バックナンバー

  WWJ地球環境メールマガジンEpsilon http://www.worldwatch-japan.org/

□ 最新号

  公開シンポジウム[鳥獣害 ―野...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  公開シンポジウム[鳥獣害 ―...
公開シンポジウム「食料は足り...
特別頒布『 地球白書 201...
公開シンポジウム「食と健康―...
公開シンポジウム「 食料は足...
地球白書要約 17−17
地球白書要約 17−16
地球白書要約 17−15
地球白書要約 17−14
地球白書要約 17−13
地球白書要約 17−12
地球白書要約 17−11
地球白書要約 17−10
地球白書要約 17−9
地球白書要約 17−8
地球白書要約 17−7
地球白書要約 17−6
地球白書要約 17−5
地球白書要約 17−4
地球白書要約 17−3
地球白書要約 17−2
地球白書要約 17−1
公開シンポジウム(入場無料)
メルマガ読者に予約限定特別頒...
公開シンポジウム(入場無料)
シンポジウムのお知らせ
メルマガ読者に予約限定特別頒...
公開シンポジウム(入場無料)
メルマガ読者に予約限定特別頒...
レポート:いっそう逼迫するで...
訂正
レポート:いっそう逼迫するで...
シンポジウムのお知らせ
レポート:米国における原子力...
レポート:米国における原子力...
シンポジウムのお知らせ
再送信シンポジウムのお知らせ
シンポジウムのお知らせ
シンポジウムのお知らせ
メルマガ読者に予約限定特別頒...
お知らせ:シンポジウムのお知...
●レポート:広がる農地収奪
レポート:気候変動緩和に向け...
メルマガ読者に限定特別頒布「...
レポート:世界の水力発電は底...
脱原発宣言とランドスケープ(...
レポート:脱原発宣言とランド...
世界的に原発の見直しが進む(...
世界的に原発の見直しが進む(...
5月11日配信のメルマガの訂...

地球白書要約 17−16

  発行日:2015年04月27日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
-----------------------------------------------------------
 ★★★ 【WWJ地球環境メールマガジンEpsilon 】
     http://www.worldwatch-japan.org
                            2015/4/27 98号
-----------------------------------------------------------

目次:地球白書要約 17−16

去る1月28日に『 地球白書 2012-13:持続可能で心豊かな社会経済を目指して』
(本年2月25日刊)の目次をお伝えしました。今回より、全17章の章別サマリーを
17回にわたり配信致します。尚、末尾のように同書の特別頒布も再開致します。
(次回第17章配信予定日2015年4月29日: 前回第15章配信日2015年4月24日)

<第16章>持続可能な繁栄をもたらす生態系サービス

Ecosystem Service for Sustainable Prosperity

 西欧社会は経済成長を追求し続け、「公共部門や共有部門よりも民間部門」「多数に
よる資産の形成よりも少数による資本の蓄積」「本来の財やサービスを生産する実体経済
よりも金融を優遇する制度」に、重きを置くようになってきた。平均所得と限界税率の
段階的低下により、公共財へ支出する資金が減少し、同時に所得格差と生態系劣化を
まねいた。多くの途上国も同様の道筋をたどり、結果、自国内に経済格差を生む事に
なった。

 人類のフットプリントは過大になり、社会経済の真の進歩の阻害要因が基幹的インフラ
の不足というよりも、自然資源や生態系サービスの制約である場合が多くなってきた。

 人口増加と所得増大によって、人間の諸活動が「地球システムの境界」を超えようとして
いる今日、「繁栄」を再定義する必要がある。まず理解しておくべきは、「経済の最終
目標は、人間のウェルビーイングと持続可能な生活の質の改善にある」という事、そして
「淡水・土壌・清浄な空気・安定した気候・廃棄物の処理・授粉等々の必須な生態系
サービスを提供する生態システムこそが、人間のウェルビーイングに真に貢献している」
という事である。

 生態系サービスに対する過剰な消費と貧弱な保全の結果として、人類が生物物理学的な
危機に直面している事を認識したならば、市場経済の影響を緩和し、生態系という公共財
の資質と量を保全するために、制度や技術に資金を投じる必要がある。所期の成果を得る
ためには、精緻に構築された財産権体系を骨子とする、新たな制度が必要である。
 
 生態系に対する明確な財産権を確立するためには、全てを私有化してしまう事なく、
私有、国有そして共有という三様の財産権を的確に組み合わせた制度が必要である。

 そうした制度の例として、様々な規模のコモンズ・トラストが考えられる。トラスト
では、既存の多くの土地トラストがそうであるように、コモンズを私有化せずに財産化
する事が可能である。コモンズ・トラストは、人間のウェルビーイングにある意味で必要
不可欠で、自然によって提供される資源である重要な自然資本を保全・修復する事が
できる。

著者:Ida Kubiszewski is a research assistant professor and Robert Costanza is
 Distinguished University Professor of Sustainability at the Institute for
 Sustainable Solutions at Portland State University.

▲▼特別頒布▲▼
ワールドウォッチ研究所
『地球白書 2012-13:持続可能で心豊かな社会経済を目指して』
  本体価格 ¥3000円を
 2,750円(送料・税込)にて限定特別頒布。

*1.申し込み
 ご住所・ご芳名・郵便番号をご明記の上、下記にメール下さい
wwj@boreas.dti.ne.jp

2.着信後、ご確認のメール発信後、発送

3.お支払は同梱の「払込取扱票」にて、ゆうちょ銀行または郵便局の払込機能付
 ATMから払込み下さい。また、銀行口座からもお振込み頂けます。



(株)ワールドウォッチジャパン
担当 伊藤

 ____________________________________ 

今後、ワールドウォッチジャパンからのシンポジウム案内やお知らせが
 ご不要な 方はお手数ですが、
 http://www.worldwatch-japan.org/EPSILON/
上記URLから解除してください。
ご質問やご意見などは webmaster@worldwatch-japan.org までお願い致します。
  転載については上記までご相談下さい。尚、Webサイトはリンクフリーですので、
 
WEBやblogをお持ちでしたらリンクして頂ければ幸いです。
  amazonアフェリエイトを利用しています。
  ■WorldWatch-Japan http://www.worldwatch-japan.org/
 ■配信停止・アドレス変更 http://www.worldwatch-japan.org/EPSILON/