バックナンバー

  WWJ地球環境メールマガジンEpsilon http://www.worldwatch-japan.org/

□ 最新号

  公開シンポジウム「食料は足りる...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

      My Yahoo!に追加

□ これまでの発行号

  公開シンポジウム「食料は足り...
特別頒布『 地球白書 201...
公開シンポジウム「食と健康―...
公開シンポジウム「 食料は足...
地球白書要約 17−17
地球白書要約 17−16
地球白書要約 17−15
地球白書要約 17−14
地球白書要約 17−13
地球白書要約 17−12
地球白書要約 17−11
地球白書要約 17−10
地球白書要約 17−9
地球白書要約 17−8
地球白書要約 17−7
地球白書要約 17−6
地球白書要約 17−5
地球白書要約 17−4
地球白書要約 17−3
地球白書要約 17−2
地球白書要約 17−1
公開シンポジウム(入場無料)
メルマガ読者に予約限定特別頒...
公開シンポジウム(入場無料)
シンポジウムのお知らせ
メルマガ読者に予約限定特別頒...
公開シンポジウム(入場無料)
メルマガ読者に予約限定特別頒...
レポート:いっそう逼迫するで...
訂正
レポート:いっそう逼迫するで...
シンポジウムのお知らせ
レポート:米国における原子力...
レポート:米国における原子力...
シンポジウムのお知らせ
再送信シンポジウムのお知らせ
シンポジウムのお知らせ
シンポジウムのお知らせ
メルマガ読者に予約限定特別頒...
お知らせ:シンポジウムのお知...
●レポート:広がる農地収奪
レポート:気候変動緩和に向け...
メルマガ読者に限定特別頒布「...
レポート:世界の水力発電は底...
脱原発宣言とランドスケープ(...
レポート:脱原発宣言とランド...
世界的に原発の見直しが進む(...
世界的に原発の見直しが進む(...
5月11日配信のメルマガの訂...
●レポート:揺らぐ、アラブ諸...

地球白書要約 17−8

  発行日:2015年04月08日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
-----------------------------------------------------------
 ★★★ 【WWJ地球環境メールマガジンEpsilon 】
     http://www.worldwatch-japan.org
                            2015/4/8 90号
-----------------------------------------------------------

目次:地球白書要約 17−8

去る1月28日に『 地球白書 2012-13:持続可能で心豊かな社会経済を目指して』
(本年2月25日刊)の目次をお伝えしました。今回より、全17章の章別サマリーを
17回にわたり配信致します。尚、末尾のように同書の特別頒布も再開致します。
(次回第9章配信予定日2015年4月10日: 前回第7章配信日2015年4月6日)

<第8章>持続可能性のガバナンスに向けた、新たな国際機関の構造

A New Global Architecture for Sustainability Governance

 1972年に創設された国連環境計画(UNEP)には、地球環境の調査とその結果に基づく
修復と保全、政策的選択肢の提供、環境に関する認識の普及と活動の推進、国連組織内の
環境活動の調整、各国の能力の開発等の使命が課されていた。当時、環境問題へのより
良い成果を得るにあたって、UNEPは他の国連システムの強みを活用できる面から、敏速性
や適時性、適応性に富んだ効率の優れた機関と評価されていた。

 創設されて40余年、この間に、環境的状況及び政治的状況のいずれにおいても、様相は
一層複雑さを増したのだが、基本的な構造上の疑問は手付かずで取り残されてきた。

 それは、「持続可能性に向けての、国際的組織の最適な構造とは、いかなるものか」と
いう疑問である。

 さらに地政学的背景や環境的課題、そしてグローバルな集団決定を下す緊急性に重大な
変化があったにもかかわらず、UNEP創設にあたっての基本的な構想・機能・形態に関して
は、特段の変革もなく今日に至っている。

 UNEPの立案者たちは、国連システムにおける数多くの機関を、連携した環境行動にどの
ようにして向かわせるかについて、格別の見識を示してきた。UNEPをどのようにして強化
するか、あるいは補助機関から専門機関へと移行させるかについて、加盟国が熟慮するに
あたっては、UNEPが既に持っている力量、過去に経験した成功例と課題事項、そして全て
の障害や制約の根本原因を理解する事が重要である。

 委託された権限を、UNEPが一層、強力に行使できるようにする、つまり成果を上げられる
ようにするためには、単に新しい名称(例えば、世界環境機関や国際環境機関等)を与え
ても、それは全体として不十分なものでしかないであろう。この組織の内的な、あるいは
外的な看過できない弱点を修正してゆく事が、より効果的で長期永続的な結果につながる
のであろう。

著者:Maria Ivanova is assistant professor of Global Governance at theMcCormack
 Graduate School of Policy and Global Studies at the University of Massachusetts
 Boston.

▲▼特別頒布▲▼
ワールドウォッチ研究所
『地球白書 2012-13:持続可能で心豊かな社会経済を目指して』
  本体価格 ¥3000円を
 2,750円(送料・税込)にて限定特別頒布。

*1.申し込み
 ご住所・ご芳名・郵便番号をご明記の上、下記にメール下さい
wwj@boreas.dti.ne.jp

2.着信後、ご確認のメール発信後、発送

3.お支払は同梱の「払込取扱票」にて、ゆうちょ銀行または郵便局の払込機能付
 ATMから払込み下さい。また、銀行口座からもお振込み頂けます。



(株)ワールドウォッチジャパン
担当 伊藤

 ____________________________________ 

今後、ワールドウォッチジャパンからのシンポジウム案内やお知らせが
 ご不要な 方はお手数ですが、
 http://www.worldwatch-japan.org/EPSILON/
上記URLから解除してください。
ご質問やご意見などは webmaster@worldwatch-japan.org までお願い致します。
  転載については上記までご相談下さい。尚、Webサイトはリンクフリーですので、
 
WEBやblogをお持ちでしたらリンクして頂ければ幸いです。
  amazonアフェリエイトを利用しています。
  ■WorldWatch-Japan http://www.worldwatch-japan.org/