バックナンバー

  WWJ地球環境メールマガジンEpsilon http://www.worldwatch-japan.org/

□ 最新号

  公開シンポジウム「 自然からの...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  公開シンポジウム「 自然から...
公開シンポジウム「 水産養殖...

他のバックナンバー

公開シンポジウム「 自然からの災害に備える 」(入場無料)

  発行日:2019年02月08日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
-----------------------------------------------------------
  ★★★ 【WWJ地球環境メールマガジンEpsilon 】
      http://www.worldwatch-japan.org
                             2019/02/08 号外
 ----------------------------------------------------------- 

公開シンポジウム
「自然からの災害に備える」

日時:平成31年3月9日(土)13:00〜17:30
場所:東京大学農学部弥生講堂 一条ホール
後援:東京大学大学院農学生命科学研究科 ワールドウォッチジャパン
    

趣旨: 近年、豪雨や大型台風の発生頻度が増す中で、昨年はこれまでで最も多くの台風が上陸し、
11月になっても発生するなど台風発生時期が長期化してきました。こうした極端気象の将来的な
甚大化の懸念に加えて地震災害、野生生物による被害の増加など、自然からの様々な災害に対して、
国土の保全を図り、農林水産業生産を安定的に維持し、さらには発展させていく方途について人々の
関心は高まっています。このシンポジウムでは、こうした自然からの災害に携わっておられる農業分野、
林業分野、水産分野の研究者および技術者の方々からの講演により、こうした災害の特徴、背景と要因に
ついて理解を深めるとともに防災・災害対策や復旧について総合的に議論することを目的とします。

 ■プログラム 
  総合司会                   (公財)農学会 常務理事   丹下  健
   13:00〜13:05   開会挨拶            (公財)農学会 会長   古谷  研
   13:05〜13:40  「複合災害に対峙する農業施設群による地域減災の実現」
              茨城大学農学部 地域総合農学科 教授                毛利 栄征
   13:40〜14:15  「農地・農業用施設の被災状況と災害復旧事業制度」
          農林水産省農村振興局整備部防災課 災害対策室長     香山 泰久
   14:15〜14:50  「深刻化する土砂災害にどう向き合うか?」
             東京大学大学院農学生命科学研究科 准教授        堀田 紀文
   14:50〜15:05  ・・・・ 休憩(15分)・・・・
   15:05〜15:40  「野生動物による農作物被害と異常気象」
             森林総合研究所 野生動物研究領域長            岡 輝樹
   15:40〜16:15  「災害に強い養殖業を目指して」
                東京大学生産技術研究所 教授             北澤 大輔
   16:15〜16:25  ・・・・ 休憩(10分)・・・・  
   16:25〜17:25   パネルディスカッション         パネリスト:上記講演者5名
                          司会進行:東京大学名誉教授  宮崎 毅 
   17:25〜17:30   閉会挨拶          日本農学アカデミー 会長 大政 謙治

<申込先>ワールドウォッチジャパン 伊藤 
Mail:wwj@boreas.dti.ne.jp
<締 切>2019年3月2日(土) 

当方のサイトのサーバーがサービスを停止しました。
現在、新たなサーバーを選定中で4月には、再開できる予定です。