バックナンバー

  (株)ソフィア メールマガジン http://www.iso-hiramatsu.jp/

□ 最新号

  『弱い人ほど傲慢になる』

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  『弱い人ほど傲慢になる』
白血病の話
40代女性の転職は、やはり厳...
『負けるが勝ち』
松戸宿坂川 河津桜まつり
遺伝子をスイッチオンにすると...
「先を見て歩く」19.3.6
トランプの長城??? 
この仕事にこの時給(給料)は...
フードバンク活動で頑張る浦添...
私はダメもとですが障害枠で試...
部長より、部員全員に突然1冊...
相撲界は村社会なのでしょうか...
『人に好かれようと思わない』
不本意な人事異動があったら 
「すき間時間」の活用がタイム...
去年、有給休暇を取りましたか...
『想像力を働かせる』 
不格好も結構、素敵 
兵庫県多可町の「一日ひと褒め...
会社情報を漏らすと・・・・ 
一隅を照らす人こそ、国の宝だ...
謹賀新年 19.1.1
一ヶ月の残業時間はどれくらい...
介護職の現実 
トランプさんの歴史的意味。 ...
『悲しい時は泣く』
残業が増えると生産性はなぜ低...
初出勤の日の思い出 (^-^...
『連勝より連敗しないことが大...
行動経済学ってご存知ですか?...
「有休の取得は月に2日まで」...
皆様、出勤時間どうしています...
ブレない貴景勝関 (^-^;...
病気で退職したら、3か月の給...
かかりつけ薬局ってご存知です...
「裏を見せ 表を見せて 散る...
有給休暇を消化しての退職。(...
効果的なリーダーシップと報連...
「時間管理はイメージ管理」 
働き方改革のデメリット 
朝のスタート、大切ですね。 ...
仕事を休むときのうまい理由 
「いけにえの子羊」(^-^;...
「検査不祥事」の原因 
「コメント」に返信しなくて申...
人生の「事実」と「真実」は違...
「いけにえの子羊」(^-^;...
ほんのちょっとの勇気」を持て...
視点を変えると人生が変わる。...
「戦争の体験があるから今があ...
「仰げば尊しわが師の恩」でし...
「ヒットラーの暗い影が見える...
「奉仕を通じて平和を」(^O...
「不格好も結構ステキ」( `...
あなたはその人を尊敬できてい...
タイムマネジメントは未来計画...
『いばらない』(>_<) 
『笑われることを怖れない』(...
「巧詐は拙誠に如かず」良い言...
人間にとって、原爆とは何だっ...
『人の言葉を見極める』(-_...
長崎には、静かな感動がありま...
長崎のコルベ師。身代わりの愛...
ウチのワンコ君、トリミングに...
メチャンコかわいい、大分駅の...
『大谷翔平選手の笑顔の力』(...
働き方改革パート1 「ワーク...
『第三者的な目で自分を見る』...
桜の花はないのに、人はいっぱ...
明日は「桜まつり」ですが・・...
『古い水をすてる』(^-^;...
『古い水をすてる』(^-^;
ゲーテと森鴎外に会えたライブ...
今年も桜満開です。(^-^;...
『今の状況に感謝する』(^-...
『すべての人の感じ方が違う』...
桜のつぼみ君がとてもかわいい...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)ソフィア メールマガジン 2013.8.6発行 (火、木、土曜日発行)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
…………………………………………………………………………………………
今日のテーマ
大本営参謀の無責任さ (-.-) 
…………………………………………………………………………………………
「戦争体験者の証言」として、ノンフィクション作家の保阪正康さんのエッセーに
次のようにありました。

「Cさんは元高級軍人。
陸大出身の参謀で、ビルマ戦線やインパール作戦について自らの体験をもとに
『君だけに話す』と詳細にその作戦の内実を語って<れた。
誰が悪いとか善いとかの判断は、君が決めなさいと言ったうえで、声を強めて
『本当に無責任なのは大本営の参謀たちの職務姿勢にあった』と、
具体的に人物名を挙げてその無責任さを問うたのである。

その結論は「戦史を信用するな。
戦史の行間を読め」といい点にあった。」

毎日新聞2013.7.13朝刊の記事です。

これは私には驚きの事実です。
具体的な事実の内容はわかりませんが、
戦前と戦中の悲惨さやむごたらしさの原因が「大本営の参謀たちの無責任さ」に
少しでもあったとしたら、これは忘れてよい問題ではありません。

多くの人が傷つき、死に、そして親しい人との離別にもつながっているからです。

保阪さんは、東京新宿のあるカルチャ-センターで、16年余にわたり昭和史の講座を
続けています。
月に2回計3時間、3力月に6回の講座を一つのテーマで語り続けています。

「『なぜこんな若造の講座を聞きに来るのか』という私の問いに、

『昭和史を客観的に知りたい』
『なぜあんな愚かな戦争を始めたのかを理解して死にたい』
『昭和天皇の戦争の責任について自分なりに考えをまとめたい』

の3点の回答が最も多かった。」

いろいろな人が保阪さんに語りました。

「沖縄戦でその任務を全うした官僚の子息、戦前の大蔵省がいかに軍人に
恫喝されていたかを語った元官僚。

ガダル カナル戦で生き残ったがゆえの苦悩を語った元公務員、
国防婦人会役員を務めたことを恥じ続ける経営者夫人など…。

私は『戦争』の傷痕をこの講座で何度も確かめることができたのである。」

そしてこんな話もあります。

「Bさんはある全国紙の役員だった。

学徒兵としての生活の内容を詳し<教えて<れたが、戦争末期、幹部候補生としての日記に
非戦の思いを詳細に綴ったというのだ。

教官の退役将校に呼び出された。
暴力的制裁を受けると覚悟したら、その将校は、声を落として
「こんなことを書<なよ。おまえ、死んだらだめだぞ」と言い、
涙を浮かべてその日記を目の前で焼いたという。

その将校の息子は中国戦線で戦死していたそうだ。」

「Aさんはある老舗の企業グループ総帥だった経営者の夫人。
毎回、一番前の席に座り、私の話に耳を傾けた。

ある時、私に近づいてきて『戦時下、私は東京女子高等師範学校の数学科の学生でした。
勤労動員というのは大本営の一室に詰めることでした……」と言い、
その体験談を話した。

参謀が持ってくる情報に基づいて、とにか<計算を繰り返す日々だったという。
初めはそれが何かわからなかった。

やがてそれは本土に侵入してくる米軍の戦略爆撃機B29を迎撃する高射砲部隊の角度を
計算していることだとわかった。

『次第に数式の角度が鋭角になり、B29が低空で侵入してくるのがわかりました。
先生、この計算部隊の複雑な心情をぜひ書いて<ださい。
私たちの計算はどんな役割を果たしたのか、知りたいのです』と、
Aさんは繰り返していた。

墓前で、その約束を果たすことを誓ったが、今も果たしていない。」

私も戦争を知りません。
しかし、戦争のむごたらしさは想像できます。

事実を明らかにすること、とても大切です。
的確な想像には、正しい事実認識が何より求められます。(-.-)

最後までお読みくださってありがとうございました。

###############################################
株式会社ソフィア   平松 徹
品質ISO主任審査員  環境ISO主任審査員
中小企業診断士 社会保険労務士 行政書士 

〒270-2261 千葉県松戸市常盤平2-11-14
Tel 047-388-0191  Fax 047-393-8449
http://www.iso-hiramatsu.jp/index.html
メールアドレス to@iso-hiramatsu.jp
ブログ http://blog.livedoor.jp/iso_hiramatsu/
################################################

お問合せ: to@iso-hiramatsu.jp

このメールマガジンは、名刺交換をさせていただいた方に
発信させていただいております。

ご不快な思いをされた方は、大変恐縮ですが、
解除をお願いいたします。

大変申し訳ございません。m(__)m

▼登録/解除されたい方は、下記よりお願いいたします。
(解除の際は、アドレスをご確認ください)

 https://regssl.combzmail.jp/web/?t=fk03&m=ryic