バックナンバー

  (株)ソフィア メールマガジン http://www.iso-hiramatsu.jp/

□ 最新号

  白血病の話

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  白血病の話
40代女性の転職は、やはり厳...
『負けるが勝ち』
松戸宿坂川 河津桜まつり
遺伝子をスイッチオンにすると...
「先を見て歩く」19.3.6
トランプの長城??? 
この仕事にこの時給(給料)は...
フードバンク活動で頑張る浦添...
私はダメもとですが障害枠で試...
部長より、部員全員に突然1冊...
相撲界は村社会なのでしょうか...
『人に好かれようと思わない』
不本意な人事異動があったら 
「すき間時間」の活用がタイム...
去年、有給休暇を取りましたか...
『想像力を働かせる』 
不格好も結構、素敵 
兵庫県多可町の「一日ひと褒め...
会社情報を漏らすと・・・・ 
一隅を照らす人こそ、国の宝だ...
謹賀新年 19.1.1
一ヶ月の残業時間はどれくらい...
介護職の現実 
トランプさんの歴史的意味。 ...
『悲しい時は泣く』
残業が増えると生産性はなぜ低...
初出勤の日の思い出 (^-^...
『連勝より連敗しないことが大...
行動経済学ってご存知ですか?...
「有休の取得は月に2日まで」...
皆様、出勤時間どうしています...
ブレない貴景勝関 (^-^;...
病気で退職したら、3か月の給...
かかりつけ薬局ってご存知です...
「裏を見せ 表を見せて 散る...
有給休暇を消化しての退職。(...
効果的なリーダーシップと報連...
「時間管理はイメージ管理」 
働き方改革のデメリット 
朝のスタート、大切ですね。 ...
仕事を休むときのうまい理由 
「いけにえの子羊」(^-^;...
「検査不祥事」の原因 
「コメント」に返信しなくて申...
人生の「事実」と「真実」は違...
「いけにえの子羊」(^-^;...
ほんのちょっとの勇気」を持て...
視点を変えると人生が変わる。...
「戦争の体験があるから今があ...
「仰げば尊しわが師の恩」でし...
「ヒットラーの暗い影が見える...
「奉仕を通じて平和を」(^O...
「不格好も結構ステキ」( `...
あなたはその人を尊敬できてい...
タイムマネジメントは未来計画...
『いばらない』(>_<) 
『笑われることを怖れない』(...
「巧詐は拙誠に如かず」良い言...
人間にとって、原爆とは何だっ...
『人の言葉を見極める』(-_...
長崎には、静かな感動がありま...
長崎のコルベ師。身代わりの愛...
ウチのワンコ君、トリミングに...
メチャンコかわいい、大分駅の...
『大谷翔平選手の笑顔の力』(...
働き方改革パート1 「ワーク...
『第三者的な目で自分を見る』...
桜の花はないのに、人はいっぱ...
明日は「桜まつり」ですが・・...
『古い水をすてる』(^-^;...
『古い水をすてる』(^-^;
ゲーテと森鴎外に会えたライブ...
今年も桜満開です。(^-^;...
『今の状況に感謝する』(^-...
『すべての人の感じ方が違う』...
桜のつぼみ君がとてもかわいい...
『考え過ぎない』(^-^; 

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  (株)ソフィア メールマガジン ( 2011. 5.10 発行 )


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  【  目  次  】

  1.震災に伴う労働基準法等に関するQ&A(第3版)

  2.雇用調整助成金の事業所内訓練の教育訓練費の引き下げについて

 3.中小企業向けファンドの活用について

  4.独立行政法人「雇用・能力開発機構」の業務移管先について

  …………………………………………………………………………………………

 ◆ 1.震災に伴う労働基準法等に関するQ&A(第3版) ◆ 

  …………………………………………………………………………………………
 
 厚生労働省の「東日本大震災に伴う労働基準法等に関するQ&A」(第3版)
 が、発表されました。

 賃金や解雇等の労働者の労働条件について使用者が守らなければならない事項
 を定めた労働基準法の一般的な考え方などについてQ&Aを厚労省がまとめた
 ものです。

 今回の第3版では、賃金の支払、年次有給休暇、時間外労働についてのQ&A
 が追加されています。

 ▼PDFファイル
 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000014uzs-img/2r9852000001amdb.pdf

  …………………………………………………………………………………………

 ◆ 2.雇用調整助成金の教育訓練費の変更について ◆ 

  …………………………………………………………………………………………

 雇用調整助成金は、経済上の理由によって事業活動の縮小を余儀なくされた
 事業主が、労働者の休業、教育訓練又は出向を行った場合に、休業手当、賃金
 の一部を助成するものです。

 労働者に教育訓練を行う場合は、事業所内と事業所外の2通りがありますが、
 このうち、事業所内で行う場合の助成額が変更されました。

 判定基礎期間の初日が平成23年4月1日以降のものから、
 
 ・大企業の場合 4000円→2000円、
 ・中小企業の場合 6000円→3000円 となります。

 事業所外訓練の教育訓練費は、これまで通り、大企業4000円、中小企業6000円です。
 
 ▼雇用調整助成金について、詳しくはこちらをご覧ください。
 http://www.mhlw.go.jp/general/seido/josei/kyufukin/a-top.html

  …………………………………………………………………………………………

 ◆ 3.中小企業向けファンドの活用について ◆ 

  …………………………………………………………………………………………
 
 融資は、一定の期日内に元本の返済と利息の支払い義務が発生します。
 また、融資を受ける際には、一般的には事業実績をもとにした返済可能性
 の審査とともに、担保、保証人などが求められます。

 それに対し、ファンドから株式出資を受ける場合には、
 ファンドは取得した株式を将来的に売却することにより資金を回収します。
 そのため、融資のように元本や利息の返済義務、担保などは求められません。

 ただし、成長性が重視され、株主であるファンドは出資額に応じた利益分配
 を得る権限や意思決定の議決権を持つことになります。

 外部の投資家が株主になることにより、その企業は自らの将来性や成長性を
 約束しなければならないという点においては、資金を得るためのハードルは
 高いといえますが、補助金・助成金のように使途が限定されておらず、また
 融資のように担保や事業実績を要求するものではないので、特にベンチャー
 企業のように業歴が浅く担保もないような企業には重要な資金調達手段の1つ
 になります。

 ▼詳しくは、「中小企業基盤整備機構」HPをご覧ください。
 http://j-net21.smrj.go.jp/t/113761/well/fund/index.html

  …………………………………………………………………………………………

 ◆ 4.(独)雇用・能力開発機構の業務移管先について ◆ 

  …………………………………………………………………………………………
 
 10月1日に廃止される(独)雇用・能力開発機構の業務の移管先が
 決定いたしました。

 当初、助成金業務は、(独)高齢・障害・求職者雇用支援機構に移管される
 とされていましたが、国(都道府県労働局)に変更されましたので、
 ご注意ください。

 ▼その他の業務についてはこちらのPDFファイルをご覧ください。
 http://www.ehdo.go.jp/new/n_2011/pdf/0427_01.pdf

 …………………………………………………………………………………………

  最後までお読みくださってありがとうございました。


   (株)ソフィア 助成金メールマガジン

   発行:株式会社ソフィア 

   発行責任者:平松 徹
 
   HP: http://www.iso-hiramatsu.jp/

   ブログ: http://blog.livedoor.jp/iso_hiramatsu/

   お問合せ: to@iso-hiramatsu.jp


   ▼登録/解除されたい方は、下記よりお願いいたします。
    (解除の際は、アドレスをご確認ください)

  https://regssl.combzmail.jp/web/?t=fk03&m=ryic

  …………………………………………………………………………………………