せて 散る...
有給休暇を消化しての退職。(...
効果的なリーダーシップと報連...
「時間管理はイメージ管理」 
働き方改革のデメリット 
朝のスタート、大切ですね。 ...
仕事を休むときのうまい理由 
「いけにえの子羊」(^-^;...
「検査不祥事」の原因 
「コメント」に返信しなくて申...
人生の「事実」と「真実」は違...
「いけにえの子羊」(^-^;...
ほんのちょっとの勇気」を持て...
視点を変えると人生が変わる。...
「戦争の体験があるから今があ...
「仰げば尊しわが師の恩」でし...
「ヒットラーの暗い影が見える...
「奉仕を通じて平和を」(^O...
「不格好も結構ステキ」( `...
あなたはその人を尊敬できてい...
タイムマネジメントは未来計画...
『いばらない』(>_<) 
『笑われることを怖れない』(...
「巧詐は拙誠に如かず」良い言...
人間にとって、原爆とは何だっ...
『人の言葉を見極める』(-_...
長崎には、静かな感動がありま...
長崎のコルベ師。身代わりの愛...
ウチのワンコ君、トリミングに...
メチャンコかわいい、大分駅の...
『大谷翔平選手の笑顔の力』(...
働き方改革パート1 「ワーク...
『第三者的な目で自分を見る』...
桜の花はないのに、人はいっぱ...
明日は「桜まつり」ですが・・...
『古い水をすてる』(^-^;...
『古い水をすてる』(^-^;
ゲーテと森鴎外に会えたライブ...
今年も桜満開です。(^-^;...
『今の状況に感謝する』(^-...
『すべての人の感じ方が違う』...
桜のつぼみ君がとてもかわいい...
『考え過ぎない』(^-^; 

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


        『ソフィアンの知恵』第14号( 2011.1.27 発行 )


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  【  目  次  】

  1.ビジネス 「江戸しぐさに学ぶ中小企業経営」

  2.健康 「エンザイム」が命の元・・・

  3.まちづくり 田舎力の2番目は「ものづくりりょく」


  …………………………………………………………………………………………

         ◆ 1.ビジネス  ◆ 

        「江戸しぐさに学ぶ中小企業経営」

  …………………………………………………………………………………………


 私は、NSPというコンサルタントの集団に属しています。 
 その代表の柴田光栄さんが冊子を出され、私に送っていただきました。 

 「江戸しぐさに学ぶ中小企業経営」(柴田光栄著 ブレーン社刊)です。

  経営者ばかりでなく、ビジネスに携わっている方に、
 とても役立つ内容ですので、ご紹介いたします。 

 しかし、江戸しぐさと経営が結びつく?  
 ちょっと意外でした。 

 伊藤忠商事と丸紅の祖である、伊藤忠兵衛さんは
「利益はまず従業員の幸福に向ける」
 といつも語っていたそうです。

 実際に株主配当、内部留保、店員配当の「利益三分主義」、
 全従業員を集めた社内ミーティングを毎月実行した「社内会議制度の充実」など、
 今の企業社会にも十分に通用します。 
 というより、今の時代にこそ必要とされるものです。 

 江戸商人がなぜそのように考えたか。 

 これまで士農工商の階級や利益は汚いものいやしいものと見られ、
 軽んじられた立場から

「商人の仕事は天下の品々を交換し合ってお互い助け合うことで、
 なくてはならない仕事である」

 「したがって二重の利を取ったり粗悪品を売るなどの不善を働く商人は
 真の商人といえない。
 士農工商は皆同じ人間だから人の道をはずしてはならない。」

 といさめ合い学びあいました。(第三章) 

 「士農工商は皆同じ人間だから人の道をはずしてはならない。」
 という言葉には緊張感があります。 

 身分社会を乗り越えている。
 商人としての役割自覚が、仕事に対する誇りになっていることを強く感じます。
 凛とした精神ですね。 

 ★柴田光栄さんの所属する「新潟江戸しぐさ研究会」のHPはこちら
 http://www.edosigusa.jp/edo/ 

 詳しくはブログに書きました。
 http://blog.livedoor.jp/iso_hiramatsu/archives/52038357.html


  …………………………………………………………………………………………

        ◆ 2.健康  ◆  

        「エンザイム」が命の元・・・

  …………………………………………………………………………………………


 「健康」についてのおもしろい本を見つけました。

 「病気にならない生き方」(新谷弘実著 サンマーク出版) 

 著者の新谷弘実さんは、アメリカを本拠にしていらっしゃる、
 世界的な外科のお医者さんのようです。

  新谷医師によると、健康のカギは「エンザイム」
 日本語で言えば「酵素」だとのことです。

 科学的にいうと
 「生物の細胞内で作られるタンパク質性の触媒の総称」
 がエンザイム。

 簡単に言うと
 「生物が生きるために行うありとあらゆる行為を可能にしているもの」
 がエンザイムです。 

 例えばアミラーゼというエンザイム(酵素)。
 これは唾液の中にあり、でんぷんを消化する酵素です。

 食物を消化するという働き、それもエンザイム、
 新陳代謝を司るのは代謝エンザイム、

 いろいろなエンザイムが多様に働いて生命力を維持しているといいます。 
「免疫力、生命力、そして細胞を修復・再生させる働きをになっているのは、
 様々なエンザイムです。」p65 

 このあたりもう少し知りたいところです。
 次回また報告させていただきます。 

 牛乳はあまり飲まないほうがよいと少しショッキングな内容も書かれていました。 

 牛乳ほど消化の悪い食物はない・・・。

 牛乳に含まれるタンパク質の80%を占める「カゼイン」は
 胃に入るとすぐに固まってしまい、消化がとても悪いのです。
 
 それに市販の牛乳は脂肪分を均等にするために攪拌され、
 空気が混じるために脂肪分が過酸化脂質になっている。
 過酸化脂質は「酸化がとても進んだ脂」です。

 「酸化」とはわかりやすくいえば「錆びた」という意味ですから、
 「錆びた脂」を毎日飲んでいることになります。 

 さらにそれを100度以上で殺菌します。エンザイムは熱に弱いそうです。
 48度から115度の間で死滅します。 

 「市販の牛乳を母乳の代わりに子牛に飲ませると、
   その子牛は4,5年で死んでしまうそうです。」p70 

 牛乳はあまり飲まないほうがよいのでしょうか??? 


 時間のある方はブログをご覧ください。
 http://blog.livedoor.jp/iso_hiramatsu/archives/52056058.html


  …………………………………………………………………………………………

        ◆ 3.まちづくり ◆

        田舎力の2番目は「ものづくり力」

  …………………………………………………………………………………………


 「田舎力 ヒト・夢・カネが集まる5つの法則」
 (金丸弘美著 NHK出版生活人新書) からの2回目です。

 「ものづくり力」が田舎力を生かす2つめの力です。 

 「農家レストラン」という今注目されている業態があります。

 大分県日田市にある「木の花ガルテン」がそのはしり。 
 創業は1990年、年間16万人が訪れる。
 計8店で、市場出荷、加工品製造販売、キノコ販売なども併せて、売上高が56億円。 
 所属加盟する農家でも年収1000万円クラスが100戸も生まれたといいます。
 
「それを実現したのは、農家が農業生産だけではなく、
 自ら加工から販売、サービスまで一貫して行って、付加価値を高めてきたことである。
 山間地にふさわしい農産物を少量多品目でつくり、バラエティー豊かな食材を使い、
 多彩なレストランメニュー、加工品を生み出した。」p70  

 「木の花ガルテン」は建物はもちろんのこと、販売している加工品のパッケージ、
 また、生産から販売までの仕組みまで含めて全体としてデザインがうまくされています。
 地域特性を生かしたものづくりをし、付加価値をつけ消費者に提供する。
 地域農業が自立する秘訣がそこにあるようです。 
 
 イチゴを例にとって農産物の流通についてもおもしろい指摘をされています。
 興味のある方は、次のブログをご覧ください。
 http://blog.livedoor.jp/iso_hiramatsu/archives/52056069.html
 

  …………………………………………………………………………………………

  最後までお読みくださってありがとうございました。


   メールマガジン『ソフィアンの知恵』

   発行:株式会社ソフィア 

   発行責任者:平松 徹
 
   HP: http://www.iso-hiramatsu.jp/

   ブログ: http://blog.livedoor.jp/iso_hiramatsu/

   お問合せ: to@iso-hiramatsu.jp


   ▼登録/解除されたい方は、下記よりお願いいたします。

  https://regssl.combzmail.jp/web/?t=fk03&m=ryic

  …………………………………………………………………………………………