バックナンバー

  (株)ソフィア メールマガジン http://www.iso-hiramatsu.jp/

□ 最新号

  「働きかた改革」は少しポイント...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  「働きかた改革」は少しポイン...
「上司が残っているから」「気...
みなさんがお勤めのところは、...
現実は出来ていないが、夢では...
豊ノ島関とあの松下幸之助翁・...
皆さんは教える側に立った時、...
退職をあと1〜3年前に控えた...
氷点の思い出
新しい職場に就職して2週間が...
残業は生産性が悪いということ...
今のお仕事を選んだのは何故で...
横綱白鳳関の処分が決定しまし...
渋沢翁の笑顔、見習いたいです...
あなたは資格をいくつ持ってい...
優先順位の明確化が、業務の効...
明日、会社のやんごとなき方と...
お詫びいたします。
転職を考えています。
脳は未来のことを予測して楽し...
青春とは年齢ではない。
常盤平、桜通りの桜まつり、す...
桜通りの桜、今満開です。
今は無くなってしまったけど、...
「自分の守り方」をアドバイス...
入った会社を初めて辞めたいと...
仕事には皆さん何分前に現場入...
父の想い出
『人生というストーリーの中で...
『弱い人ほど傲慢になる』
白血病の話
40代女性の転職は、やはり厳...
『負けるが勝ち』
松戸宿坂川 河津桜まつり
遺伝子をスイッチオンにすると...
「先を見て歩く」19.3.6
トランプの長城??? 
この仕事にこの時給(給料)は...
フードバンク活動で頑張る浦添...
私はダメもとですが障害枠で試...
部長より、部員全員に突然1冊...
相撲界は村社会なのでしょうか...
『人に好かれようと思わない』
不本意な人事異動があったら 
「すき間時間」の活用がタイム...
去年、有給休暇を取りましたか...
『想像力を働かせる』 
不格好も結構、素敵 
兵庫県多可町の「一日ひと褒め...
会社情報を漏らすと・・・・ 
一隅を照らす人こそ、国の宝だ...
謹賀新年 19.1.1
一ヶ月の残業時間はどれくらい...
介護職の現実 
トランプさんの歴史的意味。 ...
『悲しい時は泣く』
残業が増えると生産性はなぜ低...
初出勤の日の思い出 (^-^...
『連勝より連敗しないことが大...
行動経済学ってご存知ですか?...
「有休の取得は月に2日まで」...
皆様、出勤時間どうしています...
ブレない貴景勝関 (^-^;...
病気で退職したら、3か月の給...
かかりつけ薬局ってご存知です...
「裏を見せ 表を見せて 散る...
有給休暇を消化しての退職。(...
効果的なリーダーシップと報連...
「時間管理はイメージ管理」 
働き方改革のデメリット 
朝のスタート、大切ですね。 ...
仕事を休むときのうまい理由 
「いけにえの子羊」(^-^;...
「検査不祥事」の原因 
「コメント」に返信しなくて申...
人生の「事実」と「真実」は違...
「いけにえの子羊」(^-^;...
ほんのちょっとの勇気」を持て...
視点を変えると人生が変わる。...
「戦争の体験があるから今があ...
「仰げば尊しわが師の恩」でし...
「ヒットラーの暗い影が見える...
「奉仕を通じて平和を」(^O...
「不格好も結構ステキ」( `...
あなたはその人を尊敬できてい...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


             『ソフィアンの知恵』第28号( 2011.5.26 発行 )


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  【  目  次  】

  1.まちづくり  地域復興では民俗文化を大切にしたいですね。

  2.ビジネス 猿が木から落ちても、専門家は落ちてはいけない

  3.健康・くらし 青葉の中の散歩


  …………………………………………………………………………………………

                   ◆ 1.まちづくり  ◆ 

              地域復興では民俗文化を大切にしたいですね。

  …………………………………………………………………………………………

 毎日新聞に次のような記事がありました。

 「岩手県大槌町の避難所になっている体育館で
  子供たちが地元の民俗芸能である「虎舞」に挑戦し、
  被災した人たちの拍手を浴びたことが先日、報じられた。

  不安な生活を送る中、郷土の芸能を目にして、涙ぐむひとも少なくなかった。

  がれきの中から見つかった頭を使い、
  大人たちから手ほどきを受けて実現した。」 (23.5.17毎日新聞朝刊)

 毎日新聞社説です。

 避難所での不自由で、行動も消極的になりがちな中での、
 子供たちの「虎舞」・・・。

 舞う子供たちも思い切り舞ったでしょう。
 それを見ている家族の姿、想像できます。
 嬉しかったでしょうね。(^^)/

 
「獅子舞ならぬ虎舞は三陸地方に伝わる芸能だ。
  場所によって内容が異なり、
 『虎は千里往って千里還る』といわれることから航海の安全を祈ったとも、 
  火伏の力があるとされ虎にちなんで無火災の祈願をしたともいわれる。

 800年以上の歴史があるともいうが、それに見入る人々の姿は、
 地域固有の文化がいかに貴重かを物語っていた。」

 どんな気持ちだったのでしょう・・・。

 文化は心の奥底で人々をつなぐものです。
 また一人一人の心の中に、その人の原点として存在するものです。

 故郷を思い出すのは、その土地の文化に改めて触れたときです。

 テレビで自分の故郷の芸能を見たときなど、
 懐かしさに心が震えることなど私もありました。
 そんなとき本当に涙が出てきます。(>_<)

 地域固有の文化は誇りです。そして民俗文化を本当に大切にしたい。

 「無形、有形を問わず、文化財は歴史の結晶であり、
   土地の記憶であり、地域の誇りだ。再興のためにも、
   なくてはならないものだろう。」(23.5.17毎日新聞朝刊)

 地域コミュニティを大切にした地域の復興が大切といわれます。

 地域コミュニティの核の一つが、民俗文化です。

 そこまでいかなくても、お祭りなどは多くのところにあります。
 歴史の浅いお祭りでも結構地域のつながりに貢献しています。

 お祭りを通して、人々の心がつながります。

 一緒に御神輿を担いだり、踊ったりして活動し、会話をし、
 泣いたり笑ったりする中で心がつながります。

 そして、コミュニティの密度を濃くすることになる。

 地域復興の取組みのなかで心にとめておきたいことの一つです。

  …………………………………………………………………………………………

                 ◆ 2.ビジネス   ◆  

       猿が木から落ちても、専門家は落ちてはいけない

  …………………………………………………………………………………………

 スイスのある村の話です。

 牛飼いの子が牛のおっぱいを持ち上げることでぴたりと時間を当てる。

 誰が聞いてもぴたりと当てます。少年は評判になりました。

 それで、科学者が調査を始めました。しかし、どうしてもわからない。

 そこで仕方なく少年に聞きました。

「どうして牛のおっぱいの重さで時間がわかるのかね」

 そこで少年。

「そんなの簡単だよ。おっぱいを持ち上げると、
  向こうの時計台が見えるんだよ」

 (安西育郎著「だます心だまされる心」岩波新書から)

 思い込みによる失敗の小話です。
 これは専門家が失敗したというのが象徴的です。
 
 「科学者が調査を始めたが理由がわからない。仕方がなく・・・。」
 と同書にあります。
 
 専門家だから科学的な調査から入った。
 最初から少年に聞けばすぐにわかったのに・・・。
 思い込みによる怖さですね。(>_<)

 それも専門家による思い込みによる怖さ・・・。
 素人であれば、すぐに少年に聞いたことでしょう。
 
 専門家は、ともすれば専門的な手法や知識にこだわり業務を進めがちです。 
 そして顧客に押しつけがちです。そうするとだいたい失敗する。

 少しかっこよくいうと、「弘法も筆の誤り」。
 少し品位を落とすと、「猿も木から落ちる」。(>_<)

  …………………………………………………………………………………………

                     ◆ 3.健康・くらし ◆

                  今日もワンコと散歩しました

  …………………………………………………………………………………………

 雨の日以外は、散歩を必ずすることにしています。

 リズムができてとても良いですね。

 今は新緑がまぶしい季節です。

 ▼よろしければ、ブログの写真をご覧ください。
 http://blog.livedoor.jp/iso_hiramatsu/archives/52081043.html

 …………………………………………………………………………………………

  最後までお読みくださってありがとうございました。


   (株)ソフィア メールマガジン『ソフィアンの知恵』

   発行:株式会社ソフィア 

   発行責任者:平松 徹
 
   HP: http://www.iso-hiramatsu.jp/

   ブログ: http://blog.livedoor.jp/iso_hiramatsu/

   お問合せ: to@iso-hiramatsu.jp


   ▼登録/解除されたい方は、下記よりお願いいたします。
    (解除の際は、アドレスをご確認ください)

  https://regssl.combzmail.jp/web/?t=fk03&m=ryic

  …………………………………………………………………………………………