バックナンバー

  KKS Mail News http://www.kknews.co.jp/wb/

□ 最新号

  KKS Mail News V...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  KKS Mail News ...
KKS Mail News ...
KKS Mail News ...
KKS Mail News ...
KKS特別号【緊急開催】青学...
KKS Mail News ...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
 ■━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━■
     KKS Mail News Vol.592 2011/07/15 今週金曜発行
     新聞本紙情報も掲載 → http://www.kknews.co.jp/
     毎日ニュース更新中 → http://www.kknews.co.jp/wb/
    書籍blogも更新中 → http://www.kknews.co.jp/htdocs/
  携帯でチェック!! http://www.kknews.co.jp/wb/mobileaccess.php
 ■━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━■

 僕は「やった事のないことは、とりあえずやる派」です。
 もちろん「やった事のないことは、とりあえず様子見派」の人も居る。
 
 自分のことは、どっちだと思います?(続く)
 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

 ◆今週のcontentsは−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 |・今週のKKSブログ人気記事ベスト5
 |・Pick it up!!  夏の夜空を見上げてみよう!「スター・ウィーク」
 |・今週のニュース
 |・メルマガ編集日記 「やるべきか、やらざるべきか、それが問題だ」
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−です◆
 
 ●…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
          今週のKKSブログ人気記事ベスト5
 ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
 
 1:震災直後「子どもの屋外遊び減らした」53.4%、「放射線が心配」7割超
  http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2011/07/post_5018.html

 2:ISS長期滞在中の古川宇宙飛行士が、病気の子どもたちと交信
  http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2011/07/iss_3.html

 3:文部科学省からの、熱中症事故等の防止についての依頼
  http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2011/06/post_4998.html

 4:図解で考える方法 魚骨図
  http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2006/06/post_364.html

 5:就職活動「かなり大変」35.4%、終身雇用を望む74.5%、共に過去最高
  http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2011/06/pta_1.html

 ▲…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
  Pick it up 夏の夜空を見上げてみよう!「スター・ウィーク」
 ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
 
 東北も梅雨明けが発表され、日本全国本格的な夏に突入しましたね。
 昼間は雲一つない晴天が恨めしくも感じられますが、少しでも涼しい夜に、
 外に出て星を見上げてみませんか?

 毎年8月1日〜7日は、「スター・ウィーク」として、星空に親しむ週間です。
 こどもから大人まで幅広く星空に親しんでもらおう!という想いから始まった
 「星空に親しむ」キャンペーンです。これに合わせて全国各地で星空に親しむ
 イベントが行われる他、テーマソング「COSMOS」のCDプレゼントもあります。
 
 
 詳しくはこちら↓
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2011/07/post_5037.html
 
 ★…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
            今週のニュース 
 ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
 
 【教材】
 アマゾンで1位獲得の英検の二次試験対策本、DVD付きで面接の流れを学習
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2011/07/dvd_6.html
 
 イタリアとスウェーデンのデザイナー発、オシャレな文房具はいかが?
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2011/07/post_5049.html
 
 A4サイズのランドセルにすっぽり収納できるクリアホルダーを発売
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2011/07/a4.html
 
 
 【教育よもやま話】
 背骨を持たない「ヌタウナギ」に背骨の痕跡?脊椎骨には2つの遺伝子発現
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2011/07/post_5031.html
 
 大学進学者の94%がオープンキャンパスに参加 リクルート調べ
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2011/07/94_3.html
 
 「全国こども科学映像祭」の作品募集が始まっています
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2011/07/post_5033.html
 
 夏休みには作文を書いて、コンクールに応募してみましょう!
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2011/07/post_5034.html
 
 夏の夜空を見上げてみよう 星空に親しむ週間「スター・ウィーク」
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2011/07/post_5037.html
 
 B&G財団「水辺の安全教室」  南篠崎小学校で6年生が体験
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2011/07/post_5039.html
 
 自分たちの発想・アイデアが「知的財産」に コンテスト作品募集中
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2011/07/post_5042.html
 
 夏休みは絵を描いて、コンクールに応募してみませんか?
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2011/07/post_5046.html
 
 
 【行政】
 震災の被害を踏まえた今後の学校施設の整備〜文部科学省
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2011/07/post_5032.html
 
 社会教育関係団体における震災後の取り組み〜文部科学省
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2011/07/post_5035.html
 
 平成23年度「地域イノベーション戦略支援プログラムパンフレット」
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2011/07/post_5036.html
 
 有機エレクトロニクス研究や究極の自然エネルギーに関して企画展示を実施
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2011/07/post_5043.html
  
 
 【ICT】
 清の時代までの漢字集大成「康煕字典 内府本」iPad版電子書籍で発売
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2011/07/_ipad.html
 
 正しく原子力を知る eラーニング講座:これでわかる!放射線の基礎知識
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2011/07/e_13.html
 
 
 【イベント】
 校種別や国語単元学習のプログラムが満載、「第74回国語教育全国大会」
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2011/07/post_5038.html
 
 三畳紀を舞台に恐竜たちが誕生した社会を紹介『地球最古の恐竜展』
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2011/07/post_5041.html
 
 大阪府で、第16回「献血おもしろゼミナール」が開催されます
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2011/07/post_5044.html
 
 科博NEWS展示「東日本大震災被災標本のレスキュー活動」〜国立科学博物館
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2011/07/post_5047.html
 
 さまざまな体験で未来が開ける!『こどもっと! きゅうしゅう』
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2011/07/post_5048.html
 
 ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
   メルマガ編集日記 〜 やるべきか、やらざるべきか、それが問題だ
 ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
 
 もちろん、この中間の人も沢山いるでしょうし、
 同じ人でも、ものごとによってきっと違います。

 食事なんかだと、前者のほうが多そうですよね。
 「この前、郷土料理食べに行ってみたら、すっごい料理出てきてさあ」
 みたいな。話のネタにできるし。

 反対に、仕事だと後者のほうが多いような気がする。
 「前例がない」
 とか。よく言ったり、言われてたりしそうです。

 この2者の違いは、一言で言ってしまえばリスクの大きさです。
 リスクが大きくなる意思決定ほど、様子見派は増えていく。
 では、個人の中では、リスクの大きさは何によって決められるのか。

 これには諸説があるんですが、近年有名どころなのが、
 「リスクは、その人の推測する基準値で決まる」
 とする考え方です。

 それは例えば、こんな話。

 あなたは、不況の折に、クビになりました。
 リストラ前から積み重なった借金。500万円。職がない。返せない。
 催促の電話は鳴り響き、様々な取立て人たちが毎日ドアを叩くなか、
 ただ部屋の中で、息を殺してうずくまる。

 そんな日が過ぎていき、やがて買い込んでいた食料が切れた。
 真夜中の3時。こっそり外に出て、食料を調達することにします。
 玄関のドアを開ける、とそこにはスーツの白髪老人が立っていた。

 「こんばんは。取立てに参りました」

 こんな時間の取立て行為は違法ではないか。
 あなたは抗議の声を上げる。

 「わかっております。とはいえ、このまま払っていただけないのも、
  零細企業の私どもとしても、非常に困った事態になるわけでして」

 老人には、全然困った風情が見えない。孫を見るように微笑んでいる。

 「ですから、払っていただきやすくなるよう、
  私、ちょっとしたゲームを考えてまいりました。

  私がいまから、この2枚のコインを投げます。
  両方表が出たら、全額を私が肩代わりいたしましょう。
  片方裏でしたら、元本分の100万円をすみやかにお支払い下さい。
  両方裏が出たら、今までのお支払い金額は変わりません。
  私どもからの元本と利子を合わせた200万を、速やかにお返しください。

  もし、こんなゲームで人生を左右されるのは嫌だというのであれば、
  私どもの用意する職場で、働いて返す形でもよろしいですよ。
  この場合は、元本の100万にまで減額いたします」

 あなたは耳を疑う。
 有利な選択しか並んでいない。なにかの罠ではないのか。

 「なにもないですよ? 何分私どもも、このまま自己破産されたり、
  他の債権者に先に返済されてしまうよりは、幾分ましでして。
  さあ。お好きにお選びください」

 さて、コイン投げのゲームに挑戦しますか? しませんか?
  
 そんな引っ張るほどの話でもないので、するっと書く。
 聞かれると、ほとんどの人がゲームをしちゃう、と言われています。

 ちょっと計算すれば分かるんですが、ゲームをする、しないともに、
 その期待値は100万円です。だから、冷静に考えれば同じなんです。
 それでも、ほとんどの人は、なぜかゲームにチャレンジしてしまう。

 この原因は、人は損失そのものを嫌がるかららしい、と言われています。
 損失を受けるという体験そのものを嫌がる。だから100%の確率で確実に
 100万円を支払うより、25%の確率でも支払いを免除されようと考える。

 『うまく行けば、200万がチャラ。だめでも100万になる確率が50%。
  十分に乗る価値はある。乗らなきゃ、絶対払わなきゃいけないんだ』

 こうして、25%の200万の可能性は忘れ去られていく。

 以上のことをまとめます。
 何もしなければ、-200万円という状況下で、
 確実に-100万円にするか、ゲームをして0 or -100万 or -200万にするか。
 この選択肢を迫られた場合、ゲームをして0 or -100万 or -200万を選ぶ。

 反対に、お金を得られる方向だと、この選び方は真逆に働き、
 半額だとしても100%もらえる方を選ぶ傾向があると知られています。

 何もしなければ、0円という状況下で、
 確実な100万円か、ゲームをして0 or 100万 or 200万。
 この選択肢を迫られた場合、確実な100万をえらぶ。

 これが、一般的な人間の性向だということです。
 
 本題に入る前に、長くなりすぎたので、今週はここでストップ。
 以下は、また来週でございます。

 来週の本題とは全然関係ないんですけど、
 こういう人間の性向を知った上で、昨今の原発周りの問題を見る。

 原発を止める・止めないの綱の引き合いとか。
 セシウム濃度が基準以上の牛の出荷に至った経緯とか。
 福島の子供たちに汚染されている可能性が高い給食が供された問題とか。

 どういう意思決定の流れでそうなったのか。とてもよくわかります。
 でも、今回の後記は、それと全く関係ないので、来週はまったくもって、
 そんな硬派なものではないのでございました(榊原)
 ________________________________
  編集・発行:(株)教育家庭新聞社   http://www.kknews.co.jp/
           KKSブログ News   http://www.kknews.co.jp/wb/
  メールマガジンへのご意見・お問合せは   kksmail@kknews.co.jp
  配信停止・アドレス変更をご希望の方はお手数ですが
  http://www.mag2.co.jp/m/0000038313.htm へお知らせ下さい。
  〒111-0053 東京都台東区浅草橋3-1-8 アダックスビル5F
   TEL 03-3864-8241(代)/ FAX 03-3864-8245
 ________________________________