バックナンバー

  WWJ地球環境メールマガジンEpsilon http://www.worldwatch-japan.org/

□ 最新号

  公開シンポジウム[鳥獣害 ―野...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  公開シンポジウム[鳥獣害 ―...
公開シンポジウム「食料は足り...
特別頒布『 地球白書 201...
公開シンポジウム「食と健康―...
公開シンポジウム「 食料は足...
地球白書要約 17−17
地球白書要約 17−16
地球白書要約 17−15
地球白書要約 17−14
地球白書要約 17−13
地球白書要約 17−12
地球白書要約 17−11
地球白書要約 17−10
地球白書要約 17−9
地球白書要約 17−8
地球白書要約 17−7
地球白書要約 17−6
地球白書要約 17−5
地球白書要約 17−4
地球白書要約 17−3
地球白書要約 17−2
地球白書要約 17−1
公開シンポジウム(入場無料)
メルマガ読者に予約限定特別頒...
公開シンポジウム(入場無料)
シンポジウムのお知らせ
メルマガ読者に予約限定特別頒...
公開シンポジウム(入場無料)
メルマガ読者に予約限定特別頒...
レポート:いっそう逼迫するで...
訂正
レポート:いっそう逼迫するで...
シンポジウムのお知らせ
レポート:米国における原子力...
レポート:米国における原子力...
シンポジウムのお知らせ
再送信シンポジウムのお知らせ
シンポジウムのお知らせ
シンポジウムのお知らせ
メルマガ読者に予約限定特別頒...
お知らせ:シンポジウムのお知...
●レポート:広がる農地収奪
レポート:気候変動緩和に向け...
メルマガ読者に限定特別頒布「...
レポート:世界の水力発電は底...
脱原発宣言とランドスケープ(...
レポート:脱原発宣言とランド...
世界的に原発の見直しが進む(...
世界的に原発の見直しが進む(...
5月11日配信のメルマガの訂...

メルマガ読者に予約限定特別頒布

  発行日:2014年06月06日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
-----------------------------------------------------------
 ★★★ 【WWJ地球環境メールマガジンEpsilon 】
    http://www.worldwatch-japan.org
                            2014/6/5 号外
----------------------------------------------------------- 

目次:
●書籍紹介:『レスター・ブラウン自伝――人類文明の存続を目指して』


 ●特別頒布対象書籍:『レスター・ブラウン自伝――人類文明の存続を目指して』
 ISBN978-4-948754-47-8
発行日 2014年6月25日
 
▲▼予約特別頒布▲▼

『レスター・ブラウン自伝――人類文明の存続を目指して』
 税込2,970円を
 2,500円(送料・税込)にて限定特別頒布。


<目 次>
第1章 農務長官に注目された駆出しの農業分析官――レスター・ブラウン
第2章 貧しいながらも堅実な農家に育つ――本、とくに伝記が好きで偉人をめざす
第3章 私が17歳、弟が14歳でトマト生産に没頭する――収益でフォードの
   新品トラクターを購入
第4章 ラトガーズ大学で農業理学を専攻する――農学部は人類文明の存続に貢献できる
第5章 インドの農村にて研修生活を送る――あまりにも多い人口、あまりにも
   狭い農地
第6章 インドの大干ばつをアメリカ産コムギで救う――延べ600 隻で
   1000万トンを緊急輸送
第7章 農務省の最年少局長を辞してシンクタンクへ移る――ニクソン政権を
   忌避して研究と執筆に専念
第8章 ワールドウォッチ研究所を創設する――世界中で翻訳された年次刊行物
   『地球白書』
第9章 環境情報で世界をリードするワールドウォッチ研究所──メディアとの
   協働をなにより重視
第10章 「中国は遠からず大量の穀物輸入を必要とする!」――私の予測をめぐる
   中国政府筋との論争
第11章 アースポリシー研究所を創設する――持続可能な世界をめざして
   『プランB』を提案
第12章 人類文明存続のために、『プランB』を世界に浸透させる――翻訳出版、
   海外講演ツァー、テレビ出演
第13章 回 想――「引退せず、心身の許すかぎり思考し、発信するのが目標です」

▲はじめに▲
自伝を書くということは、多くの問いかけをするということです。私は何者なのか なにを
成し遂げたのか? だれが、どのような状況が、人としての私の成長に影響を及ぼした
のか? どうやって、私はいまの地点にまで到ったのだろうか? なぜ、私はこの本を
書いているのだろうか? 

最後の問いから始めると、自伝を書くというアイデアは、20年ほど前、W・W・ノートン&
カンパニー社の故イヴァ・アシュナーが、初めて提案してくれました。その後、同社の
エイミー・チェリーが再びその案を持ちかけてくれたのです。私は、その申し出に躊躇
していました。自伝を書くことで、世界が果たして望ましい方向に転じるのか、確信が
まったく持てなかったのです。

2010年秋のある晩、旧友のシンジケート・コラムニストであるジョージー・アン・
ガイヤーは、夕食の席でこう切り出しました。「あなたは自伝を書くべきです。自伝に
よって、人々はあなたの考えていることだけでなく、あなたが、なぜ、そのように考える
に至ったのか、もっと深く理解できるようになるでしょう」と。転機は、このときの
彼女との会話でした。2012年12月、アースポリシー研究所の年次理事会で、私は
自伝を書くことについて、意見を求めました。皆が快くその考えに賛成してくれ、これで
決まりました。

(中略)

とにかく、私は人生の本質をとらえようと努力しました。大恐慌のまっただなかから
始まり、人類史上に類を見ない変化の時代と重なった人生です。この人生によって、
私は世界のさまざまな場所を訪れ、ふつうなら見ることのできないような世界と出合う
ことができました。地球の裏側のインドの農村で暮らし、一方で各国の首脳と食事を
ともにする――そんな経験をしたのです。この本を書く目的は、こうした私の体験を、
読者の皆さんと分かち合うことなのです。

―アースポリシー研究所 所長 レスター・ブラウン―


*1.申し込み
ご住所・ご芳名・郵便番号をご明記の上、下記にメール下さい
wwj@boreas.dti.ne.jp

2.着信後、ご確認のメール発信後、発送

3.お支払は同梱の「払込取扱票」にて、ゆうちょ銀行または郵便局の払込機能付
ATMから払込み下さい。また、銀行口座からもお振込み頂けます。

 
(株)ワールドウォッチジャパン
担当 伊藤

____________________________________  

今後、ワールドウォッチジャパンからのシンポジウム案内やお知らせが
ご不要な 方はお手数ですが、
 http://www.worldwatch-japan.org/EPSILON/
上記URLから解除してください。
ご質問やご意見などは webmaster@worldwatch-japan.org までお願い致します。 
 転載については上記までご相談下さい。尚、Webサイトはリンクフリーですので、  
WEBやblogをお持ちでしたらリンクして頂ければ幸いです。
 amazonアフェリエイトを利用しています。
 ■WorldWatch-Japan http://www.worldwatch-japan.org/
 ■配信停止・アドレス変更 http://www.worldwatch-japan.org/EPSILON/