バックナンバー

  (株)ソフィア メールマガジン http://www.iso-hiramatsu.jp/

□ 最新号

  苦境は人を大きくする。

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  苦境は人を大きくする。
「働きかた改革」は少しポイン...
「上司が残っているから」「気...
みなさんがお勤めのところは、...
現実は出来ていないが、夢では...
豊ノ島関とあの松下幸之助翁・...
皆さんは教える側に立った時、...
退職をあと1〜3年前に控えた...
氷点の思い出
新しい職場に就職して2週間が...
残業は生産性が悪いということ...
今のお仕事を選んだのは何故で...
横綱白鳳関の処分が決定しまし...
渋沢翁の笑顔、見習いたいです...
あなたは資格をいくつ持ってい...
優先順位の明確化が、業務の効...
明日、会社のやんごとなき方と...
お詫びいたします。
転職を考えています。
脳は未来のことを予測して楽し...
青春とは年齢ではない。
常盤平、桜通りの桜まつり、す...
桜通りの桜、今満開です。
今は無くなってしまったけど、...
「自分の守り方」をアドバイス...
入った会社を初めて辞めたいと...
仕事には皆さん何分前に現場入...
父の想い出
『人生というストーリーの中で...
『弱い人ほど傲慢になる』
白血病の話
40代女性の転職は、やはり厳...
『負けるが勝ち』
松戸宿坂川 河津桜まつり
遺伝子をスイッチオンにすると...
「先を見て歩く」19.3.6
トランプの長城??? 
この仕事にこの時給(給料)は...
フードバンク活動で頑張る浦添...
私はダメもとですが障害枠で試...
部長より、部員全員に突然1冊...
相撲界は村社会なのでしょうか...
『人に好かれようと思わない』
不本意な人事異動があったら 
「すき間時間」の活用がタイム...
去年、有給休暇を取りましたか...
『想像力を働かせる』 
不格好も結構、素敵 
兵庫県多可町の「一日ひと褒め...
会社情報を漏らすと・・・・ 
一隅を照らす人こそ、国の宝だ...
謹賀新年 19.1.1
一ヶ月の残業時間はどれくらい...
介護職の現実 
トランプさんの歴史的意味。 ...
『悲しい時は泣く』
残業が増えると生産性はなぜ低...
初出勤の日の思い出 (^-^...
『連勝より連敗しないことが大...
行動経済学ってご存知ですか?...
「有休の取得は月に2日まで」...
皆様、出勤時間どうしています...
ブレない貴景勝関 (^-^;...
病気で退職したら、3か月の給...
かかりつけ薬局ってご存知です...
「裏を見せ 表を見せて 散る...
有給休暇を消化しての退職。(...
効果的なリーダーシップと報連...
「時間管理はイメージ管理」 
働き方改革のデメリット 
朝のスタート、大切ですね。 ...
仕事を休むときのうまい理由 
「いけにえの子羊」(^-^;...
「検査不祥事」の原因 
「コメント」に返信しなくて申...
人生の「事実」と「真実」は違...
「いけにえの子羊」(^-^;...
ほんのちょっとの勇気」を持て...
視点を変えると人生が変わる。...
「戦争の体験があるから今があ...
「仰げば尊しわが師の恩」でし...
「ヒットラーの暗い影が見える...
「奉仕を通じて平和を」(^O...
「不格好も結構ステキ」( `...
あなたはその人を尊敬できてい...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(株)ソフィア メールマガジン 24.8.9発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
…………………………………………………………………………………………
今日のテーマ
江戸CSR・・・・武家と商家の命のかけ方の違い<(_ _)>
……………………………………………………………………………………
…………………………………………………………………………………………
江戸CSRの初代は長生きした人が多いのはご存知でしょうか。

三越百貨店のあの初代、三井高利は72歳、住友家初代政友は67歳、
鴻池家初代善右衛門85歳、長谷川家初代次郎兵衛にいたっては92歳でした。

他にも中井源左衛門が89歳、西川甚五郎が79歳、
ちょっと若いかなと思われる大丸百貨店の創業者下村彦右衛門正啓でさえ、61歳です。

初代の長生きは、自分に対するコントロール力を持っていたことによります。

自制心を確実に持って日ごろの生活ができたからこそ、
皆がしっかりとついていきました。
リーダーシップの源が自己コントロール力であることは間違いありません。

「商売をする以上、ときとして悪の誘惑に心が動かされることもあったに違いない。
しかしそのとき、彼らの心に天の理(ことわり)が警鐘を鳴らした。

それに応えて彼らは耐えた。

その結果、一つの悟りが開け、平常心の有難さを感得していったのでないか。」
(平田雅彦著「ドラッカーに先駆けた江戸商人の思想」p116 日経BP)

初代の多くは仏教信者で、人生の後半、法名を名乗っている人が多い。
例えば三井高利は晩年宋寿と称し法体の身になりました。

そして、近くに仏教の高僧がいて、仏教に深く帰依した場合も多い。

白木屋創業者大村彦太郎可全。

「商いは高利をとらず正直に、よきものを売れ 末は繁盛」
まさしく正直の一途の精神である。
それは無難禅師の影響によるものだった。

無難禅師の教えは

「心のもとは物にとらわれないことである。
心の動きでいちばん大切なのは慈悲の心である。
素直であり、穏やかであり、もののあわれを知る心こそが大切である」

というもので、可全はそのぞの無難禅師の教えを固く守って、誠実に徹し商いを行った。
(平田雅彦著 ドラッカーに先駆けた江戸商人の思想p182 日経BP社) 

一方・・・・・。

「人間五十年 下天の内をくらぶれば 夢幻のごとくなり 一度生を受け滅せぬ者の有るべきか」

織田信長が桶狭間の戦いの前に舞った幸若舞「敦盛」です。

怒涛のように京都に進軍する今川義元の軍勢45,000人に対して、
小田信長の軍はわずか2,000人。

織田の家来は籠城を進言した人が多かったのですが、
織田家当主信長は死を覚悟で奇襲作戦に打って出ました。

その前に舞ったのが、この幸若舞「敦盛」です。

源氏の武将熊谷直実が平氏の武将を討ち取りお面をはずしたら、
それが笛の名手で、我が子と同い年の平敦盛だった。

無常を感じた熊谷直実は、京に上り敦盛の獄門首を盗み、荼毘に付しました。
そして、遺骨を奉じ、法然上人の許で出家しました。

生者必滅。一度生を受けた人間の命は五十年。

降伏し、目先の安楽を求めるよりも、限定の中の生を直視し、
死を恐れず、己を偽らず、
戦って悔いを残さずとの思いで舞ったのが幸若舞敦盛といわれます。

そして、織田信長は最期は本能寺の変で自決しました。
その歳が奇しくも49歳。

江戸商人の初代と戦国武将の勇・・・。

命のかけかたの違いが際立ちます。<(_ _)>


最後までお読みくださってありがとうございました。

(株)ソフィア メールマガジン

発行:株式会社ソフィア 

発行責任者:平松 徹

HP: http://www.iso-hiramatsu.jp/

ブログ: http://blog.livedoor.jp/iso_hiramatsu/

お問合せ: to@iso-hiramatsu.jp
このメールマガジンは、名刺交換をさせていただいた方に
発信させていただいております。

ご不快な思いをされた方は、大変恐縮ですが、
解除をお願いいたします。

大変申し訳ございません。m(__)m

▼登録/解除されたい方は、下記よりお願いいたします。
(解除の際は、アドレスをご確認ください)

 https://regssl.combzmail.jp/web/?t=fk03&m=ryic

………………………………………………………………………………………………………………