バックナンバー

  WWJ地球環境メールマガジンEpsilon http://www.worldwatch-japan.org/

□ 最新号

  公開シンポジウム[鳥獣害 ―野...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  公開シンポジウム[鳥獣害 ―...
公開シンポジウム「食料は足り...
特別頒布『 地球白書 201...
公開シンポジウム「食と健康―...
公開シンポジウム「 食料は足...
地球白書要約 17−17
地球白書要約 17−16
地球白書要約 17−15
地球白書要約 17−14
地球白書要約 17−13
地球白書要約 17−12
地球白書要約 17−11
地球白書要約 17−10
地球白書要約 17−9
地球白書要約 17−8
地球白書要約 17−7
地球白書要約 17−6
地球白書要約 17−5
地球白書要約 17−4
地球白書要約 17−3
地球白書要約 17−2
地球白書要約 17−1
公開シンポジウム(入場無料)
メルマガ読者に予約限定特別頒...
公開シンポジウム(入場無料)
シンポジウムのお知らせ
メルマガ読者に予約限定特別頒...
公開シンポジウム(入場無料)
メルマガ読者に予約限定特別頒...
レポート:いっそう逼迫するで...
訂正
レポート:いっそう逼迫するで...
シンポジウムのお知らせ
レポート:米国における原子力...
レポート:米国における原子力...
シンポジウムのお知らせ
再送信シンポジウムのお知らせ
シンポジウムのお知らせ
シンポジウムのお知らせ
メルマガ読者に予約限定特別頒...
お知らせ:シンポジウムのお知...
●レポート:広がる農地収奪
レポート:気候変動緩和に向け...
メルマガ読者に限定特別頒布「...
レポート:世界の水力発電は底...
脱原発宣言とランドスケープ(...
レポート:脱原発宣言とランド...
世界的に原発の見直しが進む(...
世界的に原発の見直しが進む(...
5月11日配信のメルマガの訂...

レポート:世界の水力発電は底堅く増加

  発行日:2012年07月20日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
-----------------------------------------------------------
 ★★★ 【WWJ地球環境メールマガジンEpsilon 】
    http://www.worldwatch-japan.org
                            2012/7/20 76号  
目次:
●レポート:アースポリシー研究所から

-----------------------------------------------------------

Eco-Economic Indicator

■世界の水力発電は底堅く増加
by Hayley Moller

関連グラフ
http://www.worldwatch-japan.org/graph03.html

 世界の水力発電量はこの40年にわたり、年平均で3%という安定した増加を続けてきた。
2011年でみれば、水力発電量は3兆5000億kWhで、世界の総発電量の16%前後を占めていて、
そのほとんどは4万5000を上回る大ダムによるものである。今日、水力発電を行っている
国は160を上回る。

★図1 世界の水力発電量(1965―2011)

 なかでも、中国・ブラジル・カナダ・中国の4か国で世界の水力発電量の半分以上を
占めている。

★図2 国別の水力発電量(2011)

 世界の水力発電量の近年の増加分の多くは中国によるものである。同国では2000年に
2200億kWhであったが、2010年には7200億kWhに増加している。尚、2011年は干ばつにより
若干減少したが、水力は同国の総発電量の15%を占めている。

★図3 中国の水力発電量(1965―2011)

 中国に続く世界第2位はブラジルであり、水力は同国の総発電量の86%を占めていて、
年間総発電量920億kWhという世界最大のイタイプダムをはじめ450基のダムがあると
みられている。

 続くカナダは475基のダムによって、同国の総発電量の62%を水力が占めている。豊富な
電力はアメリカへ毎年500億kWh前後が売電されている。これは、アメリカの400万強の
標準的世帯の消費電力を賄うに十分な量である。

 世界第4位のアメリカは大半のダムが1980年以前に建設されたものであり、ここ数十年、
目立った増減はない。たとえば、コロラド川にある同国最大のグランドクーリーダムは
1942年に完成している。今日の同国の総発電量に占める水力のシェアは7%を上回る程度で
ある。欧州連合(EU)もほぼ同様の状況にあって、ここ30年の水力発電容量の年増加率は
1%に満たない。2011年、EUの総発電量に占める水力のシェアは9.5%である。

★図4 アメリカとEUの水力発電容量(1980―2009)

 世界第7位のノルウェーにおいては、総発電量に占める水力のシェアは極めて大きく95%
に及んでいる。同様に水力のシェアが際立って高いのは、100%のパラグアイ、88%のエチオピア、
68%のベネズエラなどである。アフリカの数か国およびアジアの小国にあっては、このシェア
が実質的に100%ともいえるブータン・コンゴ民主共和国・レソト・モザンビーク・ネパール・
ザンビアなどがある。

★図5 総発電量に占める水力のシェアが大きい10か国(2011)

 大ダムは中国とブラジルを中心に、エチオピア・マレーシア・トルコなどで増設されているが、
潮力発電や波力発電、あるいは小水力発電といった流体力学に基づく発電方式も大きな可能性を
有している。

 潮力発電ではフランスのラランセ潮堰ダムが最大発電容量24万kWで、1966年に稼動を開始、
現在も稼動中である。韓国では2011年8月に25万4000kWのプロジェクトが完成し、同国西海岸
の50万人に電力を供給できる。ニュージランドでは最近、新たなプロジェクトが承認された。

 波力発電も世界の技術者と投資家の注目を集めている。フランス・スコットランド・
スウェーデンなどの発電装置も、こうしたブームを後押ししている。世界エネルギー会議
の推定によれば、波力発電は最大で100億kWの発電容量を可能にする。これは、現在の世界
の総発電容量の2倍を上回るものである。

(次回配信予定 8月10日)

____________________________________  

今後、ワールドウォッチジャパンからのシンポジウム案内やお知らせが
ご不要な 方はお手数ですが、
 http://www.worldwatch-japan.org/EPSILON/
上記URLから解除してください。
ご質問やご意見などは webmaster@worldwatch-japan.org までお願い致します。 
 転載については上記までご相談下さい。尚、Webサイトはリンクフリーですので、  
WEBやblogをお持ちでしたらリンクして頂ければ幸いです。
 amazonアフェリエイトを利用しています。
 ■WorldWatch-Japan http://www.worldwatch-japan.org/
 ■配信停止・アドレス変更 http://www.worldwatch-japan.org/EPSILON/