バックナンバー

  WWJ地球環境メールマガジンEpsilon http://www.worldwatch-japan.org/

□ 最新号

  公開シンポジウム[鳥獣害 ―野...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  公開シンポジウム[鳥獣害 ―...
公開シンポジウム「食料は足り...
特別頒布『 地球白書 201...
公開シンポジウム「食と健康―...
公開シンポジウム「 食料は足...
地球白書要約 17−17
地球白書要約 17−16
地球白書要約 17−15
地球白書要約 17−14
地球白書要約 17−13
地球白書要約 17−12
地球白書要約 17−11
地球白書要約 17−10
地球白書要約 17−9
地球白書要約 17−8
地球白書要約 17−7
地球白書要約 17−6
地球白書要約 17−5
地球白書要約 17−4
地球白書要約 17−3
地球白書要約 17−2
地球白書要約 17−1
公開シンポジウム(入場無料)
メルマガ読者に予約限定特別頒...
公開シンポジウム(入場無料)
シンポジウムのお知らせ
メルマガ読者に予約限定特別頒...
公開シンポジウム(入場無料)
メルマガ読者に予約限定特別頒...
レポート:いっそう逼迫するで...
訂正
レポート:いっそう逼迫するで...
シンポジウムのお知らせ
レポート:米国における原子力...
レポート:米国における原子力...
シンポジウムのお知らせ
再送信シンポジウムのお知らせ
シンポジウムのお知らせ
シンポジウムのお知らせ
メルマガ読者に予約限定特別頒...
お知らせ:シンポジウムのお知...
●レポート:広がる農地収奪
レポート:気候変動緩和に向け...
メルマガ読者に限定特別頒布「...
レポート:世界の水力発電は底...
脱原発宣言とランドスケープ(...
レポート:脱原発宣言とランド...
世界的に原発の見直しが進む(...
世界的に原発の見直しが進む(...
5月11日配信のメルマガの訂...

地球白書要約 17−9

  発行日:2015年04月10日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
-----------------------------------------------------------
 ★★★ 【WWJ地球環境メールマガジンEpsilon 】
     http://www.worldwatch-japan.org
                            2015/4/10 91号
-----------------------------------------------------------

目次:地球白書要約 17−9

去る1月28日に『 地球白書 2012-13:持続可能で心豊かな社会経済を目指して』
(本年2月25日刊)の目次をお伝えしました。今回より、全17章の章別サマリーを
17回にわたり配信致します。尚、末尾のように同書の特別頒布も再開致します。
(次回第10章配信予定日2015年4月13日: 前回第8章配信日2015年4月8日)

<第9章>90 億人到達前に、人口増加を止める9つの戦略

Nine Population Strategies to Stop Short of 9 Billion

 政策立案者もメディアもまず言及しないが、世界人口を90億人到達前に、減少に転じる
有効な対策がある。それは、《必要とする全ての人への、安全で効果的な避妊具への
アクセス確保》《女子を差別しない初・中等教育の保証》《法律・経済機会・保健衛生・
文化における性差別解消》《年齢に応じた性教育の広範な実施》《子供の数に基づき両親
へ金銭的報酬を与える政策の廃止》《人口・環境・発展の相互関係の授業導入》《環境負荷
を反映した価格体系確立》《高齢化先送りのための出生奨励策から、高齢化適応策への
転換》《「人権確立と人間開発実施を通した人口増加の終結」を目指す国際的合意の確立》
等の事である。

 貧困層の子孫は、人並みに消費を拡大する経済発展を期待するはずである。従って、
将来人口が少なければ、その世代による気候・環境・自然資源への負荷が小さい事になり、
これは世界のウェルビーイングにとって、マイナス面のないシナリオである。

 死亡率上昇による人口増加の早期終結を望む人は、道徳的にはいない。しかし、気候
変動・食料生産・エネルギー供給の動向から、可能性がないわけではない。個人の出産を
制限する政策は、十分な世論の支持は得られないであろう。しかし、健康で教育を受け
経済活動に積極的に従事している人々、とりわけ女性と少女を支援する政策を通して、
出生率を大幅に低下させる方法は、世界での多様な実践によって明示されている。

 途上国において、避妊具への女性のアクセス確保に必要とされる家族計画と関連する
妊産婦と子供の医療サービスには、毎年、約246億ドルを要している。一方、世界では
毎年、約420億ドルがペットフードに費やされている。

 数十年前、先進国及び途上国の大統領や首相が、自らの責務は人口増加抑制にあると
表明するのは珍しい事ではなかった。現在は当時の2倍の人口が、以前よりも高水準の
生活を求めている。従って、政治指導者が人口増加を終結させる重要性を、敢えて認める
事は、従来になく重要である。しかし、メディア界や市民社会は幾分か異なるのであろうが、
様々な理由から、「人口問題」は政治や国際社会にあってはタブーとなっている。

著者:Robert Engelman is president of Worldwatch Institute.

▲▼特別頒布▲▼
ワールドウォッチ研究所
『地球白書 2012-13:持続可能で心豊かな社会経済を目指して』
  本体価格 ¥3000円を
 2,750円(送料・税込)にて限定特別頒布。

*1.申し込み
 ご住所・ご芳名・郵便番号をご明記の上、下記にメール下さい
wwj@boreas.dti.ne.jp

2.着信後、ご確認のメール発信後、発送

3.お支払は同梱の「払込取扱票」にて、ゆうちょ銀行または郵便局の払込機能付
 ATMから払込み下さい。また、銀行口座からもお振込み頂けます。



(株)ワールドウォッチジャパン
担当 伊藤

 ____________________________________ 

今後、ワールドウォッチジャパンからのシンポジウム案内やお知らせが
 ご不要な 方はお手数ですが、
 http://www.worldwatch-japan.org/EPSILON/
上記URLから解除してください。
ご質問やご意見などは webmaster@worldwatch-japan.org までお願い致します。
  転載については上記までご相談下さい。尚、Webサイトはリンクフリーですので、
 
WEBやblogをお持ちでしたらリンクして頂ければ幸いです。
  amazonアフェリエイトを利用しています。
  ■WorldWatch-Japan http://www.worldwatch-japan.org/
 ■配信停止・アドレス変更 http://www.worldwatch-japan.org/EPSILON/