バックナンバー

  (株)ソフィア メールマガジン http://www.iso-hiramatsu.jp/

□ 最新号

  「他人の何千もの欠点に目をつけ...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  「他人の何千もの欠点に目をつ...
苦境は人を大きくする。
「働きかた改革」は少しポイン...
「上司が残っているから」「気...
みなさんがお勤めのところは、...
現実は出来ていないが、夢では...
豊ノ島関とあの松下幸之助翁・...
皆さんは教える側に立った時、...
退職をあと1〜3年前に控えた...
氷点の思い出
新しい職場に就職して2週間が...
残業は生産性が悪いということ...
今のお仕事を選んだのは何故で...
横綱白鳳関の処分が決定しまし...
渋沢翁の笑顔、見習いたいです...
あなたは資格をいくつ持ってい...
優先順位の明確化が、業務の効...
明日、会社のやんごとなき方と...
お詫びいたします。
転職を考えています。
脳は未来のことを予測して楽し...
青春とは年齢ではない。
常盤平、桜通りの桜まつり、す...
桜通りの桜、今満開です。
今は無くなってしまったけど、...
「自分の守り方」をアドバイス...
入った会社を初めて辞めたいと...
仕事には皆さん何分前に現場入...
父の想い出
『人生というストーリーの中で...
『弱い人ほど傲慢になる』
白血病の話
40代女性の転職は、やはり厳...
『負けるが勝ち』
松戸宿坂川 河津桜まつり
遺伝子をスイッチオンにすると...
「先を見て歩く」19.3.6
トランプの長城??? 
この仕事にこの時給(給料)は...
フードバンク活動で頑張る浦添...
私はダメもとですが障害枠で試...
部長より、部員全員に突然1冊...
相撲界は村社会なのでしょうか...
『人に好かれようと思わない』
不本意な人事異動があったら 
「すき間時間」の活用がタイム...
去年、有給休暇を取りましたか...
『想像力を働かせる』 
不格好も結構、素敵 
兵庫県多可町の「一日ひと褒め...
会社情報を漏らすと・・・・ 
一隅を照らす人こそ、国の宝だ...
謹賀新年 19.1.1
一ヶ月の残業時間はどれくらい...
介護職の現実 
トランプさんの歴史的意味。 ...
『悲しい時は泣く』
残業が増えると生産性はなぜ低...
初出勤の日の思い出 (^-^...
『連勝より連敗しないことが大...
行動経済学ってご存知ですか?...
「有休の取得は月に2日まで」...
皆様、出勤時間どうしています...
ブレない貴景勝関 (^-^;...
病気で退職したら、3か月の給...
かかりつけ薬局ってご存知です...
「裏を見せ 表を見せて 散る...
有給休暇を消化しての退職。(...
効果的なリーダーシップと報連...
「時間管理はイメージ管理」 
働き方改革のデメリット 
朝のスタート、大切ですね。 ...
仕事を休むときのうまい理由 
「いけにえの子羊」(^-^;...
「検査不祥事」の原因 
「コメント」に返信しなくて申...
人生の「事実」と「真実」は違...
「いけにえの子羊」(^-^;...
ほんのちょっとの勇気」を持て...
視点を変えると人生が変わる。...
「戦争の体験があるから今があ...
「仰げば尊しわが師の恩」でし...
「ヒットラーの暗い影が見える...
「奉仕を通じて平和を」(^O...
「不格好も結構ステキ」( `...
あなたはその人を尊敬できてい...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


             『ソフィアンの知恵』第27号( 2011.5.19 発行 )


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  【  目  次  】

  1.ビジネス BCP(事業継続計画)は、できるところから・・・。

  2.まちづくり  マスコミが風評被害のモトになってはいけません。

  3.健康・くらし 青葉の中の散歩


  …………………………………………………………………………………………

                   ◆ 1.ビジネス  ◆ 

              BCP(事業継続計画)は、できるところから・・・。

  …………………………………………………………………………………………

 今BCPが少しブームです。

 被災しても主要な事業をしっかりと継続でき、周りも復旧してきたら、
 一気に加速して復興して、被災前よりも実績が上がるようにするのが
 BCP(事業継続計画)です。

 しかし、なんかものものしいですね。凄そうです。(>_<)

 「地震が来ても壊れないような設備に新しくしないといけない・・・。」
  なんて考えたら
 「お金がかかることは、今はなかなか難しいよ。だからやめとこ・・・。」
  になってしまいます。

 リーマンショックの後の世界不況で青息吐息、現状維持で汲々としている。
 それに今回の震災です。
 「それどころじゃないよ。それにもう大地震来ちゃったし、
 これからではあまり意味がないんじゃない?」

 でも、本当にそうでしょうか。

 できることは今のうちにしておかないといけないのでは?

 「備えあれば憂いなし」と昔から言います。

 例えば緊急連絡網。
 電話がつながりにくかったことを、今回の震災では皆体験しました。
 今ある連絡網はあまり役に立たなかった会社も多いのでは?

 ただ、電子メールはつながりました。
 だったら電子メールによる連絡網を作ればよい。

 これには、お金はかかりません。
 一覧表にして、できれば、アドレスを携帯電話やパソコンに登録しておくだけで、
 ずいぶん違います。

 そんなできるところは今のうちにやっておいた方が良いのではないでしょうか。

 大切なのは、企業の状況に応じた対策を、今のうちに打っておくことです。

 確かにBCPとなると、被災しても主要な事業が継続するできるように、計画を作り、
 それを従業員に周知、訓練し、関連企業にも協力をお願いするのが基本です。
 それももちろんとても大切です。

 でもBCPをそう難しく考える必要はありません。

 大切なことは、それぞれの企業ができることは
 今のうちから少しずつでも取り組むことです。

 それが、その企業の従業員を守ることであり、
 関連の会社の信用を少しでもなくさないことにつながります。


  …………………………………………………………………………………………

                 ◆ 2.まちづくり   ◆  

       マスコミが風評被害のモトになってはいけません。

  …………………………………………………………………………………………

 風評被害がいろいろなところで猛威をふるっています。

 少し前の話ですが、毎日新聞の朝刊に次のような見出しが躍っていました。

 「放射線予測 『浪江町で235ミリシーベルト』
   1年後福島市でも10ミリシーベルト超」
  (毎日新聞23年4月27日朝刊)

 私はこれを見てびっくりしました。郡山に、顧問先の営業所があるからです。
 郡山についてどうなっているのか、記事を追いかけました。

 別の表に郡山も載っていました。
 23年3月11日までの累積線量は推定で10.1ミリシーベルトとありました。
 やはり郡山もまずかった。

 発がんに影響が出始めるのは、
 50ミリシーベルトと別のところで発表されています。

 これは大変なことになったと思いました。

 私が今住んでいるのが千葉県の松戸です。
 福島原発からは、200km離れています。
 だから、とりあえず大丈夫と思っていました。

 しかし、福島原発から50〜60km離れている、福島や郡山が1年経ったら、
 10ミリシーベルトになるのだったら、
 自分の住んでいる松戸だってどうなるかわかりません。

 おしりがスーッと寒くなりました。(>_<)

 それで急いで本文を丹念に読み返しました。
 詳しく理解したかったからです。

 しかしよく読むと、文部科学省の発表なのですが、
 そのデータは地震翌日の3月12日から4月21日までの累積線量の実績値に加え、
 その後、4月22日の線量がその後ずっと続くと仮定して
 来年24年3月11日までの累積線量を算出したというものでした。

 えっと思いました、というか良かったと思いました。

 だって4月22日の放射線量がずっと続くわけがありません。

 政府や東京電力が放射線を生む放射能物質を出さないように必死に頑張っています。
 常識的には、この予測数値はありえない話です。

 文部科学省が数値として出し、一定の仮定の下に予測数値を出すのは、
 文部科学省としては情報を隠さないということで良いと思います。

 しかし、見出しを見れば、これは大変なことです。
 本文にもわかりやすく注釈するような文章は見あたりません。

 天下の毎日新聞が何をしているのかと、しばらく怒りが収まりませんでした。

 ただ、怒っている場合ではありません。顧問先にすぐ電話しました。
 郡山営業所の人がびっくりして騒ぐことがないように、
 風評被害にならないようにと社長に伝えてくださいとお願いしました。

 毎日新聞には朝刊の第一面の右下に「新聞関連のご意見」という欄があり、
 連絡先の電話番号も載っています。

 すぐに電話しました。
 なかなか出ないだろうなと思ったのですが、すぐに女性の担当者が出ました。

 「この記事こそ風評被害のモトはないか」と私はクレームをつけました。

 「わかりました、責任者に話し、連絡をさせます」とその窓口担当の女性・・・。

 しばらくして電話があり、
 担当記者KSさんの上司にあたる責任者のOデスクからでした。

 
 Oデスクは、

 1. 必要な報道と考えている。

 2. 隠すのは良くない。

 との趣旨のことを話されました。

 しかし私は、見出しの書き方、報道の仕方に問題がある、として次のように話をしました。

 1. 伝え方が問題である。

 2. 風評被害の原因を作っている。

 3. 400万部とたくさん人が読んでいる毎日新聞の責任は極めて重い。


 Oデスクはわかりましたと言い、

 1.上にレポートを上げる

 2.平松さんにもその後の対応について連絡する。


 私は、新聞記者の現実を私は知りません。
 毎日が戦争のような忙しさで、
 余裕がなく、記事を書いている記者たちの状況を考えると、
 ある程度の許容せざるえないかもしれません。

 しかし今回のことはそれでは納得できません。

 風評被害をなくすことに責任があるのが良識あるマスコミの責務です。
 だから、担当記者が書いたものをチェックする機能としても上司のデスクがいるはずです。
 その仕組みがうまく機能しなかったということです。

 私は、再発防止の仕組みについて連絡してほしいとお願いしました。
 忙しいだろうからすぐにでもなくて良いですから、ともお話ししました。

 しかし、すでに2週間以上たちました。まだ連絡がありません。
 私の意見をどのくらい重く受け止めていただいたか、今はちょっと疑問です。

 Oデスクには、2〜3日のうちに再度電話するつもりです。

 私は毎日新聞がとても好きです。

 今回、すぐにクレーム対応の電話がつながったのは、
 今年の1月4人体制だった窓口を、
 社長指示で4月に10人体制に増やしたとのことでした。

 さすがに毎日新聞、とても良いなと思いました。

 マスコミは世論を左右し、その結果として国の運命をも左右することか多い。
 大新聞は特にそうです。

 だから風評被害のモトなど決して作ってはいけません。

 再発防止の取組をぜひ聞きたいと思います。


  …………………………………………………………………………………………

                     ◆ 3.健康・くらし ◆

                   青葉の中の散歩

  …………………………………………………………………………………………

 5月7日の朝はまぶしいほどの青葉の中での散歩でした。

 4月の風景と様変わりしています。

 ▼よろしければ、ブログの写真をご覧ください。
 http://blog.livedoor.jp/iso_hiramatsu/archives/52077243.html

 …………………………………………………………………………………………

  最後までお読みくださってありがとうございました。


   (株)ソフィア メールマガジン『ソフィアンの知恵』

   発行:株式会社ソフィア 

   発行責任者:平松 徹
 
   HP: http://www.iso-hiramatsu.jp/

   ブログ: http://blog.livedoor.jp/iso_hiramatsu/

   お問合せ: to@iso-hiramatsu.jp


   ▼登録/解除されたい方は、下記よりお願いいたします。
    (解除の際は、アドレスをご確認ください)

  https://regssl.combzmail.jp/web/?t=fk03&m=ryic

  …………………………………………………………………………………………