バックナンバー

  WWJ地球環境メールマガジンEpsilon http://www.worldwatch-japan.org/

□ 最新号

  公開シンポジウム「食料は足りる...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

      My Yahoo!に追加

□ これまでの発行号

  公開シンポジウム「食料は足り...
特別頒布『 地球白書 201...
公開シンポジウム「食と健康―...
公開シンポジウム「 食料は足...
地球白書要約 17−17
地球白書要約 17−16
地球白書要約 17−15
地球白書要約 17−14
地球白書要約 17−13
地球白書要約 17−12
地球白書要約 17−11
地球白書要約 17−10
地球白書要約 17−9
地球白書要約 17−8
地球白書要約 17−7
地球白書要約 17−6
地球白書要約 17−5
地球白書要約 17−4
地球白書要約 17−3
地球白書要約 17−2
地球白書要約 17−1
公開シンポジウム(入場無料)
メルマガ読者に予約限定特別頒...
公開シンポジウム(入場無料)
シンポジウムのお知らせ
メルマガ読者に予約限定特別頒...
公開シンポジウム(入場無料)
メルマガ読者に予約限定特別頒...
レポート:いっそう逼迫するで...
訂正
レポート:いっそう逼迫するで...
シンポジウムのお知らせ
レポート:米国における原子力...
レポート:米国における原子力...
シンポジウムのお知らせ
再送信シンポジウムのお知らせ
シンポジウムのお知らせ
シンポジウムのお知らせ
メルマガ読者に予約限定特別頒...
お知らせ:シンポジウムのお知...
●レポート:広がる農地収奪
レポート:気候変動緩和に向け...
メルマガ読者に限定特別頒布「...
レポート:世界の水力発電は底...
脱原発宣言とランドスケープ(...
レポート:脱原発宣言とランド...
世界的に原発の見直しが進む(...
世界的に原発の見直しが進む(...
5月11日配信のメルマガの訂...
●レポート:揺らぐ、アラブ諸...

公開シンポジウム「 食料は足りるのか 」(入場無料)

  発行日:2016年01月20日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
-----------------------------------------------------------
  ★★★ 【WWJ地球環境メールマガジンEpsilon 】
      http://www.worldwatch-japan.org
                             2016/1/20 号外 
 目次:
 ●お知らせ:シンポジウムのお知らせ

 -----------------------------------------------------------
 
▲公開シンポジウム「 食料は足りるのか 」のお知らせ
日時 平成28年3月12日(土)13時~17時30分
場所 東京大学農学部弥生講堂
後援:東京大学大学院農学生命科学研究科、毎日新聞社、ワールドウォッチジャパン 
趣旨:人新世(Anthropocene)は、とくに1950年代から始まった人間活動の一大加速とも呼ぶべき状況の
表れである。人口が1800年代初めに10億人に達するのに、およそ20万年を要したが、現在では70億人を
超えている。国連・社会経済局の最近の発表によれば、さらに「世界人口は今後15年で約10億人増え、
2030年までに約85億人に達する。50年までには約97億人、2100年ごろには約112億人に膨張する」と予測
されている。この数字の当否は別にしても、世界の人口扶養力を分析して示すことは、日本の食料地政学的
位置づけ、さらには日本の農政の一指針ともなりえよう。
本シンポジウムでは「世界の食料需給」を概括的に展望し、引き続き農業における主要な生産要因である
「気候変動による水文学的影響」「土壌資源」「諸生産要因の動向と食料生産力」などをめぐって現状を
分析し、科学・技術的展望を示す。また、動物性タンパクの重要な供給源である「漁業資源」をめぐって、
その資源量の現状を分析し、国際的資源管理の展望を示す。
■プログラム
総合司会                          (公財)農学会 常務理事  丹下 健
13:00〜13:05  開会挨拶                   (公財)農学会 会長   長澤 寛道
13:05〜13:40 「世界の食料問題と日本のポジション」
                       名古屋大学大学院生命農学研究科・教授   生源寺 眞一
13:40〜14:15 「水と気候変動と食料生産」  東京大学生産技術研究所・教授    沖 大幹
14:15〜14:50 「人間と土壌」                     東京大学名誉教授   宮崎 毅
14:50〜15:05 ・・・・休憩(15分)・・・・
15:05〜15:40 「魚が獲れなくなることは、『大問題』か?」
                         東京大学大学院農学生命科学研究科・教授   黒倉 壽
15:40〜16:15 「100億人を扶養するための食料生産: 挑戦と課題」
                            国際農林水産業研究センター 理事長   岩永 勝
16:15〜16:25 ・・・・休憩(10分)・・・・
16:25〜17:25  パネルディスカッション
                  司会:東京大学大学院農学生命科学研究科・教授   中嶋 康博
                   パネリスト:上記講演者5名
17:25〜17:30  閉会挨拶                  日本農学アカデミー  会長   古在 豊樹

事前申込先:ワールドウォッチジャパン E-Mail:wwj@boreas.dti.ne.jp  

 ____________________________________  

 今後、ワールドウォッチジャパンからのシンポジウム案内やお知らせが
  ご不要な 方はお手数ですが、
  http://www.worldwatch-japan.org/EPSILON/
 上記URLから解除してください。
 ご質問やご意見などは wwj@boreas.dti.ne.jpまでお願い致します。 
   転載については上記までご相談下さい。尚、Webサイトはリンクフリーですので、  
 WEBやblogをお持ちでしたらリンクして頂ければ幸いです。