バックナンバー

  WWJ地球環境メールマガジンEpsilon http://www.worldwatch-japan.org/

□ 最新号

  公開シンポジウム[鳥獣害 ―野...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  公開シンポジウム[鳥獣害 ―...
公開シンポジウム「食料は足り...
特別頒布『 地球白書 201...
公開シンポジウム「食と健康―...
公開シンポジウム「 食料は足...
地球白書要約 17−17
地球白書要約 17−16
地球白書要約 17−15
地球白書要約 17−14
地球白書要約 17−13
地球白書要約 17−12
地球白書要約 17−11
地球白書要約 17−10
地球白書要約 17−9
地球白書要約 17−8
地球白書要約 17−7
地球白書要約 17−6
地球白書要約 17−5
地球白書要約 17−4
地球白書要約 17−3
地球白書要約 17−2
地球白書要約 17−1
公開シンポジウム(入場無料)
メルマガ読者に予約限定特別頒...
公開シンポジウム(入場無料)
シンポジウムのお知らせ
メルマガ読者に予約限定特別頒...
公開シンポジウム(入場無料)
メルマガ読者に予約限定特別頒...
レポート:いっそう逼迫するで...
訂正
レポート:いっそう逼迫するで...
シンポジウムのお知らせ
レポート:米国における原子力...
レポート:米国における原子力...
シンポジウムのお知らせ
再送信シンポジウムのお知らせ
シンポジウムのお知らせ
シンポジウムのお知らせ
メルマガ読者に予約限定特別頒...
お知らせ:シンポジウムのお知...
●レポート:広がる農地収奪
レポート:気候変動緩和に向け...
メルマガ読者に限定特別頒布「...
レポート:世界の水力発電は底...
脱原発宣言とランドスケープ(...
レポート:脱原発宣言とランド...
世界的に原発の見直しが進む(...
世界的に原発の見直しが進む(...
5月11日配信のメルマガの訂...

地球白書要約 17−15

  発行日:2015年04月24日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
-----------------------------------------------------------
 ★★★ 【WWJ地球環境メールマガジンEpsilon 】
     http://www.worldwatch-japan.org
                            2015/4/24 97号
-----------------------------------------------------------

目次:地球白書要約 17−15


去る1月28日に『 地球白書 2012-13:持続可能で心豊かな社会経済を目指して』
(本年2月25日刊)の目次をお伝えしました。今回より、全17章の章別サマリーを
17回にわたり配信致します。尚、末尾のように同書の特別頒布も再開致します。
(次回第16章配信予定日2015年4月27日: 前回第14章配信日2015年4月22日)

<第15章>生物多様性:「第6の大量絶滅」との闘い

Biodiversity: Combating the Sixth Mass Extinction

 1992年のリオ地球サミットで、世界の指導者は、生物多様性条約に合意し、地球の生物
資源を守るための共同誓約を行った。しかし、世界は急速かつ継続的に生物多様性を喪失
している。例えば、ニシクロサイ、カスピトラ、ピレネーアイベックス(ブカルド)の
ように、既に絶滅した例外的な哺乳類ばかりでなく、驚くべき数の動植物が絶滅の危機に
瀕している。パンダ、トラ、ヨウスコウカワイルカのような昔からの、いわば看板種が
野生では絶滅し、繁殖プログラムによってのみ生存しうる状況を迎えるのは、そう遠い
事ではないかもしれない。

 生物多様性条約の事務局は、生物多様性の喪失の主要原因として、「生息場所の攪乱」
「乱獲」「汚染」「外来種の侵入」「気候変動」を挙げている。過去数十年間で、人間は
生態系をかつてなかったものに変化させてきた。経済成長を確保し、食料、資源及び空間
に対する需要を満たすために、地球上の多くの自然地域は農林業用地や都市・工業用地等
の人工的環境へと改変されてきた。

 2005年の「ミレニアム生態系評価」では、24の生態系サービスのうち、「淡水資源」
「海洋魚の個体数」「清浄な空気や水の供給」をはじめ、15のサービスが減衰している
と評価されている。

 生物多様性喪失という深刻な負の影響に加えて、倫理的な観点からも、人間はどの種が
生き残り、どの種が絶滅するかを決める権利を有してはいない。また、生物多様性は人類
中心主義の観点からも重要である。つまり、感動すら覚える豊かな自然の中で、生物多様性
を楽しみたいと望むばかりでなく、人間の必需品である食料・清浄な水・薬・燃料・生物学的
素材等を確保するためには、生物多様性によって生態系を正常に保つ事が必要なのである。

 国連環境計画の研究によれば、世界総生産の0.5%を自然資本部門の修復及び保全に
投ずるならば、新たな雇用や富の創出が可能になると同時に、気候変動、水不足の拡大
及び生態系サービスの喪失に関するリスクを最小化できるとしている。つまり、生物多様性
を保全する事は、経済的繁栄を達成する上で根本的な第一歩にほかならない。

著者:Bo Normander is the director of Worldwatch Institute Europe.

▲▼特別頒布▲▼
ワールドウォッチ研究所
『地球白書 2012-13:持続可能で心豊かな社会経済を目指して』
  本体価格 ¥3000円を
 2,750円(送料・税込)にて限定特別頒布。

*1.申し込み
 ご住所・ご芳名・郵便番号をご明記の上、下記にメール下さい
wwj@boreas.dti.ne.jp

2.着信後、ご確認のメール発信後、発送

3.お支払は同梱の「払込取扱票」にて、ゆうちょ銀行または郵便局の払込機能付
 ATMから払込み下さい。また、銀行口座からもお振込み頂けます。



(株)ワールドウォッチジャパン
担当 伊藤

 ____________________________________ 

今後、ワールドウォッチジャパンからのシンポジウム案内やお知らせが
 ご不要な 方はお手数ですが、
 http://www.worldwatch-japan.org/EPSILON/
上記URLから解除してください。
ご質問やご意見などは webmaster@worldwatch-japan.org までお願い致します。
  転載については上記までご相談下さい。尚、Webサイトはリンクフリーですので、
 
WEBやblogをお持ちでしたらリンクして頂ければ幸いです。
  amazonアフェリエイトを利用しています。
  ■WorldWatch-Japan http://www.worldwatch-japan.org/
 ■配信停止・アドレス変更 http://www.worldwatch-japan.org/EPSILON/