バックナンバー

  KKS Mail News http://www.kknews.co.jp/wb/

□ 最新号

  KKS Mail News V...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  KKS Mail News ...
KKS Mail News ...
KKS Mail News ...
KKS Mail News ...
KKS特別号【緊急開催】青学...
KKS Mail News ...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
 ■━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━■
     KKS Mail News Vol.688 2013/06/13 今週木曜発行
     新聞本紙情報も掲載 → http://www.kknews.co.jp/
     毎日ニュース更新中 → http://www.kknews.co.jp/wb/
    書籍blogも更新中 → http://www.kknews.co.jp/htdocs/
  携帯でチェック!! http://www.kknews.co.jp/wb/mobileaccess.php
 ■━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━■
 
 先日、とても面白いというか、くだらないというか、
 変な、しかし使いようによっては強力な、会議技法アイデアの
 記事を読みました。

 その名も、マクドナルドセオリー(続く)

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 
 ◆今週のcontentsは−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 |・今週のKKSブログ人気記事ベスト5
 |・Pick it up!!  食育に関する施策を総合的かつ計画的に推進『食育白書』
 |・今週のニュース
 |・メルマガ編集日記 「強さの立ち位置」
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−です◆
 
 ●…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
          今週のKKSブログ人気記事ベスト5
 ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
 
 1:今年の梅雨は長め、大雨による土砂崩れや浸水も?!梅雨明けは平年並
  http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/06/post_6504.html

 2:「運動部活動での指導のガイドライン」、文部科学省がまとめ
  http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/06/post_6497.html

 3:6月は食育月間!全国各地で食育をテーマとしてさまざまな行事を開催
  http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/05/post_6477.html

 4:図解で考える方法 魚骨図
  http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2006/06/post_364.html

 5:母親が子どもに就いて欲しいのは「公務員」、堅実な“手に職”系が人気
  http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/05/post_6493.html

 ▲…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
  Pick it up 食育に関する施策を総合的かつ計画的に推進『食育白書』
 ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
 
 内閣府が、『平成25年版食育白書』を公表しました。

 食育白書とは、食育基本法第15条に規定する「食育の推進に関して講じた
 施策に関する報告書」で、政府が毎年国会に提出しなければならないとされて
 いるものです。
 
 
 詳しくはこちら↓
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/06/25_8.html
 
 ★…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
            今週のニュース 
 ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
 
 【教材】
 高機能色鉛筆『ポンキーペンシル』に白色が登場、混色や重ね描きにも最適
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/06/post_6511.html
 
 一冊にいろんなアイデア!「あそべる つかえる 小学生のヒラメキ工作」
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/06/post_6514.html
 
 
 【教育よもやま話】
 「統計グラフ全国コンクール」が開催されます
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/06/post_6505.html
 
 世界初の純電気計算機など貴重な発明品を展示「樫尾俊雄発明記念館」公開
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/06/post_6509.html
 
 辻調グループ「辻静雄食文化賞」NHK『きょうの料理』などが受賞
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/06/post_6510.html
 
 未来のくらしはどうなってほしい?「ドコモ未来ミュージアム」作品募集中
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/06/post_6512.html
 
 中学生・高校生対象「夏休みユニセフリーダー講座」の参加者を募集中
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/06/post_6513.html
 
 「修学旅行の実施状況と課題、安全対策の取り組みについて」の調査
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/06/post_6527.html
 
 9割の母親が「食育が必要」と感じながらも6割が実践できず
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/06/96_1.html
 
 父の日に贈り物をする人は半数以上、「お酒」が人気〜ドゥ・ハウス
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/06/post_6516.html
 
 世界遺産登録が待ち遠しい「富士山ミニチュアクランチチョコレート」発売
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/06/post_6519.html
 
 
 【行政】
 食育に関する施策を総合的かつ計画的に推進『平成25年版食育白書』
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/06/25_8.html
 
 選挙啓発用パンフレット「私たちのくらしと選挙」(小学生版及び中学生版)
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/06/post_6507.html
 
 交通安全に関する作文を募集『交通安全ファミリー作文コンクール』
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/06/post_6508.html
 
 STOP!子どもの「熱中症」、STOP!子どもの「おぼれ」〜東京消防庁
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/06/stopstop.html
 
 
 【ICT】
 TV2000台を電子黒板化 「デジタル教科書」を全小・中学校に整備
 http://www.kknews.co.jp/maruti/news/2013/0603_6a.html
 
 
 【イベント】
 東京地下鉄と東大生産技術研による「鉄道ワークショップ」夏休みに開催
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/06/post_6506.html
 
 『小学生 夏の医学校』開催!救急蘇生/AED、バイタルサイン実習など
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/06/aed_3.html
 
 浜辺の環境学習で生き物に触れ合い、生命の営みを学ぼう!
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/06/post_6515.html
 
 夏休みは体験して楽しく学ぼう 「小田急グループ 親子体験イベント」
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/06/post_6517.html
 
 動物や植物と親しみながら知識を得られる『東山動植物園サマースクール』
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/06/post_6518.html
 
 光のふしぎ・カメラのふしぎを作って遊ぼう キヤノンキッズパーク2013
 http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2013/06/2013_9.html
 
 ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
        メルマガ編集日記 〜 強さの立ち位置
 ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
 
 McDonald’s Theory ? What I Learned Building… ? Medium
 https://medium.com/what-i-learned-building/9216e1c9da7d

 ざっとまとめちゃうと、意見を出し合う場において、
 考え付く限り最低のアイデアを提案することで、
 ほかの人から活発に意見を出させてしまおうというアイデアです。
 具体的な話をすると

 「ランチどうする?」
 「どうしようか?」
 「いい店ある?」
 「おいしい店ないの?」
 「心当たりないなあ」

 という、誰も具体案を出さないような話の流れになった時に、

 「マクドナルドにしようぜ」

 と提案すれば、

 「「「「「マクドナルドだけはやめよう」」」」」

 とみんなが揃って反対する。

 そのあと、マクドナルドでランチ、という最悪の流れになることを
 防ぐべく、具体例を伴った会話が始まっていき、
 場には新しいアイデアがどこどこ生まれてくる、というものです。
 最悪の提案をはねのけるために、人は頑張るものだ、というお話。

 ・・・マクドナルドに失礼なアイデアですよね、ずいぶんと。
 いいじゃんね。マクドナルド。安いし。

 みんなが議題に対して、ある程度前向きである必要があるとか、
 みんなが議題から逃げられない、待ったなしの状態であるとか、
 使えるための前提条件は、幾つかありそうですけれど、
 とても面白いアイデアではある。

 明らかに下らないアイデアや試みを、第一歩として提案する。
 そうすれば、みんなが寄ってたかって、その試みを壊す形で協働する。
 そこから、新たな形が作られる。その繰り返しを行っていくことで、
 グループ内にプロトタイピング的な発想を定着させていく。
 そういったグループの流れを想定した考え方だといえそうです。

 このマクドナルドセオリー。
 マクドナルドにずいぶんと無礼な考え方ではあるのですが、
 これは別方向から見るとマクドナルドがどれだけ偉大な存在なのかという
 ことを如実に指し示している証左でもあるのですね。

 ロッテリア、モスバーガー、フレッシュネス、ファーストキッチン、
 バーガーキング、ドムドム、ウェンディーズ、クアアイナ。
 ハンバーガーのチェーン店は日本国内に限っても数多くあります。
 けれど、マクドナルド以外では、こうはいかない。

 要は、ネタとして分かりやすいんですよね。
 マクドナルドさんってば。

 マクドナルドを引き合いに出すことにより、
 分かりやすい話題のネタを提供する、というのは、
 結構前例があって、さまざまな機会に試みられています。

 一番有名なのは、たぶん「ビッグマック指数」。 
 「世界中で経済活動を行っているマクドナルドが提供する
  ビッグマックは、世界各国で同一の値段になるはずだ」
 という前提のもと、各国のビッグマックの価格比較を行えば、
 各国の経済力や、為替レートのゆがみを測れるはずである、
 という考え方に則った指数です。

 英国のエコノミスト誌が1980年代に発表したもので、
 まあ、なんというか分かりやすい考え方が受けたんでしょうね。
 そのあと、同誌は毎年「今年のビッグマック指数」を発表しています。
 
 すでに発表された2013年のビッグマック指数を例に出していきましょう。
 2013年の日本のビッグマックの価格を、米ドル建てで換算すると、
 3.51ドルだったそうです。この調査の当時、米マクドナルドでは、
 ビッグマックか4.37ドルで提供されていました。

 本来同一価値であるはずのビッグマックなのに、
 日本で買うと19.5%低い値段で買えた、ということになります。

 ということは、ビッグマック指数理論が正しければ、
 この調査の時の円はドルに比べて、19.5%割安になっている。
 つまり、過小評価されているため、遠からず円高ドル安に
 向かうであろう・・・という判断ができることになります。
 
 この理論の穴は大小入り乱れていくつもあるので、
 疑問に思った方は検索するなりなんなりで調べてもらえれば。
 
 近年出たマクドナルドの大ネタは、

 「世界中で調査をしたら、キリスト教の十字架が分かる人は50%位、
  マクドナルドのマークであるMが分かる人は、90%位いた」

 というものです。

 この調査結果をしたり顔で発表した人たちは、すでに
 カトリック教会直属機関に秘密裏に抹殺されているのではないか。
 (そんなの存在してるかどうか知りませんけど)

 これも、社会調査のことをある程度知っている人が見たら、
 まゆつば物であることこの上ない調査なのですが、ま、いいのです。

 マクドナルドブランドは、
 こういうネタ的使い方をされても、
 「マクドナルドだしな」
 とみんなが納得をしてくれるからです。

 違う表現をすれば、こういう風にネタにされる時点で、
 マクドナルドは、すでに勝利をおさめてしまっているとも言えます。
 存在として他より際立っている。際立っているというか、判断のベース。
 基準特にキャラ立ちする必要すらありません。
 商業的視点から見れば、最強のポジションと言ってもいいでしょう。
 
 最強だからこそ、マクドナルドはいつでもコケにされる。

 「まあ、マクドナルドだしな」

 意外にそんな感情の中に埋もれている物なんですよね。強さって(榊原)
 ______________________________
  編集・発行:
  (株)教育家庭新聞社 http://www.kknews.co.jp/
   KKSブログ News     http://www.kknews.co.jp/wb/
  (for Mobile)       http://www.kknews.co.jp/wb/mobileaccess.php
  メールマガジンへのご意見・お問合せは   kksmail@kknews.co.jp
  配信停止・アドレス変更をご希望の方は、
  https://regssl.combzmail.jp/web/?t=cf27&m=949bでお願いいたします。
  〒111-0053 東京都台東区浅草橋3-1-8 アダックスビル5F
   TEL 03-3864-8241(代)/ FAX 03-3864-8245
 ________________________________