バックナンバー

  WWJ地球環境メールマガジンEpsilon http://www.worldwatch-japan.org/

□ 最新号

  公開シンポジウム「食料は足りる...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

      My Yahoo!に追加

□ これまでの発行号

  公開シンポジウム「食料は足り...
特別頒布『 地球白書 201...
公開シンポジウム「食と健康―...
公開シンポジウム「 食料は足...
地球白書要約 17−17
地球白書要約 17−16
地球白書要約 17−15
地球白書要約 17−14
地球白書要約 17−13
地球白書要約 17−12
地球白書要約 17−11
地球白書要約 17−10
地球白書要約 17−9
地球白書要約 17−8
地球白書要約 17−7
地球白書要約 17−6
地球白書要約 17−5
地球白書要約 17−4
地球白書要約 17−3
地球白書要約 17−2
地球白書要約 17−1
公開シンポジウム(入場無料)
メルマガ読者に予約限定特別頒...
公開シンポジウム(入場無料)
シンポジウムのお知らせ
メルマガ読者に予約限定特別頒...
公開シンポジウム(入場無料)
メルマガ読者に予約限定特別頒...
レポート:いっそう逼迫するで...
訂正
レポート:いっそう逼迫するで...
シンポジウムのお知らせ
レポート:米国における原子力...
レポート:米国における原子力...
シンポジウムのお知らせ
再送信シンポジウムのお知らせ
シンポジウムのお知らせ
シンポジウムのお知らせ
メルマガ読者に予約限定特別頒...
お知らせ:シンポジウムのお知...
●レポート:広がる農地収奪
レポート:気候変動緩和に向け...
メルマガ読者に限定特別頒布「...
レポート:世界の水力発電は底...
脱原発宣言とランドスケープ(...
レポート:脱原発宣言とランド...
世界的に原発の見直しが進む(...
世界的に原発の見直しが進む(...
5月11日配信のメルマガの訂...
●レポート:揺らぐ、アラブ諸...

地球白書要約 17−7

  発行日:2015年04月06日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
-----------------------------------------------------------
 ★★★ 【WWJ地球環境メールマガジンEpsilon 】
     http://www.worldwatch-japan.org
                            2015/4/6 89号
-----------------------------------------------------------

目次:地球白書要約 17−7


去る1月28日に『 地球白書 2012-13:持続可能で心豊かな社会経済を目指して』
(本年2月25日刊)の目次をお伝えしました。今回より、全17章の章別サマリーを
17回にわたり配信致します。尚、末尾のように同書の特別頒布も再開致します。
(次回第8章配信予定日2015年4月8日: 前回第6章配信日2015年4月3日)

<第7章>企業を変革する

Reinventing the Corporation

 今日、金融・非金融のいずれの企業行動にも、かつてない厳しい目が注がれている。
この10年ほどで、金融部門では不安定さと構造的リスクにより、業界対応の欠陥が浮彫り
となった。
 「銀行の自己資本を適正に規制する事に失敗」、「高リスクのデリバティブ取引の際限
なき拡大」、「商業銀行と投資銀行の業態間の相互参入を認めた事による、社会的影響」
――いずれも、世界金融市場の不安定化につながった。「金融部門に集中する富と利益は、
世界市場で不当に強大な力となっている」との世論が高まり、金融機関や監督官庁の信用
は失墜した。金融機関が「大きすぎて、つぶせない」存在にならないように、あるいは
そうした存在となる事を禁止するために、金融部門への再編圧力が高まった。

 金融機関が「大きすぎて、つぶせない」と形容されるようになったのは、国内外の経済
市場で自ら構造的リスクを生み出したからである。この新たな状況が明らかにしたのは、
失敗の最終的リスクは投資家ではなく、企業の受入国の納税者が負わされるという事で、
しかもEUにあっては、全地域でそれが当てはまるという事実である。

 実体経済と呼ばれる製造業や非金融サービスを扱う企業も、市民の信頼を失いつつある。
欧米の多くの国、そして日本では深刻な不況が長引き、製造業が徐々に空洞化し、社会の
セーフティー・ネットが脅かされて、企業への不信感が高まっている。

 多国籍企業は肥大化を続け、市場と政治への影響力は増大している。金融、自動車
、医薬品、メディア、食品業界等は、少数の世界的大企業に統合されつつある。企業の
成長は株価や1株当たりの収益等で判断され、社会的価値からは疑わしい決定が行われて
いる。
 例えば「短期的な利益のための強引な企業買収」、「当面の利益確保優先、研究開発費
の先送り」、「従業員平均賃金に比べ極めて巨額な役員報酬」、「ストックオプションに
過度に依存し、長期的利益よりも目先の株価に執着」等である。結果、多国籍企業は労働者
やコミュニティや環境に、果たすべき長期的貢献をしていない。本来、企業が目指すべき
は、人間及び生態系のウェルビーイングの双方が尊重される、公正で持続可能な未来で
あるはずだ。

著者:Allen L. White is vice president and senior fellow at the Tellus Institute.
 Monica Baraldi of the University of Bologna in Italy is a fellow at the Institute.

▲▼特別頒布▲▼
ワールドウォッチ研究所
『地球白書 2012-13:持続可能で心豊かな社会経済を目指して』
  本体価格 ¥3000円を
 2,750円(送料・税込)にて限定特別頒布。

*1.申し込み
 ご住所・ご芳名・郵便番号をご明記の上、下記にメール下さい
wwj@boreas.dti.ne.jp

2.着信後、ご確認のメール発信後、発送

3.お支払は同梱の「払込取扱票」にて、ゆうちょ銀行または郵便局の払込機能付
 ATMから払込み下さい。また、銀行口座からもお振込み頂けます。



(株)ワールドウォッチジャパン
担当 伊藤

 ____________________________________ 

今後、ワールドウォッチジャパンからのシンポジウム案内やお知らせが
 ご不要な 方はお手数ですが、
 http://www.worldwatch-japan.org/EPSILON/
上記URLから解除してください。
ご質問やご意見などは webmaster@worldwatch-japan.org までお願い致します。
  転載については上記までご相談下さい。尚、Webサイトはリンクフリーですので、
 
WEBやblogをお持ちでしたらリンクして頂ければ幸いです。
  amazonアフェリエイトを利用しています。
  ■WorldWatch-Japan http://www.worldwatch-japan.org/
 ■配信停止・アドレス変更 http://www.worldwatch-japan.org/EPSILON/