バックナンバー

  (株)ソフィア メールマガジン http://www.iso-hiramatsu.jp/

□ 最新号

  『人生というストーリーの中で考...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  『人生というストーリーの中で...
『弱い人ほど傲慢になる』
白血病の話
40代女性の転職は、やはり厳...
『負けるが勝ち』
松戸宿坂川 河津桜まつり
遺伝子をスイッチオンにすると...
「先を見て歩く」19.3.6
トランプの長城??? 
この仕事にこの時給(給料)は...
フードバンク活動で頑張る浦添...
私はダメもとですが障害枠で試...
部長より、部員全員に突然1冊...
相撲界は村社会なのでしょうか...
『人に好かれようと思わない』
不本意な人事異動があったら 
「すき間時間」の活用がタイム...
去年、有給休暇を取りましたか...
『想像力を働かせる』 
不格好も結構、素敵 
兵庫県多可町の「一日ひと褒め...
会社情報を漏らすと・・・・ 
一隅を照らす人こそ、国の宝だ...
謹賀新年 19.1.1
一ヶ月の残業時間はどれくらい...
介護職の現実 
トランプさんの歴史的意味。 ...
『悲しい時は泣く』
残業が増えると生産性はなぜ低...
初出勤の日の思い出 (^-^...
『連勝より連敗しないことが大...
行動経済学ってご存知ですか?...
「有休の取得は月に2日まで」...
皆様、出勤時間どうしています...
ブレない貴景勝関 (^-^;...
病気で退職したら、3か月の給...
かかりつけ薬局ってご存知です...
「裏を見せ 表を見せて 散る...
有給休暇を消化しての退職。(...
効果的なリーダーシップと報連...
「時間管理はイメージ管理」 
働き方改革のデメリット 
朝のスタート、大切ですね。 ...
仕事を休むときのうまい理由 
「いけにえの子羊」(^-^;...
「検査不祥事」の原因 
「コメント」に返信しなくて申...
人生の「事実」と「真実」は違...
「いけにえの子羊」(^-^;...
ほんのちょっとの勇気」を持て...
視点を変えると人生が変わる。...
「戦争の体験があるから今があ...
「仰げば尊しわが師の恩」でし...
「ヒットラーの暗い影が見える...
「奉仕を通じて平和を」(^O...
「不格好も結構ステキ」( `...
あなたはその人を尊敬できてい...
タイムマネジメントは未来計画...
『いばらない』(>_<) 
『笑われることを怖れない』(...
「巧詐は拙誠に如かず」良い言...
人間にとって、原爆とは何だっ...
『人の言葉を見極める』(-_...
長崎には、静かな感動がありま...
長崎のコルベ師。身代わりの愛...
ウチのワンコ君、トリミングに...
メチャンコかわいい、大分駅の...
『大谷翔平選手の笑顔の力』(...
働き方改革パート1 「ワーク...
『第三者的な目で自分を見る』...
桜の花はないのに、人はいっぱ...
明日は「桜まつり」ですが・・...
『古い水をすてる』(^-^;...
『古い水をすてる』(^-^;
ゲーテと森鴎外に会えたライブ...
今年も桜満開です。(^-^;...
『今の状況に感謝する』(^-...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)ソフィア メールマガジン 2014.4.5発行 (毎週火、木、土曜日発行)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
…………………………………………………………………………………………
今日のテーマ
シスター渡辺和子の「苦しみが教えてくれる幸せ」。とても良いです。(-.-) 
…………………………………………………………………………………………
「飽食の時代、ものが溢れる中で生きている私たちは、
ものがあるのは当たり前と思っています。
『いつまでもあると思うな親と金』といいますが、失ってしまう前に、
あたりまえの価値に気付いてほしいのです。」

ベストセラーになった「置かれた場所で咲きなさい」の
ノートルダム清心女学園理事長のシスター渡辺和子の新しく出版された本、
「面倒だからしよう」の中の一節です。(幻冬舎刊 p89)

シスター渡辺和子は、あの226事件で襲われ射殺された渡辺錠太郎教育総監の娘さんです。
9歳のシスターも現場にいましたが、お父さんが彼女を、
立てかけてあった座卓の陰に隠してくれたことで、シスターは救われました。

本の続きです。
「ある卒業生が、三年ほど入院し、ようやく外出許可がもらえた時、
『今の私にはあたりまえがすべて輝いて見えます』という手紙を書いてくれました。
それは苦しみを通して、あたりまえはあたりまえではなく、
ありがたいものであることに気付き始めたのです。

今、有るものは有り難い、あることのむつかしいものだと気付いてほしいのです。
そうすると人間幸せになります。

幸せとはよいものに囲まれている時に存在するからです。
そして幸せは、客観的に何があるか、どういう状況にあるかだけでなくて、
それをありがたいと見るかどうかにかかっています。

あたりまえでなくて、ありがたいものだと気付けば、幸せの度合いは高まります。」
(同著 p90)

生きていること自体が、奇跡といっても良い。
当たり前のように、話し、行動し、食べたり飲んだり、
そして笑ったり泣いたりしています。
そのこと自体が、実はとても不思議なことです。
生きていること自体、奇跡といっても良い。

「往々にして苦しみは剌激となって、それまでの弛んでしまった自分に、
あたりまえを輝いたものとして見せてくれる効果を持っています。

苦しみそのものを決していいとは思いません。
しかし人間は不完全です。不完全な者には必ず苦しみがあります。
強い(本当に芯の強い、雪がどれほど積もっても、たわみこそすれ、 
折れない竹のような)人間になるためには、逃げないで苦しみを受け止め、
それを土台として、苦しみさえも愛せる愛への成長を遂げていくことが大切なのです。」(同著p90) 
(同著p90)

苦しみは、実は恵みであること、人生を通じて実感できてきます。
それで年輪が豊かに刻まれていきます。

この章の最後にありました。
「苦しみから逃げるのではなく、それをパネにできれば毎日はもっと輝いて見える。

あたりまえのことがありがたいものだと気付けば、幸せの度合いは高まる。」

その通りですね。(-.-)
しっかり納得できます。(^_^.)

最後までお読みくださってありがとうございました。

###############################################
株式会社ソフィア   平松 徹
品質ISO主任審査員  環境ISO主任審査員
中小企業診断士 社会保険労務士 行政書士 

〒270-2261 千葉県松戸市常盤平2-11-14
Tel 047-388-0191  Fax 047-393-8449
http://www.iso-hiramatsu.jp/index.html
メールアドレス to@iso-hiramatsu.jp
ブログ http://blog.livedoor.jp/iso_hiramatsu/
################################################

お問合せ: to@iso-hiramatsu.jp

このメールマガジンは、名刺交換をさせていただいた方に
発信させていただいております。

ご不快な思いをされた方は、大変恐縮ですが、
解除をお願いいたします。

大変申し訳ございません。m(__)m

▼登録/解除されたい方は、下記よりお願いいたします。
(解除の際は、アドレスをご確認ください)

 https://regssl.combzmail.jp/web/?t=fk03&m=ryic