バックナンバー

  (株)ソフィア メールマガジン http://www.iso-hiramatsu.jp/

□ 最新号

  苦境は人を大きくする。

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  苦境は人を大きくする。
「働きかた改革」は少しポイン...
「上司が残っているから」「気...
みなさんがお勤めのところは、...
現実は出来ていないが、夢では...
豊ノ島関とあの松下幸之助翁・...
皆さんは教える側に立った時、...
退職をあと1〜3年前に控えた...
氷点の思い出
新しい職場に就職して2週間が...
残業は生産性が悪いということ...
今のお仕事を選んだのは何故で...
横綱白鳳関の処分が決定しまし...
渋沢翁の笑顔、見習いたいです...
あなたは資格をいくつ持ってい...
優先順位の明確化が、業務の効...
明日、会社のやんごとなき方と...
お詫びいたします。
転職を考えています。
脳は未来のことを予測して楽し...
青春とは年齢ではない。
常盤平、桜通りの桜まつり、す...
桜通りの桜、今満開です。
今は無くなってしまったけど、...
「自分の守り方」をアドバイス...
入った会社を初めて辞めたいと...
仕事には皆さん何分前に現場入...
父の想い出
『人生というストーリーの中で...
『弱い人ほど傲慢になる』
白血病の話
40代女性の転職は、やはり厳...
『負けるが勝ち』
松戸宿坂川 河津桜まつり
遺伝子をスイッチオンにすると...
「先を見て歩く」19.3.6
トランプの長城??? 
この仕事にこの時給(給料)は...
フードバンク活動で頑張る浦添...
私はダメもとですが障害枠で試...
部長より、部員全員に突然1冊...
相撲界は村社会なのでしょうか...
『人に好かれようと思わない』
不本意な人事異動があったら 
「すき間時間」の活用がタイム...
去年、有給休暇を取りましたか...
『想像力を働かせる』 
不格好も結構、素敵 
兵庫県多可町の「一日ひと褒め...
会社情報を漏らすと・・・・ 
一隅を照らす人こそ、国の宝だ...
謹賀新年 19.1.1
一ヶ月の残業時間はどれくらい...
介護職の現実 
トランプさんの歴史的意味。 ...
『悲しい時は泣く』
残業が増えると生産性はなぜ低...
初出勤の日の思い出 (^-^...
『連勝より連敗しないことが大...
行動経済学ってご存知ですか?...
「有休の取得は月に2日まで」...
皆様、出勤時間どうしています...
ブレない貴景勝関 (^-^;...
病気で退職したら、3か月の給...
かかりつけ薬局ってご存知です...
「裏を見せ 表を見せて 散る...
有給休暇を消化しての退職。(...
効果的なリーダーシップと報連...
「時間管理はイメージ管理」 
働き方改革のデメリット 
朝のスタート、大切ですね。 ...
仕事を休むときのうまい理由 
「いけにえの子羊」(^-^;...
「検査不祥事」の原因 
「コメント」に返信しなくて申...
人生の「事実」と「真実」は違...
「いけにえの子羊」(^-^;...
ほんのちょっとの勇気」を持て...
視点を変えると人生が変わる。...
「戦争の体験があるから今があ...
「仰げば尊しわが師の恩」でし...
「ヒットラーの暗い影が見える...
「奉仕を通じて平和を」(^O...
「不格好も結構ステキ」( `...
あなたはその人を尊敬できてい...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(株)ソフィア メールマガジン 24.7.7発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
…………………………………………………………………………………………
今日のテーマ
もしもに備えてのBCPですが、BCPへの取り組みが結果として、強い組織につながります(^_^)v
……………………………………………………………………………………
……………………………………………………………………………………………
高知県の安芸商工会議所http://www.web-kochi.net/cci/etc.cgi?cmd=comp
でBCPのセミナー講師を担当し、今帰ってきて、このメールマガジンを書いています。

セミナーのポイントは、「できるところからBCPしましょう」と
「もしもに備えてのBCPですが、BCPへの取り組みが結果として、
強い組織になります」でした。

BCPのセミナーというと、お金がかかるというイメージがあるようです。
受講された方の一人がそんなお話されていました。

大災害に備えて、いろいろと設備を購入したりすることを計画させられる。
また、講義ばかりで、一方的に話を聞かされるばかりだから、
2日間のセミナーなどですと、
2日目の受講者が半分くらいになってしまう・・・・。(;一_一)

しかし、BCPはそうではありません。
BCPにお金をかける必要はありません。

被災のとき、従業員の安否やその家族の安否がわかる連絡網や仕組みは
ぜひ必要なものですが、お金はあまりかかりません。

少なくなった従業員で業務を継続するための交代勤務などもBCPでは
必須のものですが、必要な手順書を整備し、交代勤務者にそれをしっかりと
教育訓練すればよい。

成果を出すためには、充実した教育訓練が必要になりますが、通常の給料の他には
それほどの出費はありません。

そしてそれらをしっかり実行すれば、会社は強くなります。

重要業務の手順書ができれば、担当している人しか業務ができないという、
個人的な業務の仕方から、代わりの人がその業務をしっかり担当できるという
組織的な仕事の仕方に変わります。

組織力がしっかりします。

また、業務手順書を作る過程で、自分の仕事を棚卸し、振り返ることになりますから、
担当者個人としても業務改善につながります。

業務手順書を作った人が、交代勤務者の教育訓練を担当する仕組みにすれば、
担当者個人としても力量アップになります。

人に教えることは半端ではないですから…。

人は教えることで新たな発見が必ずあるし、課題なども見えてきて、
それを解決することで充実した仕事になる。

顧客や材料の仕入れ先、協力業者など関係のある会社とのコミュニケーションなども
必要になります。
そのコミュケーションが取引先との改善にしっかりつながります。

いざというときにどのようにするとか、してもらうとか、いろいろと話もする。
お互いの気持ちがわかるので、それに応えていくよう取り組みを進めれば、
関係の改善に必ずつながります。

だから、「もしもに備えてのBCPですが、BCPへの取り組みが結果として、
強い組織になります」ということになる。

コミュニケーションの良し悪しは、会社の強さの良し悪しです。
風通しの良い会社は強い。
「透明感のある組織風土、さわやかな組織風土」の会社は強いということです。

BCPにしっかり取り組めば、コミュニケーションの充実で、しっかりと良い会社、
強い会社になります。

そのあたりをしっかりとお話ししました。

しかし、昨晩の食事ですが、またまた「ひろめ市場」http://www.hirome.co.jp/
に行きました。そこで食べたかつおのたたきのおいしかったこと。(>_<)

思わずお代りをしてしまいました。

そのあたりまたブログでご報告します。(^^)/

最後までお読みくださってありがとうございました。

(株)ソフィア メールマガジン

発行:株式会社ソフィア 

発行責任者:平松 徹

HP: http://www.iso-hiramatsu.jp/

ブログ: http://blog.livedoor.jp/iso_hiramatsu/

お問合せ: to@iso-hiramatsu.jp
このメールマガジンは、名刺交換をさせていただいた方に発信させていただいております。

ご不快な思いをされた方は、大変恐縮ですが、解除をお願いいたします。

大変申し訳ございません。m(__)m

▼登録/解除されたい方は、下記よりお願いいたします。
(解除の際は、アドレスをご確認ください)

 https://regssl.combzmail.jp/web/?t=fk03&m=ryic

………………………………………………………………………………………………………………