バックナンバー

  (株)ソフィア メールマガジン http://www.iso-hiramatsu.jp/

□ 最新号

  お詫びいたします。

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  お詫びいたします。
やはり「相手目線」が大切です...
「ジョルジオ・アルマーニ」に...
「他人の何千もの欠点に目をつ...
苦境は人を大きくする。
「働きかた改革」は少しポイン...
「上司が残っているから」「気...
みなさんがお勤めのところは、...
現実は出来ていないが、夢では...
豊ノ島関とあの松下幸之助翁・...
皆さんは教える側に立った時、...
退職をあと1〜3年前に控えた...
氷点の思い出
新しい職場に就職して2週間が...
残業は生産性が悪いということ...
今のお仕事を選んだのは何故で...
横綱白鳳関の処分が決定しまし...
渋沢翁の笑顔、見習いたいです...
あなたは資格をいくつ持ってい...
優先順位の明確化が、業務の効...
明日、会社のやんごとなき方と...
お詫びいたします。
転職を考えています。
脳は未来のことを予測して楽し...
青春とは年齢ではない。
常盤平、桜通りの桜まつり、す...
桜通りの桜、今満開です。
今は無くなってしまったけど、...
「自分の守り方」をアドバイス...
入った会社を初めて辞めたいと...
仕事には皆さん何分前に現場入...
父の想い出
『人生というストーリーの中で...
『弱い人ほど傲慢になる』
白血病の話
40代女性の転職は、やはり厳...
『負けるが勝ち』
松戸宿坂川 河津桜まつり
遺伝子をスイッチオンにすると...
「先を見て歩く」19.3.6
トランプの長城??? 
この仕事にこの時給(給料)は...
フードバンク活動で頑張る浦添...
私はダメもとですが障害枠で試...
部長より、部員全員に突然1冊...
相撲界は村社会なのでしょうか...
『人に好かれようと思わない』
不本意な人事異動があったら 
「すき間時間」の活用がタイム...
去年、有給休暇を取りましたか...
『想像力を働かせる』 
不格好も結構、素敵 
兵庫県多可町の「一日ひと褒め...
会社情報を漏らすと・・・・ 
一隅を照らす人こそ、国の宝だ...
謹賀新年 19.1.1
一ヶ月の残業時間はどれくらい...
介護職の現実 
トランプさんの歴史的意味。 ...
『悲しい時は泣く』
残業が増えると生産性はなぜ低...
初出勤の日の思い出 (^-^...
『連勝より連敗しないことが大...
行動経済学ってご存知ですか?...
「有休の取得は月に2日まで」...
皆様、出勤時間どうしています...
ブレない貴景勝関 (^-^;...
病気で退職したら、3か月の給...
かかりつけ薬局ってご存知です...
「裏を見せ 表を見せて 散る...
有給休暇を消化しての退職。(...
効果的なリーダーシップと報連...
「時間管理はイメージ管理」 
働き方改革のデメリット 
朝のスタート、大切ですね。 ...
仕事を休むときのうまい理由 
「いけにえの子羊」(^-^;...
「検査不祥事」の原因 
「コメント」に返信しなくて申...
人生の「事実」と「真実」は違...
「いけにえの子羊」(^-^;...
ほんのちょっとの勇気」を持て...
視点を変えると人生が変わる。...
「戦争の体験があるから今があ...
「仰げば尊しわが師の恩」でし...
「ヒットラーの暗い影が見える...
「奉仕を通じて平和を」(^O...
「不格好も結構ステキ」( `...
あなたはその人を尊敬できてい...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


             『ソフィアンの知恵』第31号( 2011.6.16 発行 )


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  【  目  次  】

  1.ビジネス  専門的には「節電」と「省エネ」は違うんですね。

  2.まちづくり 地域復興MSには環境ISOが使えるかもしれない???
  
 3.健康・くらし 梅雨空のお散歩 23.6.11


  …………………………………………………………………………………………

                   ◆ 1.ビジネス  ◆ 

              専門的には「節電」と「省エネ」は違うんですね。

  …………………………………………………………………………………………

  財団法人省エネルギーセンターの専門家による
 「この夏の節電対策と省エネ」というセミナーに参加してきました。
 (23.6.9銀座の中小企業会館で。中小企業診断協会東京支部主催。) 

 今の大きなテーマの一つが、夏に計画停電がないことです。
 そのためには、電力のピークカットをしないといけません。
 
 ここでわかったのは、専門的には「節電」はそのピークカットのことであり、
 「省エネ」と「節電」はどうも違うらしいということでした。
 
 大口需要家は15%以上の節電をしないと100万円以下の罰金です。
 
 これは電気事業法(電気の使用制限等)第27条、同施工令の要求事項です。

 簡単にいうと、
 
 電力の「大口需要家」は
 ・「23.7.1〜9.22」→毎日「9時〜20時」(基準期間、基準時間帯)に、
 ・昨年の基準期間、基準時間帯の最大電力値の85%を超えてはいけない。
 ・「大口需要家」とは、契約電力500kW以上の電気の使用者です。
 
 つまり、事業所でたくさん電力を使う企業は、7/1〜9/22の間は、
 昨年のピークの85%に電力を押さえないと、
 100万円以下の罰金になるということです。
 
 経済産業大臣は、「公共の利益を阻害すると恐れがあると認めるとき」は
 一定の電力利用者に制限を加えることができるようになっています。
 
 ただ、これは罰金だからというのではなく、この仕組みに協力しなければ、
 計画停電になり、困ったことになるわけですから、いやも応もない。
 実行するしかないですね。
 
 これが必要な「節電」です。イコール「省エネ」ではありません。
 
 東京電力の今の想定需要のピークは6,000万kWです。
 供給力見通しは東北電力からの融通後で5,380万kW。未だ620万kW不足です。
 

 「節電」対策としては、5つあるとのことでした。
 1.「省エネ等」により最大重要電力の低減
 2.操業の平準化
 3.操業のピークを基準時間帯以外に移す
 4.蓄熱・蓄電設備の活用
 5.共同使用制限スキームの活用
 

 今、エレベータをとめたり、電気を控えめにしたり、盛んに行われています。
 これなど「「省エネ等」により最大重要電力の低減」ですね。
 
 企業によっては、出勤曜日をずらすことも検討され、
 実施に移されようとしています。

 これが、「共同使用制限スキームの活用」の具体例になります。
 休日の輪番制などもあります。
 
 操業の平準化はなかなか難しいでしょうが、少しでもそれぞれの企業で検討し、
 計画すべきです。

 操業時間のピークを基準時寒帯に移すというのも、
 夜や朝に操業の山を持ってくることですので、
 これこそ発想の転換が必要です。かなり取組ガイがある・・・。
 
 蓄熱・蓄電も取組が進んでいます。電気はためることもできるのですよね。
 だって乾電池があるのですから・・・。(^^)/

 省エネの情報もいろいろとありました。
 
 ここでは、「ブラインドの有効活用による省エネをご紹介します。
 

 ●昼間で直射日光があたるとき → ブラインドは、半開きの状態で、下まで降ろす。
 直射日光を避けることで空調機の負荷を低減する。また外の光を照明として利用する。
 
 ●昼間で直射日光があたらないとき。また、曇りの日や雨の日。 
 → ブラインドは下ろさない。消灯して、外の光で仕事をする。
 
 ●夜間 → ブラインドは光が逃げないように締め切った形で全て降ろす。
 照明の光がブランドに反射し、明るさを外に逃がさない。
 
 以上言われてみれば当たり前なことなのですが、
 あまりきめ細かく実行している会社はあまりないのではないでしょうか。

 コンピュータによる自動制御に頼るのではなく、
 人の細かい配慮によるコントロールです。
 
 アナログがここでも必要です。
 
 参考になりました。m(_ _)m


  …………………………………………………………………………………………

                ◆ 2.まちづくり   ◆  

       地域復興MSには環境ISOが使えるかもしれない???

  …………………………………………………………………………………………

 被災地の地域復興のためには、地域の人々が集まって、みんなで相談し、
 自ら意思決定をしていくことが欠かせません。

 しかも、相当長期間にわたって、継続的に行うことが必要です。
 
 そのため、各地で、地域復興協議会が設立され、活動を開始していますが、
 地元の住民・企業・自治体などが協力し、力を発揮していくために、
 協議会の運営の仕組みづくりが急務となっています。

 うまく運営できなければ、力を合わせるための協議会が、
 対立の火種にならないとも限りません。

 私が所属する中小企業診断士の研究会でも、地域の取組みを支援していくため、
 地域復興協議会のマニュアル作りを進めているところです。

 私も、メンバーとして、その一部を担当していますが、
 環境ISO(ISO14001)の考え方を参考にするとかなりうまくいくのではないか
 と考えています。

 環境ISOでは、企業が、自主的に環境保全に関する取組みを進めるにあたり、
 環境に関する方針や目標を自ら設定し、これらの達成に向けて取り組むための
 体制や仕組みを作ります。

 これを「環境マネジメントシステム(MS)」と呼びます。
 
 環境MSでは、
 企業が環境に影響を及ぼす要素を「環境側面」として洗い出し、
 管理すべきものを特定し、目標を定めて、日常的に管理していきます。

 同じように、地域復興についても、
 復興に関わる側面を「復興側面」としてまず洗い出す。
 その中で管理すべきものを特定し、目標管理、日常管理をしていく。

 いわば、「復興マネジメントシステム」という考え方です。

 責任と権限の分配、コミュニケーションの方法、
 教育・訓練、文書管理、運用管理、そして目標管理、法的要求事項管理・・・。

 環境MSの応用範囲は想像以上に広そうです。

 復興を、効率的にかつ効果的にすすめるために
 環境MSの考え方を活用し、私の担当する部分を考えていこうと思います。


  …………………………………………………………………………………………

                     ◆ 3.健康・くらし ◆

                    梅雨空のお散歩 23.6.11

  …………………………………………………………………………………………

 いつものように、自宅前の桜通りをワンコと散歩しています。

 今は、梅雨の時期。

 雨の中、しっとりした樹木の群れでした。

 緑の苔が水分を含んで柔らかに樹を覆っています。

 近くの公園の緑もまばゆいばかりです。

 ▼よろしければ、ブログの写真をご覧ください。
 http://blog.livedoor.jp/iso_hiramatsu/archives/52084810.html


 …………………………………………………………………………………………

  最後までお読みくださってありがとうございました。


   (株)ソフィア メールマガジン『ソフィアンの知恵』

   発行:株式会社ソフィア 

   発行責任者:平松 徹
 
   HP: http://www.iso-hiramatsu.jp/

   ブログ: http://blog.livedoor.jp/iso_hiramatsu/

   お問合せ: to@iso-hiramatsu.jp


   ▼登録/解除されたい方は、下記よりお願いいたします。
    (解除の際は、アドレスをご確認ください)

  https://regssl.combzmail.jp/web/?t=fk03&m=ryic

  …………………………………………………………………………………………