バックナンバー

  KKS Mail News http://www.kknews.co.jp/wb/

□ 最新号

  KKS Mail News V...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  KKS Mail News ...
KKS Mail News ...
KKS Mail News ...
KKS Mail News ...
KKS特別号【緊急開催】青学...
KKS Mail News ...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
 ■━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━■
     KKS Mail News Vol.670 2013/02/11 今週月曜発行
     新聞本紙情報も掲載 → http://www.kknews.co.jp/
     毎日ニュース更新中 → http://www.kknews.co.jp/wb/
    書籍blogも更新中 → http://www.kknews.co.jp/htdocs/
  携帯でチェック!! http://www.kknews.co.jp/wb/mobileaccess.php
 ■━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━■
 
 切りもちをオーブンで焼いていたのでした(続く)
 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 
 ◆今週のcontentsは−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 |・今週のKKSブログ人気記事ベスト5
 |・Pick it up!!  高校から大学までの教育費は一人1,000万円超
 |・今週のニュース
 |・メルマガ編集日記 「ベタのちから」
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−です◆
 
 ●…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
          今週のKKSブログ人気記事ベスト5
 ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
 
 1:「食育と学校給食展」と「学校給食フェア」〜平成24年度学校給食週間
  http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/01/post_6236.html

 2:アスベストの使用実態および対策の進捗状況公開 未調査は72機関
  http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/01/72.html

 3:小学校は児童数減少、中高でも今後減少の見込み 学校基本調査
  http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/01/post_6206.html

 4:図解で考える方法 魚骨図
  http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2006/06/post_364.html

 5:大学等の就職内定状況および「未内定就活生への集中支援2013」発表
  http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/01/2013_4.html

 ▲…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
  Pick it up 高校から大学までの教育費は一人1,000万円超
 ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
 
 日本政策金融公庫は、平成24年2月〜3月に「国の教育ローン」を利用した
 世帯を対象に、教育費負担の実態調査を行い、結果を公表しました。
 これによると、子どものいる世帯の年収が減少していることで、教育費の
 負担が家計にとってより重くなっている実情がうかがえます。

 義務教育修了後、高校入学から大学卒業までの費用は、平均して子ども一人
 当たり1,031万円となっています。ここ5年連続で1,000万円を超えており、
 養育費は依然高止まり傾向にあると言えます。負担の大きい入学時の費用
 ですが、高校では48.1万円、大学では94.4万円と、大学は高校の2倍近く
 かかっていることが分かります。大学の入学費用の中には、入学しなかった
 学校への納付金も含まれており、これが大学入学時の負担を大きくしている
 ようです。
 
 
 詳しくはこちら↓
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/01/1000_4.html
 
 ★…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
            今週のニュース 
 ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
 
 【教材】
 森林保全に貢献した木材を使用、「かきかたえんぴつ」と「色鉛筆」発売
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/01/post_6243.html
 
 新一年生にぴったりの学童文具シリーズ「ippo!チューブ液体のり」
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/02/post_6246.html
 
 「ippo!なまえペン」〜くり返し記入するのに適したペン発売
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/02/post_6249.html
 
 「NHK基礎英語」から生まれた英語学習サービス『ゴガクルCan-do!』 
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/02/nhkcando.html
 
 
 【教育よもやま話】
 「部屋中アルコール消毒」!?受験直前の風邪、どのように防ぐ?
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/01/post_6241.html
 
 英会話の勉強もなるべく低価格で? 英会話学習に関する意識調査
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/02/post_6245.html
 
 最新の花粉予報と花粉症対策サービスを提供〜ウェザーニューズ
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/02/post_6251.html
 
 移動中の飲用に便利な「カチッととまって落ちないキャップ」で応援!
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/02/post_6252.html
 
 冬でも半袖半ズボンの子ども、全国で出没中!まさに「子どもは風の子」?
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/02/post_6259.html
 
 
 【行政】
 企業における高卒認定合格者への扱いは自治体より低め〜文部科学省
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/01/post_6242.html
 
 子ども・子育て支援新制度のスタートに向けて〜内閣府
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/02/post_6247.html
 
 今後の青少年の体験活動の推進について(答申)〜文部科学省
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/02/post_6254.html
 
 
 【ICT】
 スマホを使って学校授業の活性化させるシステムを無料提供
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/02/post_6250.html
 
 主に小学校高学年から中学生を対象にした電子書籍サービスを開始
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/02/post_6257.html
 
 気になる塾を比較検討したり、資料請求ができる検索サイト『塾探し.com』
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/02/com_3.html
 
 一斉授業からの脱却 反転授業(FlippedClassroom)
 http://www.kknews.co.jp/maruti/news/2013/0204_4c.html
 
 <第5回>輝く!ICT支援員 −ICT活用支援の現場から
 http://www.kknews.co.jp/maruti/rensai/2013/0204_4b.html
 
 <特別支援と情報端末>タブレットで能力を補う
 http://www.kknews.co.jp/maruti/news/2013/0204_4a.html
 
 
 【イベント】
 東京都にて「春の東京港親子社会科見学会」が開催されます
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/02/post_6244.html
 
 植物画コンクール入選作品展、千石正一のコレクションの展示開催
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/02/post_6255.html
 
 APPLICが相互接続確認イベント 標準仕様対応製品9社に増
 http://www.kknews.co.jp/maruti/news/2013/0204_2a.html
 
 ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
          メルマガ編集日記 〜 ベタのちから
 ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
 
 僕の実家では、もちを未だにうすと杵とでつきます。
 ついた後、80cm角程度に平たく、大きく伸ばしたもちを、
 冷暗所に置いておき、一日くらい経って、硬くなった後に切る。
 「さ○うの切りもち」などには出せない、腰のあるもちができ上がります。

 そのもちを、オーブンで焼く。220度で13分。
 「焼きもちですね」という、ほどよい焼き加減。

 13分の間に雑用を片づけていると、

 「チン」

 「チンして」という言葉が日本主婦層から自然発生し、早40年。
 「チン」レンジで温める事の代名詞となって久しいわけですが、
 この俺、オーブンだって忘れるなよ。そんな主張を感じられる、
 高らかな音が鳴るのでした。
 
 僕は雑用を一旦おいて、オーブンのふたを開ける。

 奇跡があった。

 切りもちが・・・切りもちが、漫画のように膨らんでいる・・・。

 分かってもらえるでしょうか。

 正方形に切られている切りもちの片面が中央からふくらんで、
 風船状にぷくーってなってるんですよ、ぷくーって。
 もち本体よりも大きく膨らんでいるそのもち風船は、
 もちの弾力と柔らかさとを主張している。ぷくーって。

 それはまさしく、幸せの象徴。
  
 そのあと、その日丸一日、僕はがぜんテンションがあがっており、
 あがりすぎて、むしろから回りをしていたのでした。

 ベタにはそんなちからがある。

 例えば・・・このメルマガにおいて、
 僕は深窓の美青年であるという事で、延々と通しています。
 読んでいらっしゃる皆様はすでにお気づきかと思いますが、
 これはあくまでもベタなネタであって、真実ではない。

 本当の僕は超絶美青年です。
 でも、それがいくら本当の事であれ、それを書けば皆様が引いてしまう。
 むしろ、僕を敬って、崇めたてまつってしまう。
 それは僕の本意ではありません。

 芽吹きに歓喜し、落葉に涙する。
 人の悦びを支え、人の悲しみに涙する。
 神仏のごとき慈悲の心を持った、心優しき、まったき僕ですから、
 ここでは心を鬼にし、事実を曲げ、苦しい嘘をついてまで、
 少しばかり差っぴいた事を、メルマガには記している訳です。
 
 ・・・さて、と。

 夜中のカフェで、お茶を飲んでいました。
 かたわらのテーブルでは、大学3年生くらいなのでしょうか、
 まだ年若い、子どものようにぷっくりとした顔をしている青少年たちが、
 エントリーシートに向かって格闘しています。

 決して日本の景気は良い状態ではありません。
 希望通りの条件の就職が簡単にできる社会ではない。
 けれど、彼らには、さほどの悲壮感も見えません。

 アメリカやヨーロッパのように
 大卒時の就職状況が壊滅的でもないからでしょうかね。
 みんなで雑談をしながら、楽しんで書いている。
 
 「若生さん(仮名)待ってても、当てになんないからなあ」
 『そうなん? だって、リスペクトしてるって言ってたじゃん?』
 「あ、それはそうよ。そうなんだけどー」
 『なに、なんかあったん?』
 「いやいや、ちょっと時間がかかるかな、と思って」
 『実は、実行力がないとか、夢ばっかり大きな駄目な人?』

 社会経験がないとはいえ、大学生くらいになると、
 なかなか辛辣なことをいうなあ。

 「きっつ。それ言い方きついわー。単純にまだかかるってことだよ」  
 『どゆこと?若生さん(仮名)でかい事したいの?』
 「私立の学校作りたいんだって。今は公立の先生やってるんだけど」
 『うん』
 「それで少しずつ人集めてるみたいで。その話を聞いたとき、
  面白いっすねって言ったら『一緒にやるなら何したい?』って聞かれて」
 『なんて答えたの、お前?』
 「給食作りたいっすねって」

 聞けば、彼は給食を通じて食育をしたいという夢があるらしい。

 給食で、毎日違う国の料理を出していく。
 給食の時間には、その国の人をゲストとして呼んで、校内放送を行う。
 食事にまつわる話を中心に、その国の文化、
 日本との関係、ひいては日本のイメージについて語ってもらう。

 メニューは前もって公開しておく。
 その国の基礎データを引っ張れるようにしておき、
 社会の科目の政治、経済、地理などの教師たちと協働しながら、
 ストックとしての知識を蓄積する社会科目を、
 フローとしての輸入・産業の現代事情とで補強していく。
 
 「だって、俺達全然世界のこと知らないじゃん? 
  いろんなこと、就活で初めて知ったくらいだもん。
  学校で、もっと色々世界が分かってもいいと思うんだよね。
  先生は世の中にたくさん居るから、俺はメシからいく」

 聞けば、彼のこの夢も、就職活動中に出てきたそう。
 彼は結構まめで、真面目な、足を使えるタイプなようで。

 「で、勉強のために給食大手に就職しようかとも思ったんだけどさ」

 先輩たちを訪問して訪問して訪問して、話して話して話して。

 「色々調べて聞いていくと、大手でもシェア10%弱しかないのね。
  気合い入れれば、全然ひっくりかえせるシェアだし、
  そこに行って、考え方に色がついちゃってもなんだしさ」

 良いなと思ったり、批判的に見てみたり、疑問を抱いたりしながら。

 「この話って、できるだけ安く、多彩な食材を手に入れられるラインを
  確保できるかどうかが勝負になるのが見え見えなんだよ」

 少しずつできてきた、方向性の定まってきた彼の夢。
 それもまたベタなお話。

 「俺、まずは総合商社か、食品系の商社に行く。
  若生さん(仮名)が学校作るまでの間に、地力固めるわ」

 ビジネスのプランとしては、いくつも問題がある気がします。
 でも、彼の夢のでき方はベタで、かつ冷暗所におかれて冷やされている。
 十分かたくなったあとの彼の夢には、きっとふくらむ力があります。
 ぷくーってね。

 彼の一生が、がぜんテンションがあがっている、
 けれど、から回りはしていないものであることを祈ります。
 でも、その辺はきっと大丈夫。

 「若生さん(仮名)駄目だったら、商社のラインを使って、
  フェアトレード系の店つくって、そこからコミュニティ拡げてくから。
  そっから拡げる。子どもが駄目なら、女性から」

 今の子たちは、とてもクレバーです(榊原)
 ______________________________
  編集・発行:
  (株)教育家庭新聞社 http://www.kknews.co.jp/
   KKSブログ News     http://www.kknews.co.jp/wb/
  (for Mobile)       http://www.kknews.co.jp/wb/mobileaccess.php
  メールマガジンへのご意見・お問合せは   kksmail@kknews.co.jp
  配信停止・アドレス変更をご希望の方は、
  https://regssl.combzmail.jp/web/?t=cf27&m=949bでお願いいたします。
  〒111-0053 東京都台東区浅草橋3-1-8 アダックスビル5F
   TEL 03-3864-8241(代)/ FAX 03-3864-8245
 ________________________________