バックナンバー

  WWJ地球環境メールマガジンEpsilon http://www.worldwatch-japan.org/

□ 最新号

  公開シンポジウム[鳥獣害 ―野...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  公開シンポジウム[鳥獣害 ―...
公開シンポジウム「食料は足り...
特別頒布『 地球白書 201...
公開シンポジウム「食と健康―...
公開シンポジウム「 食料は足...
地球白書要約 17−17
地球白書要約 17−16
地球白書要約 17−15
地球白書要約 17−14
地球白書要約 17−13
地球白書要約 17−12
地球白書要約 17−11
地球白書要約 17−10
地球白書要約 17−9
地球白書要約 17−8
地球白書要約 17−7
地球白書要約 17−6
地球白書要約 17−5
地球白書要約 17−4
地球白書要約 17−3
地球白書要約 17−2
地球白書要約 17−1
公開シンポジウム(入場無料)
メルマガ読者に予約限定特別頒...
公開シンポジウム(入場無料)
シンポジウムのお知らせ
メルマガ読者に予約限定特別頒...
公開シンポジウム(入場無料)
メルマガ読者に予約限定特別頒...
レポート:いっそう逼迫するで...
訂正
レポート:いっそう逼迫するで...
シンポジウムのお知らせ
レポート:米国における原子力...
レポート:米国における原子力...
シンポジウムのお知らせ
再送信シンポジウムのお知らせ
シンポジウムのお知らせ
シンポジウムのお知らせ
メルマガ読者に予約限定特別頒...
お知らせ:シンポジウムのお知...
●レポート:広がる農地収奪
レポート:気候変動緩和に向け...
メルマガ読者に限定特別頒布「...
レポート:世界の水力発電は底...
脱原発宣言とランドスケープ(...
レポート:脱原発宣言とランド...
世界的に原発の見直しが進む(...
世界的に原発の見直しが進む(...
5月11日配信のメルマガの訂...

地球白書要約 17−10

  発行日:2015年04月13日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
-----------------------------------------------------------
 ★★★ 【WWJ地球環境メールマガジンEpsilon 】
     http://www.worldwatch-japan.org
                            2015/4/13 92号
-----------------------------------------------------------

目次:地球白書要約 17−10

去る1月28日に『 地球白書 2012-13:持続可能で心豊かな社会経済を目指して』
(本年2月25日刊)の目次をお伝えしました。今回より、全17章の章別サマリーを
17回にわたり配信致します。尚、末尾のように同書の特別頒布も再開致します。
(次回第11章配信予定日2015年4月15日: 前回第9章配信日2015年4月10日)

<第10章>見せかけだけのエコから、真に持続可能な建築物へ

From Light Green to Sustainable Building
 都会であれ田舎であれ、人は建築環境の中で暮らしている。建設部門は、淡水総使用量の
12%をはじめ、世界の資源消費総量の少なくとも3分の1を占める。エネルギー生産量の
約25〜40%が建築物の建設や運用で消費され、二酸化炭素の総排出量では約30〜40%を
占める。また、固形廃棄物の30〜40%が建設から発生する。経済面では、建設部門は世界
総生産の約10%を占め、建築物は公的・私的資産の大きな割合を占める。近年、世界で
連鎖的に生じた経済破綻でわかるように、金融市場の安定は、担保となる不動産の長期的
価値と関連する。雇用では、建設部門は維持管理も含めると国家レベルで雇用創出の
5〜10%を占める。

 世界では、途上国を中心に都市化が進んでいる。現在の趨勢が続けば、2030年には都市
人口は約14億人増加し、うち途上国が13億人を占める。増加人口は住宅やサービス、雇用
を必要とするようになり、つまりは新たな建築物が必要となる。今後、地球上ではかつて
ないほどの建設が行われるだろう。これらの建築物全てが、長期的な影響力を有する。

 市場への影響は未だ僅かとはいえ、「環境配慮型の建築物」が流行するようになった。
だが、近年あらゆるものが猛烈に「環境配慮型」として売り込まれているために、「真に
持続可能な建築物」と、建設業者や資金供給者による、エコに見せかけた「グリーン・
ウォッシュ建築物」との判断が、購入者には極めて困難になっている。

 「真に持続可能な建築物」は、単に「環境に配慮している」事ではすまない。屋根に
ソーラーパネルのある新築家屋は「エコ住宅」に見えるかもしれないが、家族の通勤・
通学や買い物のために車が何台必要になるのだろうか? 公共交通機関はあるのだろうか?

 壁材にはどのような木が使われて、どのような処理がなされているのだろうか? 
 
 この家の給湯器や電化製品に、どれだけのエネルギーが必要なのだろうか? その
エネルギーは石炭の燃焼で得るのだろうか? ソーラーパネルはそのエコ住宅に必要な
だけの、あるいは余剰電力までも発電できるのだろうか? 建築主は、居住地域外の
地目で建築許可を取得するために、地元政治家に金銭を渡しはしなかったのだろうか?

 建設労働者のための保険には加入していたのだろうか?――厄介な質問のリストは続く。

著者:Kaarin Taipale is a visiting researcher at the Center for Knowledge and
 Innovation Research of the Aalto University School of Economics in Finland.
 She is the former chair of the Marrakech Task Force on Sustainable Buildings 
and Construction.

▲▼特別頒布▲▼
ワールドウォッチ研究所
『地球白書 2012-13:持続可能で心豊かな社会経済を目指して』
  本体価格 ¥3000円を
 2,750円(送料・税込)にて限定特別頒布。

*1.申し込み
 ご住所・ご芳名・郵便番号をご明記の上、下記にメール下さい
wwj@boreas.dti.ne.jp

2.着信後、ご確認のメール発信後、発送

3.お支払は同梱の「払込取扱票」にて、ゆうちょ銀行または郵便局の払込機能付
 ATMから払込み下さい。また、銀行口座からもお振込み頂けます。



(株)ワールドウォッチジャパン
担当 伊藤

 ____________________________________ 

今後、ワールドウォッチジャパンからのシンポジウム案内やお知らせが
 ご不要な 方はお手数ですが、
 http://www.worldwatch-japan.org/EPSILON/
上記URLから解除してください。
ご質問やご意見などは webmaster@worldwatch-japan.org までお願い致します。
  転載については上記までご相談下さい。尚、Webサイトはリンクフリーですので、
 
WEBやblogをお持ちでしたらリンクして頂ければ幸いです。
  amazonアフェリエイトを利用しています。
  ■WorldWatch-Japan http://www.worldwatch-japan.org/
 ■配信停止・アドレス変更 http://www.worldwatch-japan.org/EPSILON/