バックナンバー

  KKS Mail News http://www.kknews.co.jp/wb/

□ 最新号

  KKS Mail News V...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  KKS Mail News ...
KKS Mail News ...
KKS Mail News ...
KKS Mail News ...
KKS特別号【緊急開催】青学...
KKS Mail News ...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
 ■━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━■
     KKS Mail News Vol.525 2010/03/11 今週木曜発行
     新聞本紙情報も掲載 → http://www.kknews.co.jp/
     毎日ニュース更新中 → http://www.kknews.co.jp/wb/
  携帯でチェック!! http://www.kknews.co.jp/wb/mobileaccess.php
 ■━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━■

 不思議なのか、不思議じゃないのか、「解らないもの」ってありますよね。
 他の人にも、不思議なのかもしれない。反対に当たり前なのかもしれない。
 しかし僕には、知るべもない。
 
 こんなことは、前にもありました。
 犬がバタバタしてるときです(vol.451:「これって流行りなんですか?」)
 http://www.kknews.co.jp/mailnews/kksmail/doc/Vol451_2008_10_01.txt
 
 僕は、この時「解らないもの」は解らない、という態度で臨みました。
 しかし人間、生きていくうちには「解らないもの」に対して、何らかの
 スタンスを取らねばならないときもあります(続く)
 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

 ◆今週のcontentsは−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 |・今週のKKSブログ人気記事ベスト5
 |・Pick it up!!  学力・学習状況調査を希望するのは全体の7割〜文科省
 |・今週のニュース
 |・メルマガ編集日記 「「解らないもの」に対し、人はどうあるべきか」
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−です◆
 
 ●…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
          今週のKKSブログ人気記事ベスト5
 ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
 
 1:チリ地震被災者を支援!国内でも募金の受付を開始 クリックだけの募金も
  http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2010/03/post_3798.html

 2:家族のルールづくりで子どものインターネット利用を健全に〜内閣府
  http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2010/03/post_3792.html

 3:中高卒の若者の完全失業率が過去最高の記録〜労働力調査より 
  http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2010/02/post_3781.html

 4:図解で考える方法 魚骨図
  http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2006/06/post_364.html

 5:高校卒業予定者の就職内定状況 昨年同期から7.5ポイント下降
  http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2010/02/75.html

 ▲…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
  Pick it up 学力・学習状況調査を希望するのは全体の7割〜文科省
 ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

 文部科学省は、これまで全ての中学3年生と小学6年生を対象に実施して
 きた学力・学習状況調査を、政権交代を機に3割の抽出調査に変換します。
 抽出対象外となった学校の参加希望と抽出された学校を含め、73%の
 学校が学習調査に参加することがわかりました。これらの都道府県別の
 2月末時点の状況を発表しています。

 都道府県別では参加状況に大きなばらつきがあり、小学校の場合、秋田県・
 石川県・和歌山県・山口県・高知県・福岡県・佐賀県・長崎県・大分県・
 宮崎県・鹿児島県の地域は100%の参加希望ですが、抽出学校を除く
 希望数は神奈川県で7.1%(抽出を含めて26.4%)、愛知県で
 11.0%(抽出を含め22.4%)と少ない参加率となる見込みです。


 詳しくはこちら↓
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2010/03/post_3806.html

 ★…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
            今週のニュース 
 ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
 
 【教材】
 「ゲルグリップ」と「クルトガ」が一体になったシャープペン 三菱鉛筆
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2010/03/post_3797.html
 
 本とWebドリルがセットで模試9回分相当のMCAS教材発売
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2010/03/web9mcas.html
 
 簡単な操作と充実した機能の学校向けプロジェクター発売〜エプソン
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2010/03/post_3805.html
 
 「ロザン」とコラボの機能的なカバー付きノート新発売〜ナカバヤシ
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2010/03/post_3809.html
 
 「クセになる書き味」のジェットストリームに 極細ボール・新色軸登場
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2010/03/post_3812.html
 
 
 【教育よもやま話】
 チリ地震被災者を支援!国内でも募金の受付を開始 クリックだけの募金も
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2010/03/post_3798.html
 
 「ひなまつりに関するアンケート」の結果発表〜ドゥ・ハウス
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2010/03/post_3799.html
 
 ドロップタイプの乗り物酔い薬に、さわやかなレモン味が新登場
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2010/03/post_3801.html
 
 押して重ねてクリアを目指せ!無料の海外ゲーム「Push!」
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2010/03/push.html
 
 立体ブロックを組み合わせてゴールを目指せ!Isoball 2
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2010/03/isoball_2.html
 
 機能を絞った子どもケータイ新発売 セコムと連動して安心もバッチリ!
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2010/03/post_3808.html
 
 美しい写真が満載! 野鳥のデータファイル『週刊 野鳥の世界』刊行
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2010/03/post_3810.html
 
 アルファベットを持ち上げて、転がして…英単語づくりゲームに挑戦!
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2010/03/post_3811.html
 
 中高生の興味関心事をリサーチ!「uchikoモニタ」〜マクロミル
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2010/03/uchiko.html
 
 「お父さん」「お母さん」と呼ぶのは約5割、「パパ」「ママ」約4割
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2010/03/post_3814.html

 
 【行政】
 子育て世代の食育サイト『食の安心パトロール』開設〜東京都
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2010/03/post_3796.html
 
 特別相談窓口に係る周知用リーフレットの大学等への配布について(依頼)
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2010/03/post_3800.html
 
 原子力に関する副読本の制作について〜文部科学省
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2010/03/post_3803.html
 
 今後の「スポーツ立国戦略」を検討開始 文部科学省
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2010/03/post_3804.html
 
 学力・学習状況調査を希望するのは全体の7割 文部科学省発表
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2010/03/post_3806.html
 
 新規学校卒業者の採用に関する要請について〜文部科学省
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2010/03/post_3807.html
 
 春の全国交通安全運動・交通事故死ゼロを目指す日〜文部科学省
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2010/03/post_3813.html
 
 
 【イベント】
 地図からみる江戸・明治の歴史と文化『古地図コレクション』開催
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2010/03/post_3802.html
 
 ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
  メルマガ編集日記 〜 「解らないもの」に対し、人はどうあるべきか
 ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
 
  それは、ある地域の公共施設に行ったときのこと。3人の子供たちが、
 じゃんけんをしていたのですよ。たぶん、小学2〜3年生くらいですかね。
 
 「じゃんけんぽん」
 
 ここまでは普通。ここから先の掛け声が違っていたのです。
 
 「ひげマッチョ」
 
 彼らは3回あいこになり、ひげマッチョは3回繰り返されました。つまり
 
 「じゃんけんぽん。ひげマッチョ。ひげマッチョ。ひげマッチョ」
 
 勝った子は喜び、負けた子はそれもそれなりに楽しそうでした。
 
 悩ましい。非常に悩ましい。
 僕は一体、この「ひげマッチョ」の前に、どう対峙すれば良いのか。
 この「ひげマッチョ」の前では、現代の日本社会における様々な悩みは
 すべて吹き飛んでしまう。そのような錯覚さえ覚えてしまいます。
 
 だって「じゃんけんぽん。ひげマッチョ」ですよ。
 
 犬だったら良いじゃないですか。基本すぐ忘れちゃいますよ。
 両国の公園で犬を散歩している人を見かけたとき、まれに、ごくまれに、
 犬がバタバタしている図を思い起こすくらいですよ。
 
 しかし「ひげマッチョ」は違う。この後、じゃんけんで何かを決めようと
 思ったときには、じゃんけんのメロディに乗せて、すかさずこのフレーズを
 思い起こしてしまう訳ですよ。
 
 「じゃんけんぽん。ひげマッチョ」と。
 
 ・・・この恐怖が解らない? この恐怖が、解らない?
 
 そんなあなたには、もっと想像を逞しくしていただきたい。
 あなたは愛しい彼/彼女/旦那/奥様と、二人の甘い一日を過ごしている。
 その甘さは恐怖の前兆でしかない。恐怖はいつ訪れても不思議でなく、
 例えば、レストランで食事を食べた後の瞬間にでも、すかさず忍び寄る。
 
 「君の瞳は、10000ボルトだね。マイハニー」
 「いやん。あなたこそ、地上に降りたマイラストエンジェルよ」
 「おや、このスゥイーッツはおいしそうだね。まるで君の唇のようさ」
 「こっちのだって。あなたのほっぺに負けないくらい、優しそうなふわふわ」
 「でも、流石にお腹いっぱいだな。僕のお腹に入るのは、もう君だけだよ?」
 「うふふ。あたしもよ。でも・・・そうね。じゃあ、一つだけにしましょう」
 
 ちょっとありえなさそうな会話のような気もするけど、
 その辺は榊原の甘い一日の経験の少なさに免じて許していただきたい。
 
 あなたのパートナーは、一つを選ぶために、じゃんけんをしようと提案する。
 あなたは快諾する。この後に訪れる恐怖も知らずに。
 
 「じゃんけんぽん」
 
 あいこになる。
 
 「ひげマッチョ」
 
 その瞬間、あなたの脳裏にこのフレーズと共に浮かぶのは、これです。
 http://tinyurl.com/yjefxf3
 
 もしくは、これ。
 http://tinyurl.com/yjab5yk
 
 あるいは、これ。
 http://tinyurl.com/yk982fc
 
 こんなんだったりするかもしれない。
 http://tinyurl.com/y8ed44n
 
 この瞬間、愛しい人とのひと時を覆っていた淡い幸せな色は、
 極彩色のけばけばしい「ひげマッチョ」一色に覆われてしまう。
 あなたの大好きな彼/彼女/旦那/奥様の顔さえ「ひげマッチョ」に見える。
 これを恐怖と呼ばずして、なにを恐怖と呼べば良いのか。
 
 これは全て「じゃんけんぽん。ひげマッチョ」の意味が解らないからです。
 解らないものに対する恐怖。その恐怖は言い知れないほど深く、また根源的。
 解らないものの最たるもの。それが、死。
 
 しかし人間、生きていくうちには「分からないもの」に対して、
 何らかのスタンスを取って、進んでいかねばならないときがあります。
 人は、その態度を「立ち向かう」と呼んだ。そのありようは気高く、尊い。
 死に立ち向かって、前のめりに生きた人の話に涙するのは、その為です。
 
 死とまでは行かなくても、この恐怖には立ち向かおう。僕はそう決めました。
 
 「じゃんけんぽん。ひげマッチョ」
 
 変な顔をされました。学校のクラスのみんなは、説明をして欲しそうな顔を
 していました。僕はスルーして、何事もなかったように、授業のその先を
 進めて行きました。
 
 解らないなりに、休み時間、子どもたちは楽しそうに使うのでした。
 
 「じゃんけんぽん。ひげマッチョ」
 
 やがて、この世の中で、この掛け声が普通になるときが来るかもしれません。
 老若男女がひげマッチョ。この世のどこかでヒゲマッチョ。
 何か・・・こう、幸せを感じます。
 
 (こういう解決策のことを、「先送り」、もしくは「思想・風説の流布」、
   もしくは「社会的立場の悪用」、もしくは「ホラー的落ち」といいます。
   良い子の皆は、真似しちゃだめだよ? お兄さんとの約束さ!!:榊原)
 ______________________________
  編集・発行:
  (株)教育家庭新聞社 http://www.kknews.co.jp/
   KKSブログ News     http://www.kknews.co.jp/wb/
  (for Mobile)       http://www.kknews.co.jp/wb/mobileaccess.php
  メールマガジンへのご意見・お問合せは   kksmail@kknews.co.jp
  配信停止・アドレス変更をご希望の方は、
  https://regssl.combzmail.jp/web/?t=cf27&m=949bでお願いいたします。
  〒111-0053 東京都台東区浅草橋3-1-8 アダックスビル5F
   TEL 03-3864-8241(代)/ FAX 03-3864-8245
 ________________________________