バックナンバー

  (株)ソフィア メールマガジン http://www.iso-hiramatsu.jp/

□ 最新号

  苦境は人を大きくする。

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  苦境は人を大きくする。
「働きかた改革」は少しポイン...
「上司が残っているから」「気...
みなさんがお勤めのところは、...
現実は出来ていないが、夢では...
豊ノ島関とあの松下幸之助翁・...
皆さんは教える側に立った時、...
退職をあと1〜3年前に控えた...
氷点の思い出
新しい職場に就職して2週間が...
残業は生産性が悪いということ...
今のお仕事を選んだのは何故で...
横綱白鳳関の処分が決定しまし...
渋沢翁の笑顔、見習いたいです...
あなたは資格をいくつ持ってい...
優先順位の明確化が、業務の効...
明日、会社のやんごとなき方と...
お詫びいたします。
転職を考えています。
脳は未来のことを予測して楽し...
青春とは年齢ではない。
常盤平、桜通りの桜まつり、す...
桜通りの桜、今満開です。
今は無くなってしまったけど、...
「自分の守り方」をアドバイス...
入った会社を初めて辞めたいと...
仕事には皆さん何分前に現場入...
父の想い出
『人生というストーリーの中で...
『弱い人ほど傲慢になる』
白血病の話
40代女性の転職は、やはり厳...
『負けるが勝ち』
松戸宿坂川 河津桜まつり
遺伝子をスイッチオンにすると...
「先を見て歩く」19.3.6
トランプの長城??? 
この仕事にこの時給(給料)は...
フードバンク活動で頑張る浦添...
私はダメもとですが障害枠で試...
部長より、部員全員に突然1冊...
相撲界は村社会なのでしょうか...
『人に好かれようと思わない』
不本意な人事異動があったら 
「すき間時間」の活用がタイム...
去年、有給休暇を取りましたか...
『想像力を働かせる』 
不格好も結構、素敵 
兵庫県多可町の「一日ひと褒め...
会社情報を漏らすと・・・・ 
一隅を照らす人こそ、国の宝だ...
謹賀新年 19.1.1
一ヶ月の残業時間はどれくらい...
介護職の現実 
トランプさんの歴史的意味。 ...
『悲しい時は泣く』
残業が増えると生産性はなぜ低...
初出勤の日の思い出 (^-^...
『連勝より連敗しないことが大...
行動経済学ってご存知ですか?...
「有休の取得は月に2日まで」...
皆様、出勤時間どうしています...
ブレない貴景勝関 (^-^;...
病気で退職したら、3か月の給...
かかりつけ薬局ってご存知です...
「裏を見せ 表を見せて 散る...
有給休暇を消化しての退職。(...
効果的なリーダーシップと報連...
「時間管理はイメージ管理」 
働き方改革のデメリット 
朝のスタート、大切ですね。 ...
仕事を休むときのうまい理由 
「いけにえの子羊」(^-^;...
「検査不祥事」の原因 
「コメント」に返信しなくて申...
人生の「事実」と「真実」は違...
「いけにえの子羊」(^-^;...
ほんのちょっとの勇気」を持て...
視点を変えると人生が変わる。...
「戦争の体験があるから今があ...
「仰げば尊しわが師の恩」でし...
「ヒットラーの暗い影が見える...
「奉仕を通じて平和を」(^O...
「不格好も結構ステキ」( `...
あなたはその人を尊敬できてい...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(株)ソフィア メールマガジン 24.6.23発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
…………………………………………………………………………………………
今日のテーマ
経営者の現実把握を助けるのが、内部監査です。
……………………………………………………………………………………
……………………………………………………………………………………………
株式会社ジェイックの知見寺直樹さんのメルマガに面白い記事がありました。
東レ経営研究所社長の佐々木恒夫さんのインタビュー記事です。

「経営者に必要なのは現実把握能力です。

経営者は、今、何が起こっているか、何が問題なのか、
現場を知らなきゃいけないんです。

赤字事業の再建でも、これとこれが原因で赤字になっている。
原因を特定できれば、問題を解決できる。

ただ、私も7年間経営者をやってきましたが、とてもじゃないけど
現場に介入することはできない。

だからこそ、“事実”を正確に上げてくれる、信頼のおける、嘘をつかない部下が
必要なんです。

JALの再建で稲盛さんが大ナタを振るいましたよね。
あれだって現場におりて稲盛さんが直接話を聴いたわけじゃない。

日産のゴーンも課長クラスを中心としたプロジェクトの声で、
工場の閉鎖に踏み切ったんです。

会議だったり、コミュニケーションだったりで、
『正しい事実把握ができるシステム(仕組み)』を、つくりあげるのが
経営者の大切な仕事の一つです。」

知見メール号外2012/06/20 
「リーダーが為すべきこと=ファクトファインディング by 佐々木常夫」
発行:株式会社ジェイック


現場をきちんと知る必要があるということです。

「3現主義」といいます。「現場、現物、現実」。
「現場」に行き、「現物」を見て、「現実」が始めてわかる。

デカは現場に常に帰って捜査します。
現場には事件解決のネタがたくさん転がっているからです。

品質ISOや環境ISOでも、内部監査で現場の状況を確実に把握し、
現場の課題を見つけ、それを経営者に報告し、MR(マネジメントレビュー)で
しっかり見直しをします。

現場の課題を見つけて何ぼの内部監査です。

ISOは現場をしっかり把握する装置を要求しています。

会社の中にはいろいろと仕組みがあり、それを担当している人がいます。
それぞれ具体的にどのように実施しているのか、どのくらい役に立っているのか。
また、無駄はないのか・・・。

それを各部門の重要な業務プロセスのところについて確認していきます。

ISOでは、決めたことを実行できているかどうかの「適合性監査」と同時に、
実行の状況がどのくらい有効かを確認する「有効性監査」を要求しています。
課題がわかれば、原因がわかり、課題解決につながります。

企業を見るには、二つの視点が必要です。
鳥の目と虫の目です。

社長の目は通常は鳥の目です。

天高く飛びながら会社を見ます。俯瞰するといいますね。

会社を全体的として眺め、外部との関連、内部の部門間のバランス、
長期の方向性などを確認する材料をじっくりと観察します。

それに対して「虫の目」は現場をつぶさに観察する目です。

この「つぶさ」ということが難しい。
会社が大きくなればなるほど目が行き届かなくなります。
管理職にそこは任せることになります。
管理職の方もいろいろといらっしゃるから、情報が錯綜することになりがちです。

内部監査をして、虫の目で見た現場の状況を社長に報告する。

整合性の取れた情報が社長のもとに集まり、課題が明確になり、
打ち手を検討することになります。

課題を明確にすることは企業にとって生命線です。

「課題の見える化」ができている企業ほど強い。

内部監査で課題が見えるかできていれば企業改善のきっかけになります。

昨年、株式会社ブレーンhttp://www.kkbrain.co.jp/からDVDを出しました。

「使いこなしてなんぼのISO 〜ISOでマネジメントしていますか?〜」
http://ebrainshop01.free.makeshop.jp/shopdetail/002000000035/

そのあたり書いていますので、参考にしていただければと思います。


最後までお読みくださってありがとうございました。

(株)ソフィア メールマガジン

発行:株式会社ソフィア 

発行責任者:平松 徹

HP: http://www.iso-hiramatsu.jp/

ブログ: http://blog.livedoor.jp/iso_hiramatsu/

お問合せ: to@iso-hiramatsu.jp
このメールマガジンは、名刺交換をさせていただいた方に発信させていただいております。

御不快な思いをされた方は、大変恐縮ですが、解除をお願い申し上げます。

大変申し訳ございません。m(__)m

▼登録/解除されたい方は、下記よりお願いいたします。
(解除の際は、アドレスをご確認ください)

 https://regssl.combzmail.jp/web/?t=fk03&m=ryic

………………………………………………………………………………………………………………